アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイスクールの新学期と娘の名前

娘のハイスクールの新学期が始まって
そろそろ1週間が経ちました。

今年は2年目(ソフモア)の娘、
学校の様子も分かっているので
何事につけ昨年よりは余裕の表情。

しかも今年度は授業のスケジュールが
仲良しの友達と全く同一、ということもあって
幸先の良いスタートを切った模様です。

新学期といえば、
娘にとって毎年繰り返される光景があります。
それは、
先生が娘の名前の呼び方(発音)を確認する、
という儀式。



娘の名前は、日本では昔から女の子に付けられている
ごくごく一般的な名前ですが、
外国ではあまり馴染みのない名前で、
しかも英語表記ではローマ字読みと違う発音になるので
名簿に書いてある名前を一度で正確に読んでもらえることは
まずありません。

どういうことかといえば、
例えば日本にもあるけど欧米でもよく使われる名前、
NAOMIを例に説明しますと、
NAOMIは、日本語では「ナオミ」と発音しますが、
こちらでは「ネオミ」
もっというと「ネィオゥミィ」
というふうに発音します。

つまり「NA」のAを「ア」と発音せず
「ei(エイ)」と発音するのです。
だから同じNAOMIでも「ナオミ」「ネィオミ」
全然違う名前のように聞こえます。


同様のことが娘の名前でも発生しておりまして、
しかも娘の名前のつづりの中にそれが2箇所もあるものだから
ややこしさが倍増。

初見で名簿を読み上げる先生は非常に困惑し、
でももしかしてこうであろうかと
あれこれ頭の中で試行錯誤を繰り返した挙句に
搾り出すように発音された娘の名前は、
なんだか身体がねじれる様なよじれる様な、
とても残念なテイストに仕上がります。

日本にいればおそらく
「可愛い名前だね!」
と言ってもらえるであろう名前なのにね・・・


さて、今年度も新学期にあたり
各クラスでそれら一連の儀式があったようです。

特にサイエンスの先生には(意地悪というわけではなく)
「じゃあ○○○って呼べば、君は返事をするんだね?」
というような確認のされ方をしたそうで、
でもそのおかげで名前を覚えてもらったのか
娘がその授業中、先生の質問に対して
ごくごく控えめに小さく小さく手を挙げていたら
目敏く見つけられ、
早速名前を呼ばれたと言ってました。


とはいえ、サイエンスの先生も娘の名前を
正しく発音できるようになったわけではありません。
ナオミ的な娘の名前が
ネオミ的に発音されるようになっただけの話で、
長年慣れ親しんだバレエの先生や友達関係の間でも
もはや娘の名前はネオミ的に認識され、
彼女もそれを受け入れています。


それどころか、
娘の名前の間違った発音のされ方には
大体お決まりのパターンがあるので、
病院の待合室で名前を呼ばれる、なんていう場合、
とんなふうに発音されても
「あ、それもしかして私かも(娘かも)」
と雰囲気で察知できます。

たとえば「ネオミ」ではなく「ニオミ」と呼ばれても
大抵は娘のことだし、
「ネウミ」「ニウミ」であったとしても
それはやっぱり娘のことなのです。


思えば10年前、娘がキンダーに入学したとき、
担任の先生に娘のアメリカン・ネームは無いのかと聞かれて
「ありません(キッパリ)」
と答えたのは
その当時何も考えてなかったが故なのですが、
娘には不自由な思いをさせているのかもしれません。


そんな中、
今年の先生の中でただ一人、数学の先生だけが唯一、
娘の名前を「ナオミ(仮)」と正しく発音してくれるのだと
娘が驚いて報告してきました。

韓国系の女の先生なんだそうですが、
欧米人にありがちがちな「ナオゥミ」といった
真ん中の音を強調するイントネーションではなく、
かといって韓国風の「ナオミー」でもなく、
極めて日本人に近い発音で呼んでくれるそうです。

「あの先生、なんか面白いんだよね」

という娘。

去年さんざんMathの成績に悩まされたのは
単に先生が好きじゃなかったからだと
事あるごとに言い訳がましく言っておりましたが、
今年のMathの先生には好印象のよう。

ということは・・・
今年のMathの成績は期待してもいいんですか?

いいんですね?


関連記事

COMMENT▼

こんにちは。
うちの子の名前の発音も似たような感じです。
小学6年生だから馴染みの友達も先生もちゃんと呼んでくれるけど
来年中学になったら同じような儀式がありそうな予感です。
数学の成績、期待しましょう!

No title

>ふわりんさん、

そうですねえ、日本人名だとその儀式、避けられないかも?
うちはもう諦めとともに受け入れている感じです。
数学、ホントに頑張って欲しいわ~

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。