アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

UCバークレー キャンパス・ツアー

春休みも終わりに近づいた先日の土曜日、
家族3人で
UCバークレー(University of California Berkeley)
のキャンパス・ツアーに行ってきました。


Sather Tower


え、わざわざキャンパス・ツアーに行くってことは、
Katieの娘って
UCバークレーに行く気があるわけ・・・?

と思ったあなた!

ノン ノン ノン!

それはちょっとチガイマ〜ス!



UCバークレーといえば、
私立の名門スタンフォード大学と並んで
ベイエリアの両雄と目される一流大学。

日々の成績に一喜一憂しているウチの娘にとっては
どんな長距離ミサイルでも射程圏外、
ハッキリ言ってお呼びでない、です。

ですからね、今回のキャンパス・ツアーは
そういう一流大学ってどんなところ?
という、観光気分の軽—い気持ちで参加してきました。
それに、我が家からほんの小一時間で行かれるというのが
まあ正直言って一番大きな理由であります。


Sather Gate

(キャンパスの南側にあるSather Gate)


ところでキャンパス・ツアーに参加するには、
UCバークレーのサイトから事前に申し込みが必要です。

ツアーは週末だけでなく平日も開催されています。
平日のほうがビジターセンターなどもオープンしていて
普段のキャンパスの様子が感じられて良さそう。


今は春休みだから平日に行けるなーと思っていたのですが、
この時期はちょうど、
大学からAdmitされた(合格通知をもらった)
シニア(高校4年生)の生徒たちが
最終的にどの大学に行くかを決める時期でもあり、
そういう生徒のために
平日はすべてNewly-Admitted Student Tourとなっていたので
週末のツアーしか参加できませんでした。
ま、こちらは単なる観光なので別にいいんですけどね〜


Sather Tower

(Sather Tower)


さて、ツアー当日。
お天気はあいにくの霧雨でした。

私たちが申し込んだのは10:00 – 11:30 の午前中のツアーで、
キャンパスの真ん中あたりに位置する
Sather Tower
が集合場所となっています。

広いキャンパス内をタワー目指してひたすら歩き、
10時ちょっと前に集合場所に到着したのですが、
もうすでに人がだいぶ集まっていて、
係の人が受付を始めていました。

参加者は、ざっと50〜60人くらい? 
もっといたかな?
ほとんどが高校生とおぼしき学生とその家族、
という顔ぶれです。

その中には今年合格の決まったAdmitted Studentもいて、
係の人が
「Admitted Studentはあちら側に集まって下さい」
と指示すると、10人くらいの生徒とその家族たちが
ぞろぞろと移動して行きました。

へええ〜、こういう子がバークレーに合格するのね・・・

そんな思いで見ているせいか、
どの学生さんもいかにも賢そうな風貌です。
親御さんはさぞかし誇らしいことでしょう。


Doe Memorial Library

(Doe Memorial Library)


さて、残ったツアー参加者ですが、
こちらも3つのグループに分かれることになりました。

3人のツアーガイドの簡単な自己紹介のあと、
まあだいたい同じ人数になるように適当に分かれて下さい、

というアバウトな指示があったので
私たちは若い女性のガイドさんのグループに入りました。


彼女は現在シニア(4年生)の現役の学生で、
今はどこかのスタート・アップでインターンシップをしており、
あと数週間で卒業だそうです。

私たちのグループには
娘のほかにも何人かの高校生がいたのですが、
結構遠くから参加している人もいました。
オレンジ・カウンティ(南カリフォルニア)から来ている人もいれば
遠くミネソタ州から来ている人も。


ちなみに、Admitted Studentとは対照に、
ジュニア(高校3年生)以下の学生は
Prospective Studentと称されます。
ウチの娘はとうていバークレーを受験するとは思えないけど
立場的には一応このカテゴリー。

この春休みにはるばる遠くからやってくる学生さんは
きっと本気でバークレーを検討している
本当の意味でのProspective Studentなんでしょうね。
(物見遊山のウチと違ってさ〜)


そういえばこのキャンパス・ツアーを申し込む際、
名前や住所等の連絡先情報のほかにいくつか質問事項があり、
その中の一つに
「他にどんな大学を受ける予定ですか」
というのがありました。
回答は選択制で、選択肢には
Stanford
Harvard
Yale
Princeton
MIT
などなど、そうそうたる名門大学の名前がずらり。
こういった大学が競合となるくらい凄いってことですね、
UCバークレーは。


Sproul Plaza

(Sproul Praza)


ツアーでは、建物を案内するだけでなく、
名物教授や学内トラディションの逸話のほかに
学部の説明とかアドミッション(入学選考)についても
色々と説明してくれました。

中でも印象的だったのは、
バークレーに入る学生は別にそんなにパーフェクトな成績ではない、
GPAは平均3.88(un-weighted)だし、
SATのスコアも平均2230点 だか 2300点(うろ覚え)くらいだと。
(ちなみにSATの満点は2400点です。)

それよりも、何か好きなことを見つけて
それに熱中することが大事なんです!

と、力説していました。
そういういう彼女も、昔からダンスが好きで、
学生時代はずっとダンスに情熱を傾けていたんだそう。

(いやいやいや、
 それでもそんな成績を収めることができるなら
 アナタは十分優秀ですよ・・・
 ウチの娘はとてもとても・・・)


また、こんなことも言っていました。

バークレーではたった3年で卒業資格を得る生徒が
少なくないそうです。

というのも、高校時代に多くのAPクラスを履修しているからで、
そのおかげで大学時代に取らなければならない単位が
少なくて済むんですね。

ガイドの彼女自身も、
メジャーを2つ(!)、マイナーを1つ専攻し、
それでも4年で卒業するんだそうです。

彼女の友人ではもっと凄い人がいるそうで、
メジャーを3つ(!!)、さらに海外留学もした上で
それでもやっぱり4年で卒業するんだとか。

いやー、凄い。さすがバークレー。
全米から優秀な頭脳が集まるだけのことはあります。
でもバークレーに限らず、優秀な学生さんは
どこでもみんなそんな感じなんでしょうね、きっと。




(Valley Life Science building :唯一このビルだけ中に入りました)


それから、学生生活についてこんなことも言っていました。

たいていの大学では少なくとも最初の1年目は
寮に入る義務があるようなのですが、
バークレーはそうではないとのこと。
でも、寮に入って共同生活を送ることを
強く 強く お勧めする
と、それこそ声を大にして言っていました。

ガイドの彼女も、自分の人間関係の大半は
学生寮で培ったものだと。

人脈作り、
というとなんだかビジネスライクな感じもしますが、
大学の寮で仲間と青春時代を過ごすなんて、
考えただけでもワクワクしますよね。


Sproul Hall

(Sproul Hall:中にビジター・センターがありますが、
 残念ながら週末はCloseとのこと。
 建物の前でパフォーマンスの練習をしていました。)


そうこうするうちに、
90分のキャンパス・ツアーも終わりとなりました。


一応大学進学を目指しているとはいえ、
大学のことについて具体的なことはなにも分らない娘。
(親の私たちも然り)
キャンパス・ツアーは面白かったと言っていましたが、
このツアーで多少なりとも大学生活のイメージを掴んで
今後の勉学の励みにしてくれればいいのですが。


↓↓ おまけの写真 ↓↓
ランチで食べたスモークサーモンのクレープと
バークレー土産のキティちゃん。




関連記事

COMMENT▼

はじめまして。

Carinaさんのところを経由して遊びにこさせてもらいました。
むかーしむかし、サンフランシスコに新婚旅行で行ったとき、
大学のキャンパスに行ったことがあるのですが、もしやここか?
そのとき一度西海岸に行ったことがあるだけで、英語も
アメリカもワタシには遠くて想像もつかない感じなのですが、
この頃海外ドラマを見て、英語が出来たらいいのになぁなどと
思っているところです。
ウチにも大学生と高校生がいまして、興味深く記事を読ませて
もらいました。アメリカ在住の映画評論家の方が、子供の
大学進学のためにはアメリカに住んでいるのがいいと思っていると
話していらっしゃるのを聞いて、そんなものなのかぁとぼんやり
思っていたのです。
また伺わせていただきます。はじめて書き込んだというのに
まったくとりとめが無くて失礼しました。ぺこり。

No title

>あきらさん

こんにちは、初めまして!コメントありがとうございます。
サンフランシスコは思い出の地なんですね。バークレーの街は、カフェやちょっとしたお店も多くて、学生の街らしい雰囲気がありました。
アメリカでの大学進学は、日本とはだいぶ違うようです。日々の成績が非常に重要なので、ちょっとした単元テストや小テストでも気が抜けなくて、毎回毎回、親子で一喜一憂しています。
また学業だけでなく課外活動も重視されるので、勉強しか出来ないガリ勉タイプではダメと言われています。
日本の受験タイプしか知らない親なのに(それも古い情報ですが)、果たしてアメリカの大学受験を無事乗り切れるかどうか。
あらやだ、私もとりとめの無い愚痴になってしまいました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ