アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

子供部屋、春の大掃除

 今日から娘の学校はイースターブレイク(春休み)に入った。
そこで、以前から娘に申し渡していたとおり、
大々的に彼女の部屋の大掃除をすることに。

今回の大掃除の目的は、娘の身辺整理である。
つまり「不要なものは全部処分するわよっ」ということだ。

クローゼットの中には、
お誕生日にもらったけどあまり遊んでない組み立てブロック、
中身はどこかへ行ってしまって空箱だけになった
アクセサリーキットやビーズ、スティッカーなどなど、
もうそんな年じゃないでしょうと言いたいおままごとなどの
オモチャ類。

本棚には、プリスクール時代からの絵本。
棚の上には、どこかでもらった人形、
景品でもらった指輪やアクセサリー、
全然使ってないバッグ、
何処から来たのか分からないリボン。

次々と出てくるガラクタたちを、捨てるものと寄付するものとにより分ける。

「これ、要るの?要らないの?」
と私は娘を問い詰める。

「要らない」
といえば問題なし。あとはゴミ箱かdonation(寄付)か、
行き先を決めるだけ。

「えー、それは要る~」
と言う場合は、

「本当に要るの?」
と念を押し、さらに
「ずーっと使ってなかったじゃない」
と圧力をかけてみる。

そこで
「うーん、やっぱり要らない」
というものもあれば
「でも要るの!」
というものもある。

逆に
「これ、もう要らないよ」
と娘のほうから言ってきても、
夫が買ってきたお土産や、親戚からもらったものだったりすると私のほうが躊躇してしまう。

あれやこれやで母娘が大騒ぎしつつ4時間の作業ののち、
2つの大きなゴミ袋と、寄付用の袋が4つ、出来上がった。

寄付するものは、内容によって行き先が違う。
英語の絵本やバービー人形、アクセサリーやバッグ、ゲームやブロック類は現地校のバザー用に。

日本語の絵本やパズルなどは補習校の古本市のために。

昔は、ガレージセールで売りさばいて小銭を稼いだりしていたのだが、
ガレージセールも結構手間がかかるし、
なによりガレージセールの日まで品物を保管しておかなければ
ならないので、あまり片付いた気にならない。
なので最近はササッと寄付してしまうほうが気分的にも楽なのであった。

さて、おかげさまで娘の部屋は見違えるようにスッキリした。
いままでこーんなゴミたちと一緒に寝起きしていたのね。

「ほーら、スッキリ片付いて気持ちがいいでしょ?」
と私が言うと、
「そうだね!じゃあ次はマミーのクローゼットだね!」

ズキッ、おっしゃるとおりです・・・。

関連記事

COMMENT▼

Katieさん、
こんにちは。私もあまりにおんなじことをしたもので、コメント書くことにしました。うちの息子は16歳にもなって、まだお片づけができないのです。それで、この前春休みに見るにみかねて、3日間かけて、いっしょに大掃除&整理しました。(今までで一番長くかかった)その結果、掃除してからもう1ヶ月ぐらい経ったけど、まだお部屋はきれいです。やはり、こてさきの掃除はだめですね。捨てる!分類する!が基本ですね。家族に笑顔が戻ってきましたよ!

マリーンさん、こんにちは!
ホントにそのとおりですね。 捨てるときは躊躇無く。取って置くなら分類して!
でも、今回の大掃除で一番スッキリしたのは、娘の本棚です。日本語の絵本は、手に入りにくいと思うとなかなか捨てられずに溜まる一方なのですが(毎月2冊づつ日本から届くのです)、その分英語の絵本を惜しげなく寄付に回したのでスペースに余裕ができました。これで、床に積み上げられていて泣いていた絵本がなくなりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/54-c005fccb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ