アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ペンパルに会おう

娘の学校では、学年の始まりの頃から他校の生徒と文通を
することになっている。
先生のお膳立てで文通相手があらかじめ決まっていて、
お互いに手紙を書いてやり取りする。
手紙の受け渡しは、別に生徒が切手を貼って郵送するわけではなく、
先生がまとめて先方の先生とやり取りしているらしい。

そして学年末も間じかにせまった昨日、娘はField Tripで
そのペンパルの相手方の学校の生徒と合同のピクニックがあったのだ。
1年間文通してきた相手についにご対面というわけだ。

実は昨年も同様のイベントがあった。
あの時は、近隣の小学校の同じ2年生同士で、
娘のペンパルはなんと偶然にも顔見知りの子で、
何度か一緒に遊んだこともある女の子だったので驚いたものだった。

今年のペンパルは、娘によると昨年とは別の学校で、
しかも1学年上の4th Gradeとのこと。

合同ピクニックでは、ペンパルと一緒にランチを食べたり、
公園で遊んだりしたらしい。
水遊びも存分にしたようで、娘はすっかり日焼けして帰ってきた。

返ってきた娘に
「ペンパルってどんな子だった?」
と、私のいつもの癖で根掘り葉掘り娘に訊ねる。

「えっとね、glassesがあってね、」
つまり眼鏡を掛けているらしい。

「こーんなにfeetもある」
つまり背が高いということらしい。

うううー、娘の日本語レベルが・・・・っ 

非常にお恥ずかしい娘の日本語ではあるが、
それについては今回は触れず、ペンパルである。

「で、そのペンパルは何歳なの?」
と聞いてみたところ、意外な回答が戻ってきたのだ。

「えーっと、10歳だよ、もちろん。(なぜ、もちろん?)
でもね、同じクラスにSisterもいるんだって。」

「え?それってTwinsってこと?」
と思わず私は聞き返した。
でも、双子をわざわざ同じクラスに入れるだろうか?
それとも、娘の日本語が変なので、私が意味を取り違っているのかな?

そう思って、さらにしつこく訊ねると
「Twinsかどうか知らない。でもTwinsじゃなくても、
ただのSisterでも同じGradeってことはあるでしょ!」


あんまりないと思うけど・・・。
いや、正確に言えば ありえないことではない。

日本と違って、必ずしもこの学年は何歳でなければならないという
決まりはないのがこの国の教育システムなのだ。

もちろん、小学校に入学するためにはカットオフ(学年の区切り)
の時点で少なくとも○歳でなければならない(キンダーはふつう5歳)
という基準はあるが、
「うちの子はオクテだから1年遅らせて入学させるわ」
と親が判断したら、6歳でキンダーに入ってもいいのだ。

しかも、
「キンダーを1年やったけど、どうもあんまり授業に
ついていけなかったみたい」

ということになれば、もう1年リピートするのだって
全く特別なことではないのだ。

そう考えれば、確かに年齢の近い兄弟姉妹ならば
何かの事情で同学年になってしまうこともありえないわけではない。
娘の言うとおりだ・・・。

だが、実はこのことで私がちょっと感心してしまったのは、
なんというか他人の事情に全く無頓着な娘の態度だ。

私だったら、この一件に関しても
「え?どういうこと?それって変じゃない?」
なんて、思わずいろいろと詮索してしまうところなのに
それを変だともなんとも思わず、普通に受け入れてしまう
あの柔軟性。

今回に限らず、娘は普段から
「ねえ、他の子はどうだったの?」
と私が訊ねても
「知らなーい」
などとと答えることが多い。
あまり他人のすることに関心がないのか、
それともただボンヤリしているだけなのか。

あるいは、「何でもあり」の国、そして「人は人。」の意識が強い
アメリカで人生の大半を過ごしてきたせいだろうか。
それともやはり、他人のことに無頓着なのは 娘のもともとの性格?

今回のことは なんだかとても興味深く感じたので、
これからは もっと注意深くその辺のところを観察してみようと
思ったのでありました。


関連記事

COMMENT▼

文通相手とついにご対面って、なんかロマンチックですね。でも娘さん、たくましくありません?何があっても驚かないっていう肝の据わり方ですね。やっぱりアメリカで「常識」と一括りに出来ない多様過ぎる価値観の世界で生きて来たかしら。
年子か留年か、1年遅らせたか、真相はどれでしょうね?

おもしろい

こんな企画って楽しいですね。
アメリカでは飛び級などもあるのでしょうか?

Parsleyさん、
「肝が据わっている」のならいいのですが、その割には小心なところがあって、まったく理解に苦しみます。
でも、「人と違っている」ことに何の疑問も持たずに育ってくれるのは、のびのびとしていて親としては嬉しいことです。
それにしても、今となってはペンパルのsisterの真相はナゾに包まれたままになってしまいました。私の見解は「実はsisterではない(娘の勘違い)」に一票・・・かな?

エミリアさん、
飛び級は、話には聞いた事がありますが、実際に身近で「そういう子がいる」というのは聞いた事がありません。
ただ、まだ日本にいたころ、アメリカで飛び級していた中学生だか高校生だかの生徒が日本に帰国した際、優秀だったがゆえの飛び級なのに日本の規定する単位を取っていないとみなされ、受験を前に事務手続きが大変だったというような話を耳にしたことはあります。
それにしても、実際に子どもを学校に通わせていると、飛び級するのは本当に本当に優秀なお子さんなんだろうなあと、つくづく思います。

あっ、他の可能性発見。
再婚相手の連れ子が同学年だった。
養子にもらった。
あと前回のコメントで書き忘れた本当の双子も入れて、今の所可能性は6つですか。

友達の子がキンダーから2ndに飛び級しましたが、それで問題なくついていくのですから凄いと思いました。親には何も知らされず、いつの間にか飛び級扱いになっていたのだとか。学校区によっていろいろで、うちの学校区では認められていないみたいですよ。

Parsleyさん、
キンダーから2ndですか・・・!
それは凄いですね・・・しかも、我が子しか知らない私には どれほど優秀だとそんな風になるのか、とても想像がつきません。
でも、やっぱりいるんですね、飛び級のお子さん。
それにしても、すごい。

はじめまして~^^

ブログランキングから遊びに来ました。
わたし、海外旅行大好きで。。。
そこに住んでる人たちのブログを
読んでみたい。。って・・・憧れで
遊びに来ました。
住むといろいろ大変なんですね。

でも。。これからも
遊びに来ますね~^^

応援クリックして帰りますね~^^

こんばんわ~^^

ブログランキングから遊びに来ました。
わたし、海外旅行大好きなんで
そこに思わずクリックしちゃいました。

住むといろいろ大変なんですね。

でも。。これからも
遊びに来ますね~^^

応援クリックして帰りますね~^^

ももさん、初めまして!
私も旅行は大好きです。
最近は毎回行く場所が決まってしまって
あまり開拓していないのですが・・・。
でも、どんな場所でも旅行で訪れるのと実際に住んでみるのでは きっと大きな違いがありますよね。
私もおかげさまで未だに毎日が新鮮です(笑)。

応援クリック、ありがとうございました。
よかったらまたきてくださいね☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/73-02343836

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ