アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世紀エヴァンゲリオン

このアニメーションをご存知だろうか。
今から9年ほど前に日本でちょっとしたブレイクを起こしたアニメだ。
いや、ブレイクしていたのは一部のアニメファンの間だけだろうか。

わたくし、実は隠れアニメヲタ。
赤い彗星のシャアが心の王子さまである。

ところでエヴァンゲリオン。
このアニメを語るのは非常に難しい。
なんせよくわからいのよ、このアニメ。
何がわからないのかわからない位わからない。
(それほど訳のわからないアニメなので、「エヴァって何?」という方、
試しに「エヴァンゲリオン」でググッて見てネ。)

9年前、夫が職場のヲタくんからテレビ版エヴァの
第一話から第弐拾五話+最終話までのビデオを借りてきたのが
私とエヴァの出会いだった。

が、第一話からよく分からない。
なんの背景説明も登場人物紹介もなく、いきなり空からやってきた
「使徒」とかいうバケモノと戦うのである。

戦うのは14歳の少年少女。
碇シンジ(彼の父親は科学者でエヴァの開発をしている)、
綾波レイ(謎の美少女)、
惣流アスカ・ラングレー(ドイツ系勝気な美少女)
の3人がメインキャラ。

それぞれに不幸というか複雑な幼少時代を送っていて、
内面に心の傷と深い葛藤を持っている。
シンジは母親と幼い頃に死に別れ、厳格な父親に反感を持っている。
アスカは母親が首吊り自殺をしていて、その原因は自分にあると思っている。
レイにいたっては、実は彼女はシンジの母親から作られた(?)とかで、
本当の人間ではない?とにかくナゾに包まれているのだが、彼女は
戦って体が傷つくたびに魂だけ新しい体に移植されているらしい。
それに、その他の登場人物たちもいろいろ複雑な内面をかかえていて、
見ているとこっちまでしんどくなる。

それにしても、昔のアニメの主人公といえば、逆境にもめげない
古代進のようなキャラが普通だったのに、このエヴァの主人公
シンジときたら、ありえないくらいネガティブ思考。
ガンダムのアムロがアニメ史上初のグズグズくんだとしたら、
エヴァのシンジは史上最悪のダメダメくんだ。

ところで、彼らが乗り込むエヴァンゲリオンは 実はそれぞれの母親の魂が
宿っているらしい。エヴァを起動させるにはエヴァとパイロットのシンクロ(?)
が必要なのだ。精神的に落ち込んでいたり集中できなかったりすると
シンクロ率が下がり、エヴァの操縦が出来なくなるらしい。

それにしても、こんなに分けわかんないのについ引き込まれて見入ってしまうのはなぜなのか。
「使徒」呼ばれる得体の知れないバケモノたち。
ロンギヌスの槍、リリスとかいうキリストもどき。
とにかく謎が一杯・・・。

エヴァの正体は?
セカンドインパクト?補完計画?
ゼーレって何?

見ているほうは、このまま見ていれば いつかこういった疑問が
解明されるに違いないと信じて見続ける。
が、実は解明されないのだ、最終回まで見ても。

いや、この時点では最終回なんて無いも等しかった。
第弐拾参話以降はアニメの製作が放送に間に合わないのか
アニメのはずなのに、字幕というかテロップばっかりなのだー!

結局分かったような分からないような。

そして9年後の今になって、夫がまたしても職場の同僚から
今度は劇場版エヴァンゲリオンを借りてきた。
DVD2枚組みで、最初の1枚はTV版の総集、2枚目はTV版での
放送が間に合わなかった(?)ラスト2話をマトモに作り直した分だとういう。

「よっし!今度こそ」と気合を入れて1枚目を見てみたが・・・

やっぱり分かりませんでした。
劇場版のエヴァ、これってTV版を見ていない人には
絶対に理解不能と思われる。
見てたってわからないんだから。
(なので、もし初めて見るんでしたら、TV版をお薦めします。)

それにしても、初めてエヴァを見ていたときは
なんだか不気味なものを見るといった感じで
心臓がドキドキした。

得体の知れない不安に駆られた。怖いもの見たさというのか、
不気味な心持がするのだ。

初めてエヴァを見たその当時、実は妊娠中だった私。
エヴァを見ていると必ず胎児が活発になる。
きっと私の心拍数が上がったりすることが、胎児にも何かしらの
影響があったんだろう。

エヴァの戦闘シーンに合わせるように、私のお腹を蹴り上げる胎児。
「こ、これがシンクロか・・・?」
この時、シンクロ率は軽く400パーセントを超えていたのだった。


<注>お子さんにお見せになるのはお薦めしません(汗)。
あくまでもオトナのアニメということで。



関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/50-da870cbd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。