アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の親知らず(コンサルテーション編その3)

前回のエントリー(その1その2)の続きです。


さて、あれから1ヶ月がたち、
ついにコンサルテーションの日がやってきました。
アポイントの前日にはクリニックから電話があり、
レントゲン写真と紹介状を忘れずに持ってきてねとのこと。

良かった、忘れられてなかったわ~

先方からアポの確認があったことに一安心し、
当日はナビを頼りに初めてのクリニックを訪れました。



朝一番の予約だったせいか入り口のドアがまだ閉まっており、
外でウロウロしていたら中から受付の人が出てきて
開けてくれました。

名前を告げ、渡された書類に必要事項を記入します。
ペーパーワークのあと、狭いけど明るく小奇麗な待合室で、
ドクターの名前から中国系だとは思っていましたが
やっぱりアジアンテイストだったインテリアを眺めながら
しばし待つ私たち。

その間に、これから手術を受けると思しき女性と
その付き添いの人が現れ、奥に消えていきました。

さらに待つことしばし。



ようやく娘と私も呼ばれ、
私たちは一番手前の小部屋に案内されました。

「いまから10分くらいのビデオを見てもらいます」
そして娘にクリップ・ボードを渡し、
「見終わったら、この質問事項に答えてね」
「そしてお母さんは一番下にサインをお願いします」

そういって受付の女性はビデオを流しはじめ、
私たち二人を残して出て行きました。


ビデオの内容は、親知らずについて
基本的な知識を与えてくれるものでした。

親知らずがだんだん成長して大きくなっていくさまや、
隣の歯にぶつかってしまうこともあって(娘はこの状態)
そうなるとどういうことになるかとか、
親知らずが大きくなると根っこがだんだん伸びてきて
それが下あごを通る神経に当たることもあり、
そうなるとさらに手術が難しくなることとか。

加えて手術の際に起こりうる一般的な症状や(出血とか腫れとか)、
術後ごく稀に起こりうるリスクについてもわかりやすく解説。


へええ、なるほどね。


ビデオを見たあとで壁に貼られた娘のレントゲンを見ると
確かに娘の親知らず、上の2つはまだ出来たばかりのようだけど、
下の2つはそろそろ根っこが伸びようとしているようにも見えます。

前のドクターが「早いほうがいい」と言っていたのは
こういうことを指していたのね、とここでようやく理解。

手術のリスクについても、
前のドクターも同じようなことは言っていたようだけど、
どうしてそうなるかなんてところまでは分からなかったわ~


というわけで、たった10分のビデオのおかげで
だいぶ親知らずについて知ることができました。

先ほど渡されたクリップ・ボードの質問は、
ビデオの内容が理解できたかどうかの確認をするためで、
いわゆるインフォームド・コンセントってやつです。

今までもこの手の書類にはあらゆる機会において
さんざんサインしてきましたが、
いつもここまで分かりやすいと助かるんだけどな~。


受付の女性がやってきてクリップ・ボードを回収したら、
いよいよドクターの登場。


ドクターは、ハキハキと早口だけど分かりやすい英語を話す
中国系の初老の男性でした。

またしても娘の年齢を確認し、
「周りの友達も親知らずの手術してる?」
などと話しかけながらレントゲンをチェック。

娘のレントゲンを見ると、
下の親知らずが両方とも斜めになっており、
歯茎の中で隣の歯に当たっているのが分かるのですが、
ドクターによると女の子の場合、
14-15歳にもなると骨の成長がほぼ止まるので
これ以上待っても顎の大きさが変わることはなく、
したがってこのまま放っておいても
親知らずが表面に生えてくる可能性はないし、
隣の歯にも良くないとのこと。


もうこの段階で、というかこのクリニックを訪れた時点で
手術を受けることは娘も私も受け入れている状態だったので、
あとはドクターからの一般的な注意事項を聞き
(手術後の4-5日は遠出の外出はしないようになど)、
全身麻酔で手術することや4本いっぺんに抜いてしまうことなど
基本的な事柄を確認してコンサルテーション終了。 

その後、受付で手術の日時の確認と費用の見積もりを出してもらい、
手術当日の注意事項を書いた紙をもらって
クリニックをあとにしたのでした。

・・・やれやれ。


ところで今日初めて会った口腔外科のドクターは、
決して愛想のいいタイプではないけれども印象は悪くなかったです。
受付の人たちも親切で感じが良かったのでそれも嬉しい。

娘も、夏休み中に会った最初の口腔外科医の先生に比べたら
説明も分かりやすかったと言っているし、
私も普段どこにいるのか分からない嘱託の先生に頼むより
何かあったらいつでもクリニックに電話して駆け込める
こちらのドクターのほうが安心です。

希望通りの予約も取れたし、
これであとは無事娘の手術が終わって速やかに回復してくれれば
もう何も言うことなし。

ああ、ここまで長い道のりだったなあ・・・・・

実際は始まったばかりなんだけど。

関連記事

COMMENT▼

お疲れさまでした〜
て終わってないんですけどね。
ここまでくるのに本当に大変でしたね。
きちんとしたお医者さんを見つける努力をされたKatieさん、すごいです!

No title

>ふわりんさん、

全然スゴイわけじゃないんですよ、私は。
成り行きというか行きがかり上というか仕方なくというか。

でも便利な世の中になりましたよね、
家に居ながらにしていろんな人のクチコミ情報が共有できるんだから。
本当にスゴイのは私ではなくインターネットなんだと思いますわ~

No title

納得できるドクターで、さらに希望のスケジュールがとれて、
いまのとこ万々歳でですね!!

ほんと、速やかな回復、それを祈るのみ!!

No title

>あかまさん、

そうですね、とりあえずは決まって良かったです。
あとは体調万全で当日に臨めるように体調管理に気をつけたいです~

No title

お久しぶりです~
いつもKatieさんのブログ楽しみにしてます*^^*実は私9月からLAに留学してます!!同じカリフォルニア州に住まれてるということで、Katieさんのブログが参考になります^^

話を戻しますが、親知らずは本当に一回で抜いたほうが楽ですよ!!私は日本の総合病院で19の時に4本一気に抜きました。若い時のほうが顔の腫れの引きも早いし、術後の回復もすごく早いです。

まだ始まったばかりかと思いますが、受けてしまえばあっという間なので、頑張ってくださいね^^

No title

>壊し屋アリスさん、

お久しぶりです。
アリスさん、LAに留学してたんですか~、素晴らしい!!!
同じ大地に立ってるんですねえ・・・感慨深いわぁ。
若いうちに海外で暮らしてみるって、本当にいい経験になると思います。
何でも若いうちにやったほうがいいのね~海外生活も親知らずの抜歯も (^^)d

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。