アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み2014総括 <その2>大学進学のこと

さて、今年シニアになる娘は、バレエ以外にも
大学進学のための準備に忙しい日々でした。

最初に取りかかったのは、ステューデント・プロファイル。




私立の大学を受けるためには
高校の先生からの推薦状が必要なのですが、
それを書いてもらうためにはこの書類を書いて
学校に提出しなければなりません。

先生に推薦状を書いてもらうにあたり、
自分がどういう生徒かという情報を提供するためのものなのですが、
学校での活動や学校外での活動、表彰歴、その他諸々のほか、
具体的な内容はよく知りませんが、
これこれの事柄について自分はどう思うか、とか
自分の性格についてどう思うか、とか、
かなり答えにくい、何て書いていいか分らない質問が多いとのこと。

できれば日本に行くまえに終わらせてしまうつもりだったのですが
とんでもない。
非常に苦労して、最近になってやっと形がついてきたそうです。
でもまあ、なるべくいい推薦状を書いてもらうためには
頑張らないとね。
どの先生に書いてもらうかというのも問題だけど。


そしてもう一つは、アプリケーション・エッセイ。

これは受験を希望する大学へ提出するもので、
まあ願書の一部みたいなものです。
娘の場合、UC(カリフォルニア州立大学)へ提出するものと、
Common App といって私立大学へ提出するためのエッセイを
書く必要がありました。

日本から戻ったあと、
エッセイを書くためのワークショップに参加して
まずはUCに提出するためのエッセイに取りかかりました。
UC用のエッセイは2本書かなければいけないのですが、
ワークショップではエッセイのテーマを決めるため、
生徒一人一人のプロフィールに照らし合わせて
コレコレについて書くと良いよ、というアドバイスをもらいます。

娘の場合、まずバレエのこと。
これを1本目のエッセイのメインテーマにします。
2本目は、数少ないバレエ以外の活動について
どうにかこうにか絞り出して書くことにしました。

エッセイは、2本合わせて1000word という字数制限つき。
1字たりともオーバーは許されないとのことで、
娘は文字数を削るためにほとほと苦労していたようです。
(昨日やっと1000字ぴったりに収まったと喜んでいました)

エッセイのワークショップは計5回で、
最初の1回は1時間半ほどのグループセッション。
エッセイや願書作成(といっても全てオンラインですが)
についての基本的な指導などがありました。
2回目以降はすべて30分の個別指導。
ドラフトを書いてメールでインストラクターに送り、
週に1回の個別指導を受けたらまたドラフトを書いてメールで送り、
というのを4回繰り返し、なんとなく形になりました。

このワークショップのセッションが終わってからも
エッセイを提出する11月頃までは
メールでやりとりして添削指導してくれるそうです。

あとは私立大学用のエッセイですが、
娘は1本目のバレエについてのエッセイが
流用できそうだというので、まあなんとかなるでしょう。

ところで、こういったアプリケーション・エッセイは
出来るだけ多くの人に読んでもらって意見を貰ったほうがいいと
私は聞いていたのですが、
エッセイのワークショップでは
せいぜい一人か二人にしておいたほうがいいと言われたそうです。
人によって言う事が違うから、それをいちいち参考にしていたら
収拾がつかなくなるからという理由だそうです。
それと、親に見せるのは提出してからでいい、とも。

そんな訳で、私も娘のエッセイは読んでいません。
まあ私の場合は読んで感想を言ったとしても
かえって足を引っ張りかねないので、
提出するまでは大人しく引っ込んでいることにします。


その他、大学にアプリケーション(願書)
を提出するためのアカウントを
UCとCommon Appそれぞれのサイトに作成したり、
大学で何の専攻をするかでひとしきり悩み、
どの大学にアプリケーションを出すかのリストを作成したり、
細々とやらなければならないことがあって、
なかなか大変そう。

ここまでくると、今までノンビリしていた娘も
さすがに「自分がやらねば」という気になったよう。
お金はかかったけど、夏休みの間に
エッセイのワークショップに行かせて良かったです。
これでどこかしらの学校に何とか引っかかってくれれば
いいのだけど・・・
結構キビシい現実を見聞きしているので、
あまり楽観的にはならないようにしています。


先日はシニアのMAZE DAYも終わり、
授業のスケジュールを貰ってロッカーも決まって、



「あーーー 学校      い」(娘)



・・・がんばって〜〜〜



関連記事

COMMENT▼

こんにちわ バレエとアメリカ在住 日本一時帰国でたどり着きました
うちもバレエをしている娘tとSophomoreになる息子がおり最近カリフォルニアにキャンパスツアに行ったので今回の記事とても興味ぶかく拝見しました
大変そうですね〜ため息がでます
ちなみにエッセイワークショップはどうやって申し込むのですか?おいくらくらいなのでしょう?
ここアイダホでは学校が率先してそういった進路指導をしてくれません 卒業しない学生やミリタリーに行く生徒も多くそんな流れに逆らうのもものすごいエネルギーです

Nikaさん、

コメントありがとうございます。
娘の学校もカウンセラーがほとんど当てにできないので、お気持ちよ〜く分ります!

エッセイのワークショップですが、娘はSATやACTのプレップ・クラスでお世話になった塾がエッセイのワークショップも開講していたのでそこに申し込みました。受講費は550ドルで、エッセイを2本まで(おそらくUC用を意識してのことでしょう)面倒を見てくれることになっていました。娘の友達は別の塾で大学10校までのアプリケーション全般を面倒みてくれるようなところに申し込んでいましたが、おそらくそれだと軽く1,000ドルは超えているかと思われます。娘の行った塾は全体的に割とリーズナブルな料金設定だったのでそこに決めましたが、いずれにせよ色々とお金はかかりますよね・・・

ところで、キャンパスツアーでカリフォルニアに来られたとの事、いかがでしたか?気候や雰囲気など、アイダホとはやはり違うでしょうか。カリフォルニアはアジア人が多いので日本の物も手に入りやすく、私はそこが気に入っています。

そうですか塾ですか こっちにもありそうですがリサーチして見ます 500ドル高いのか安いのか でもコンサルタントだともっと高いみたいですよね 5000ドルとか
うちの子供はBarkleyがえらく気に入ってました どんなにレベル高いか全然わかってません
歴史を感じるキャンパスで日本だと早稲田?そしてstanfordは慶応かしら
やはりアジア人には居心地良さそうですよね
今度はe-mail でご連絡してもいいですか?

Nikaさん、

バークレー、名門らしくどっしりしていていいですよね。でもウチはとてもとても・・・。娘の友人でUCバークレーとUCLA両方受かった子がいましたが、熟考の末UCLAに行ったそうです。校風はもちろん違いますが、4年間過ごす事を考えると気候の面ではあちらのほうが良いかも知れません。

e-mail、左側のサイドバーの下のほうにメールフォームがありますので、もし宜しかったらそちらからご連絡下さいませ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。