アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験入学、そろそろ微妙・・・?

今日、さっそく娘の体験入学の手続きに行った。

まず、教育委員会へ出向いて「体験入学許可証」を発行してもらい、
それを持ってついさきほど、
娘を連れて放課後の小学校にご挨拶に行ってきたのだった。 

いつものように教頭先生にお会いし、書類を手渡した。
「今年で3回目だし、もう慣れてらっしゃるでしょうから」
ということで会談はあっさりと終了。
例年だと、そのあと担任の先生に引き合わせてもらうのだが、
ちょうど今日は保護者との懇談会中とのことで
担任の先生には残念ながら会うことができなかった。

なので詳しいことは ちょっと分からないのだが、
昨年までは2クラスだった娘の学年が、
今年は人数の変更があったのか 3クラスに増えたようである。
娘が入るのは、3年3組だ。

でも教頭先生とのお話から推察すると、
3年生は全体で100人にも満たないようである。
1・2年生の頃は 一クラス40人のぎゅうぎゅう詰めだったが、
今年は ぐっと少なくなっているのだろう。
親としては もちろんそのほうが大歓迎だ。


が、そんなことは全くどうでもいいという感じで、
ひとり 浮かない顔をしている人がいる。


・・・当の本人、娘である。 


ご挨拶に行った帰り道、ホッとしている私を尻目に
どよ~んと暗く沈んだ様子なのだ。

今年で3年目、日本の小学校の様子もある程度知れていると思われるのに、
なぜ?
去年も一昨年も、そんなに嫌がってなかったじゃないの・・・。

が、娘の言い分を聞いてみると、
どうやら体験入学だからと変に注目されるのが苦痛、
ということらしいのだ。


確かに昨年も、私が娘を迎えに行くために
小学校の校門の近くを歩いていたら、
明らかに娘とちがう学年と思われる小学生に
「あ、○○ ○子のお母さんだ」
と、言われたことがあった。

「おいおい、フルネーム(しかも呼び捨て)かい」
と、思わず突っ込みたくなったものだが、
娘も当時、
「私は知らない人なんだけど、向こうは私のこと知ってるんだよね・・・」
とボヤいていたものだった。

さらに娘が言うには、
「××って言葉、英語で言ってみて!」
と、せがまれる(?)のもいやなのだとか。


まあ、娘の気持ちも分からないではないが
そう言われてもね・・・というところである。

まあ 今はちょっと緊張しているのも無理は無いが、
実際のところは蓋を開けてみるまで分からないものだ。
多少いやな思いをしたとしても、それも人生である。

でも、学年が上がるにつれ、
体験入学が苦痛になる子が多いのも事実のようだ。
そう考えると、小学校3年生という年齢も 
たしかに微妙といえば微妙・・・。


とにかく月曜日から体験入学がスタートすることになって
ちょっとナーバスな娘なのであった・・・。



---------------------------------------------------------
今年はどんな体験入学になりますことやら・・・。
娘を励ましたい私を、どうか励ましてやってください。

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

関連記事

COMMENT▼

親はいいと思っていろいろと行動するのですが、なかなか子供の気持ちとそぐわないこともありますよね…。確かに転校の多い子は可哀想だなあと思ったことがありますので、それと似た状況なのかな? 
でも、誰も相手にしてくれないより興味を持ってもらえるほうが楽しいですから。それにお嬢さんの場合、英語が出来てカッコイイと思っている子が多いでしょうから。…って、お嬢さんにはなかなか受け入れられないのかな?
とにかく、貴重な体験だと思いますので楽しんで登校されることを祈っています。

体験入学も成長とともに様々な要因が影響して来るものなのですね。アメリカにいて自分は日本人だと思っているのに、日本に帰ると日本人とは異質な自分を発見してアイデンティティの危機を迎えるという話を最近読みましたが、それに近い違和感を感じるのでしょうか。
自分はみんなを知らないのに、みんなは自分を良く知っているって、アイドルみたいですね。短い日々ですが、楽しく通えるといいですね。

iaさん、
そうなんです、まさしく転校生の心境そのものといった様子で不安がっているのでした。私も転勤族の父親のおかげで小学校を2回も転校したため、その気持ちは痛いほど分かるのですが・・・。
でも娘にはこの体験入学で、日本語うんぬんだけでなく 精神的なタフさも身につけてくれるといいなあと(はなはだ親のエゴですが)願っています。

Parsleyさん、
確かに娘も、無意識のうちにも 自分の中に日本の子供たちとは異なる部分を感じてしまうのかもしれません。
精神的に幼かった昨年や一昨年は あまりそこまで深く考えていなかったでしょうし、またもう少し成長すれば それも開き直って受け入れられるようになるのでしょうが、今はちょうど中途半端な時期なのかもしれませんね・・・。
ともかく今は娘を影でささえつつ、無事に2週間を過ごしてほしいと願うばかりです。

日本に帰ってこられているのですね!インターネットも無事に接続できて一安心ですね(^-^)

娘さんの気持ちが伝わってくるようでした。わたし自身も、転勤族の娘で義務教育だけで7回転校したことがあります。けれど、それに加えて娘さんは帰国子女という目で見られる居心地の悪さもあるなんて、お辛いですね。

体験入学はスタートされた頃でしょうか?元気に楽しく、娘さんなりの居場所を見つけられたらいいですね(^-^)素敵な2週間になりますように!

まちかさん、
どうもありがとうございます。
まちかさんも義務教育だけで7回の転校とは、さぞいろいろとあったことと思いますが・・・敬服いたします。
娘の体験入学もドキドキでしたがなんとかスタートしました。
近々エントリーしますので、良かったら見てやって下さいませ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/81-16fc6afe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。