アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

Student Driver

娘が車の仮免許を取って、はや一ヶ月が経過しました。

いやー、アメリカで車の運転技術を身につけるって、
思っていた以上に大変だわ〜

というのが、ここまでの感想です。



仮免テストに合格したあと、
すぐにプロのインストラクターと
2時間の路上教習を受けた娘ですが、
日本と違って教習所のコースを走るわけではなく、
いきなり公道に出るんですから驚きです。


初めての路上教習の日は、
インストラクターが自宅に娘を迎えに来てくれて
自宅前で5分ほどなにやらレクチャーし、
はっと気づいたらそのまま娘の運転で
どこかへ行ってしまいました。

2時間後に無事戻って来て、
それはそれは娘本人としてもなかなかの出来だったらしく、
教習後のインストラクターのコメント
「She is Excellent」
にもすっかり気を良くしたようでした。
(インストラクターのコメントは他にも色々ありましたが、
 要は出来るだけ沢山親と一緒に練習しろと。)

「フリーウェイにものっちゃったよ〜」

と娘が楽しげにいうので、
私も
「え、もう?」
と驚いたものの、
(そっか、まあ若いから覚えも早いのかな)
と、仮免をとったばかりにも関わらず、
ちょっと練習すれば
すぐにでもどこにでも運転して行けるかのような
錯覚に陥ってしまいました。


でも甘かった。


娘の路上教習が終わった最初の週末の朝、
さっそく夫が娘をドライビングの練習に連れ出したのですが、

「すげー怖かった・・・」

と蒼い顔で戻ってきました。

夫曰く、
ブレーキが遅いからスピードコントロールができないわ
ハンドル操作が遅いから曲がり角で反対車線にはみ出るわで

「怖くてサイドブレーキをがっちり握りしめていた」

とのこと。

そういえば、プロのインストラクターが教習に使う車には
助手席にもブレーキがついているんですよね・・・


娘の運転ぶりにだいぶ慌てたらしい夫の様子に、
娘もなんだか自信喪失。
さらには夫がすっかり懲りてしまったので、
夏休み中は私が娘の練習に付き合うことなりました。

一緒に乗ってみると、
確かに何もかも全てが遅い。
その割にはスピードが早い(怖ーー!)

もうね、日本の教習所のありがたみが本当によく分りました。

日本で免許を取るのは手間もお金もかかり過ぎ、
と思ってましたが,

ごめんなさい。

あれは免許取得に間違いなく必要なものでした。


とはいえ、ここはアメリカ、みんな親が教えてるんだ、
私も娘に安全運転を仕込むため、なんとかしなければ。


自分が遥か昔に教習所で教わった事を
脳みそ引っ掻き回して思い出しながら
必死で娘に教えました。

その甲斐あって、2週間もするとだいぶマシになり、
娘も自信をつけてきた・・・その矢先です。



やってくれました。



自宅のドライブウェイに車を止めようとして
アクセルとブレーキを踏み間違い、
慌てているうちにそのまま
閉まっていたガレージドアに 



がしゃーん。



娘、あまりの出来事にパニックになり、



号泣。



さいわい、スピードは出ていないので
私も娘もケガはありませんでしたが、


あーあ、ガレージのドアが・・・(涙)



明かり取りの窓ガラスが割れて散乱し、
ガレージドアのパネルは大きく凹んでレールから外れ。

車の方は、バンパーにペンキが多少ついた程度で
ほぼ無傷。
ガレージの中に停めていた車も、
娘が突っ込んだ場所から外れていたので無傷でした。
(それだけは本ッ当に良かった)


けっこう派手な音もしたらしく、
ご近所で作業中だったガーデナーさんから
「Are you OK ??!」
なんて声を掛けられたのが恥ずかしかったですが、

それはともかく、
娘本人も相当なショックを受けた様子でした。


でもね、これで懲りて

「もう運転したくない」

なんて言われても困りますからね(本人が)。
ちょっと休んで三日後には練習を再開しました。


いやー、それにしても参ったわ〜


娘が運転の練習を始めたときには、
どうせボロい車で練習しているのだから
多少の傷や凹みはノープロブレム、
と、かなり寛容な気持ちでいたのですが、


まさかガレージに突っ込むとはね・・・



こちらの予想の上をいく娘の大物ぶりに、
夫も私もため息つきつつ
ガレージの修理に週末を費やしました。


ちなみにガレージ修理ですが、
夫がYouTubeでやり方を調べて
とりあえずなんとか自動で開閉できるようにはなりました。

でもパネルが折れて曲がっているのは治らないので
いずれは業者に頼んでリプレースしないとね・・・

あー、出費が痛い・・・

業者に頼むのはもう少し娘の運転が安定してからにします。
直した後でまた突っ込まれたらショックだから。

でもまあ、突っ込んだのが自宅で良かった、
ガレージドア程度で良かった、
と思う事にします。


あれから10日ほど経ちましたが、
娘も車の怖さを知ったようだし、
私も

「このくらいは言わなくてもわかるだろう」

とは思わないようになりました。

娘は昔から「一を聞いて十を知る」というタイプでは
なかったということを思い出しましたよ・・・


もうすぐ夏休みも終わりですが、
娘のドライビング・レッスンはまだまだ続きます。
当面の目標は、
娘の運転でバレエ・スタジオまで行く事。
ちょっと距離があって
レッスンの時間帯は車も混んでいるので心配ですが、
なんとか慣れて欲しいものです。


祈! 安全運転!!



関連記事

COMMENT▼

おお〜〜。夏休み中がんばって運転していたのですね!
しかし記事を読んでて私も怖かったです。。。
やっぱり日本の教習所って良かったんですねー
うちの娘も4年後。貸家だからガレージドアも傷つけたくないけど怪我しないようにしないと〜〜(今からドキドキです)
NちゃんもKatieさんもがんばって〜〜!!!

No title

>ふわりんさん、

コメントありがとうございます。
日本の教習システムは良く出来ているということが
身をもってよくわかりましたよ〜
だいぶ安定はしてきたけれど、
パーキング・スペースに車を停める練習は
まだまだこれからです。
親子で頑張りまーす。



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ