アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

Nutcracker 2012

娘のバレエスクールのNutcracker公演が終わりました。

今年は、前日のリハーサルで
プリンス役の男性がクビになるという緊急事態が発生し、
どうなることかと非常に気を揉んだ本番でした。

結果、どうなったかといいますと・・・



まず初日の金曜日、
単なる一保護者の立場の私は
代役が見つかったかどうかわからないまま
観客の一人として本番のステージを見ていました。

パーティー・シーンはつつがなく進行し、
次のバトル・シーンでいよいよNutcrackerが登場するはず、
さあ、どうするどうする・・・?
と思っていたら、


♪ジャーーーーン♪


ちゃんと男性ダンサーが登場するではありませんか!


おお、代役が見つかったのね、良かった~!


ただ、クララと一緒に踊ったりはするあたりは
なんとなくぎこちない。

まあ突然の代役だから息も合わないよね、
とは思いますが、
どうもそれだけではない感じ。

身体つきは確かにダンサーっぽいけど(筋肉質の脚とか)、
なんというか所作が不自然。

クララと手を取り合って移動する、
その脚の運びひとつとっても違うというか、
上手く言えないけどなんというか
バレエ特有の軽さがない。


この男性、ダンサーじゃないんだ・・・


仕方ないよね、前日だもの。

その割には頑張ってるよ、彼。



そう思ううちにも舞台は進行し、
プリンスは極力出番を少なくした演出。

でもいよいよ後半、
シュガー・プラム・フェアリーと踊るシーン。
さすがにパ・ド・ドゥは無いよね、と思っていたら

ありました。


でも男性はひたすらサポートに回り、
シュガー・プラム・フェアリーの子がひたすら踊りまくる。
そして、見せ場のリフト(男性の肩に乗せる)は
果敢に挑戦したものの乗り切れず失敗、
でもなんとか見苦しくないようにフォロー。

でもって、
次の曲での男性のソロはさすがに丸々スキップし、
休む間もなくシュガー・プラム・フェアリーのソロに突入。

そしてもう一度プリンスと二人で踊るはずの曲は、
スノー・クイーンとローズが登場して時間を稼ぎ、
一息ついたシュガー・プラム・フェアリーが再度登場し、
それこそ男性の分もフェッテ・ターンをしまくって
場を盛り上げるという健気さ。


いや~、いろんな意味で感動の舞台でした。


裏の事情を知らずに観に来てくれた友人も
「・・・今年は男性がイマイチだったね・・・?」
と遠慮がちに指摘するほどではありましたが、
とりあえず体裁だけは整えて乗り切った、という感じです。


あとで娘に聞いたら、
先生が連れてきたプリンス役の男性は

ヒップ・ホップ・ダンサー

とのこと。

なんという畑違い。
でもこのクリスマス・シーズン、
しかもこんなに急な話でちゃんとしたダンサーが
来るほうが奇跡です。

それに、初めてバレエを観た人だったら
もしかしたら気付かなかったかも?
という程度には出来ていたので、
一夜漬けという状況を考えたら
こちらもかなりの奇跡かもしれません。


そして、翌日の土曜日の公演も
同じキャストで進行しましたが、
昨夜の経験からあえて冒険はせず
見せ場のリフトは別の振り付けに変わっていました。

そうだよね、無理だよね・・・

私としては、
男性ダンサーのプロフェッショナルなソロとか
シュガー・プラム・フェアリーの子の
能力の限界に挑戦した本気の踊りが見たかった、
というのがありますが、
今年はこれが精一杯というところでしょう。


でも、シュガー・プラム・フェアリーを始めとする
出演者の子供たちの熱演で、
満員御礼の会場のお客さんたちが
暖かい拍手を送ってくれました。

娘も、自分の役どころであった
ColumbineとArabianを一生懸命踊り、
私も大きな失敗が無かったことに
ホッと胸をなでおろした次第です。


そんなこんなで大波乱だった今年のNutcrackerも
無事に終了しました。

遠いところを観に来てくださった皆さま、
ブログを通じて応援してくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

来年も頑張ります!(娘が)

関連記事

COMMENT▼

前日記を拝読してからと〜っても気になっておりました。
ヒップホップダンサーといえども王子さまが出てきて拍手喝采でおわって本当によかった〜!!!
事情を知っていればこそ本当に感動ものですよね。
今年は残念ながら観に行けませんでしたが無事に終わったことが分かって私もほっとしました。
お疲れさまでした〜!
これでゆっくり学校の勉強にもうちこめますね。
楽しいホリデーをお過ごし下さいませ。

>ふわりんさん、

気にかけてくれていてありがとう~
最初はどうなることかと心配したけど、
なんとか乗り切りました。
先生が調達してきたヒップ・ホップ・ダンサーは
その道ではプロの人で、
有名な人と一緒に踊ったりもするそうです。
プロだからこそ、短時間のうちにそれらしい形にまで
もっていけたのかなーとも思います。
いずれにせよ、とりあえず良かったです。
私は今からもう来年のプリンスに期待!という感じです☆

こんばんは。

お嬢さん方の講演が無事終了してよかったですね^^
そんなトラブルがあるなんて驚きです…とにかく代役の方が見つかってよかったです。読んでいてハラハラしてしまいました。
ヒップホップダンサーの方もバレエが踊れることに驚きました。さすがプロですね。

>壊し屋アリスさん、

ありがとうございます、とりあえずなんとか終わって良かったです。
でも、ヒップ・ホップ・ダンサーの方が踊ったのはさすがに「バレエ」とは言えなかったですね・・・うまく言えないけど、やっぱりバレエとは全然別物でした。でも、その男性は一応ヒップ・ホップではプロだそうなので、勘の良さやプロとしての舞台経験などのおかげで「それらしく」見せることが出来たんだと思います。
いずれにせよこんなハプニング、もう二度と御免ですわ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ