アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

バレエと学業、両立は・・・

娘のバレエ・スクールで2学年下の高校生、
Aちゃんという子の話です。


ずっと体調不良でバレエを1週間ほどお休みしていた娘が、
久しぶりに行ったクラスでこんな話を聞いてきました。

「Aちゃん、脚をケガしたみたいで
 クラスに来てないんだって。
 それで、コンペティションのアンサンブル・チームからも
 抜けちゃったし、
 12月のNutcrackerにも出ないんだって。」



Aちゃんは、本人はもちろん、お母さんのサポートも熱心で
バレエもとても上手です。

それにしてもバレエに多少のケガはつきものですが、
まだ2ヶ月ちかくも先のNutcracker公演にも
今から欠席を決めるほどのケガだなんて、
一体どうしたのだろうかと思いました。

娘に聞いても
「ぜんぜん知らない、私もずっと休んでたし」
というし。


で、そのあとしばらくしてから、
Aちゃんと同じクラスの子のお母さんに会ったので、
「Aちゃんのケガって、一体どうしたの?」
と聞いてみました。

すると・・・

「ケガじゃないのよ、Aちゃんは。
 学校の成績が下がっちゃったから、
 それでお父さんが怒ってバレエを休ませてるの!」

というではありませんか。


この時期、毎年恒例ですが
ちょっと前に学校から「Progress Report」というのが
出されました。

それは学期の途中である今現在の成績が
どんな状況かをお知らせするものなのですが、
あくまでも中間報告であって、
まだ記録に残る確定された成績ではありません。

でもそのProgress Reportの段階でAちゃんの成績が
Bが二つと、Cが一つ、という状況だったそうで、
それでお父さんが怒っちゃったらしいのです。


Aちゃんは、高校2年目、10年生。
地元の公立高校に通っていますが、同じ公立でも
娘の学校とは比べ物にならないくらい
ハイレベルでコンペティティブな学校です。
だからまだ10年生でも、APなどの難しいクラスを
沢山とっているのかもしれません。

それに、話によるとAちゃんのお父さんはAちゃんに
アイビー・リーグの大学に行って欲しいそうで、
だから余計に成績には神経を尖らせているそうなのです。


それはまた、大変な・・・。


でも、Aちゃんに限らず、私を含め高校生のお母さんはみな、
普段から娘のバレエと学業との両立に心を痛めていました。

バレエに打ち込めば打ち込むほどレッスンに時間をとられ、
疲れきった体に鞭打って深夜まで宿題に取り組み、
週末は週末で、学校のプロジェクトやボランティアなど
バレエ以外のアクティビティに時間を取られ・・・

平日の夜9時頃、
スタジオの待合室で顔を合わせるとお決まりの

「今日、宿題終わってる?ウチはまだ!」
「ウチは明日、テストが3つもあるって!」

という母親同士の会話があり、
レッスンが終わって部屋から出てきた我が子を

「早く早く、急いで帰って勉強しないと!」

とせかして慌ただしく連れ帰るのです。


バレエ・スクールのディレクターもその辺りのことは
よく理解してくれていて、
高校生のプライベート・レッスンはなるべく週末に入れるなど
配慮してくれてはいるのですが、
それでも時間のやりくりはなかなか大変なのです。


そういえば過去の卒業生を振り返ってみると、
特に上位の大学に進学したお姉さんたちは
高校ジュニアやシニアの年には、親御さんの意向で
バレエを少し控えめにしていた傾向がありました。

去年卒業してUCLAに進学した娘の友達は、
最後のほうはお父さんにバレエを禁止され、
クラスもあまり来られず
(でも親の目を盗んで自分で運転してレッスンに来ていたそう)、
シニアで最後のNutcracker公演もギリギリまで出演が確定せず
(その時はうちの娘が代役をしろと先生に言われていたらしい)、
という状況でしたが、
やはりそこまで犠牲にしないと希望の大学に入るのは
難しいものなのかなあと今にして思います。


よその親御さんに比べたら大した教育ママではない私だって、
それでも娘がジュニアのときにはとにかく学業優先で
テスト前とか宿題が多いときにはレッスンを休ませていたし、
時間のとられるコンペティションには参加させなかったのですが、
それでも全然余裕がなくて常にあっぷあっぷだったからねえ〜
(でもそのおかげで他のアクティビティに参加できたから良かったけど)


今回のAちゃんの件も、
将来バレエ・ダンサーになるつもりではないのならば
ある程度の制限は仕方ないのかもしれません。
まあ、全てのレッスンを辞めさせるというのは
お父さんちょっと厳しいな〜とは思いますが・・・
コンペティションはともかく
せめて普段のレギュラークラスにだけでも
早くAちゃんが戻って来られるといいなと思います。


それにしても、アメリカの大学は学業成績のみならず
こういった課外活動も重視されるという側面もあるので、
みんな習い事にも手を抜かず頑張っているわけなのですが、
課外活動でそれなりの成果(コンペティションで勝ったり)
を出そうとすると、
今度は学業のほうが大変になっちゃうんですよね。

どちらもラクラクこなせるスーパー高校生ならいいけど・・・
そうじゃない凡人にはホント辛いです。


関連記事

COMMENT▼

No title

Katieさん こんにちわ

また出てきてしまいました 10年生男子と8年生バレエ女子を持つアイダホのNikaです
もう本当におっしゃる通りですね お気持ちよーくわかります。
毎日時間との戦いどこでも同じなんですね〜でも毎日9時までとはすごい
うちは小さなバレエスタジオですが先生が芸術家肌で突然のリハーサル変更やら時間延長やらがあって...娘はそれに対応できないと役がなくなるというのでなんとかしてましたがそれはそれは調整が大変でしたよ 娘はピアノもゆるーくやっていたんですがその先生ももう一人の芸術家さんで 結局ピアノはレッスンやめてオンラインで自主練してます
Junior になるとやっぱり学業優先にならざるを得ないんですね〜プロ目指す子は16歳までにカンパニーに入るって言うし
うちはこれから大変ですがKeitieさんはもう少し 娘さん応援してます

No title

Nikaさん、

バレエのほかにピアノとはまた大変でしたね。
先生の理解がないとさらに難しいですよね。
対応できないと役がなくなる・・・も、
程度によりますが、まるでプロみたいですね。

それと、娘の平日9時のレッスン、毎日じゃないです。
今は夕方のレギュラークラスのほかに、夜の遅い時間にプライベートを週に2〜3回取っています。それが結局かなりの負担になっているんですよね。でも最終学年だから、本人も出来るだけ頑張りたいみたい。

ただ、シニアの娘はカレッジ・アプリケーションの時期が終わってしまえば後はなんとかなりそうですが、今回の記事に書いたようなまだソフモアぐらいの生徒だと、これからが大事な時期ですよね。
大学に入ってもバレエを専攻するつもりならレッスンもコンペティションも手を抜けないですが、うちは娘がバレエ専攻にはしないというので学業優先になりました。記事に書いたAちゃんも(またはAちゃんのご両親も)、きっと専攻はバレエ以外を考えているのかなと推察しています。
娘のバレエ友の何人かはバレエ専攻にするらしく、そういう子はやはりレッスンは減らしてなかったです。専攻をバレエにするかどうかで、ジュニア時代の過ごし方が違ってきますよね。

Nikaさんのところはお嬢さんがまだ8年生ということで、しばらく両立は大変だと思いますが、どうぞ頑張って下さいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ