アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

保険と薬局と娘の目薬

うちの娘は花粉症です。
毎年、春先になると鼻が詰まったり目が痒くなったりで
とても辛そうなので、
Claritinという市販のアレルギー薬を飲んだり、
小児科の先生に処方してもらった鼻スプレーと目薬で
なんとかやり過ごしています。

花粉症を発症した最初の2~3年は本当に酷かったのですが、
ここ数年はだいぶ症状も落ち着いてきていて、
昨年は飲み薬を10日ほど服用し、
目薬を数回点眼した程度で花粉の季節を乗り切ることができました。

そして今年は、2月頃に3日ほど飲み薬を服用した後、
これといってアレルギーの症状もなく快適に過ごしてきた娘。
目薬も鼻スプレーの出番もなく、
私も「今年の花粉は軽くてよかった」なんて
すっかり安心していたところへ今週に入って急に
「朝から目が痒くて仕方がない」
という辛い症状が出てきてしまったのです。



慌てて常備しているClaritinを飲ませ、
薬箱をひっくり返して目薬を探したものの、
出てきたのは昨年の夏に使用期限が切れてる古いやつ。

食べ物だったら多少の期限切れはキニシナーイ私ですが、
さすがに古い目薬を娘に使わせるのは怖い・・・


娘の目薬は処方薬のため、
薬を手に入れるためには薬局に行かねばなりません。
ところが、今までかかりつけだった薬局は
保険会社の都合?で利用できなくなっていました。
新しい別の薬局に行くには、また処方箋が必要になります。

まあ、厳密に言うと、薬局を換えた場合には
処方箋をトランスファーできるようなのですが、
どっちにしろ昔の薬局にファイルされているのは
2年位前の日付の処方箋だし、
たまたま手元に昨年のチェックアップのときに書いてもらった
新しい処方箋があったので、
それを持って新しい薬局に行くことにしました。

でも、新しいといっても昨年4月、つまり1年前のもの。

「1年前の処方箋だけど、ダイジョブカナー」

と思いつつ、駄目元でCVSという薬局に行った私。


ちなみに、前の薬局はWalgreenでした。
CVSもWalgreenも大手ですが、私の近所について言えば、
Walgreenのほうが家にもクリニックにも近く、
小奇麗で24Hサービスでドライブスルーもあり。
難点は、いつも混んでて時間がかかること。
ただ、ひとたび処方箋をドロップしておけば
あとは電話で出来上がり状況を確認できるので
最近はさほど不便を感じませんでした。


今回、新たに行ったCVSは、ちょっと家から離れましたけど
いつも買い物に行くショッピングセンターの一角にあるので
便利といえば便利。
ドライブスルーは無いけど、一応24Hサービスなので安心。

ドロップ・オフのカウンターで娘の名前や住所を告げたり
保険のカードを見せたりしてアカウントを作ってもらいます。
受付した薬剤師さんはそれをコンピュータに入力し、
さらには今回私が差し出した処方箋の情報を入力。
処方箋の日付については何も言われず。

・・・と、薬剤師さん、

「鼻スプレーはすぐ出せますが、この目薬は保険対象外ですね」

とおっしゃる。

えーーーーまたーーー?


実はこの目薬、
なぜか知らないけどいつも何かしら厄介なんです。

初めて娘がこの目薬を処方してもらったとき、
我が家の当時の保険では20ドルくらいで買えました。

そのあと我が家の保険が変わり、同じ薬を処方してもらったときは
なんと92ドル。
聞き間違いかといえばそうではなく、
保険の種類によってカバー率が違うので
そういうことが起こるんですよね。
(そのときは鼻スプレーの値段が前よりちょっと下がってました。)

そしてまた我が家の保険が変わり、
恐る恐る同じ目薬を処方してもらったときにはまた20ドル。

そのあとさらに保険が変わった今回は
とうとう「カバーされてません」と。


うわーーーん、どうしよう、目薬が欲しいのに~、


と思っていたら、
ものすごい早口の美人薬剤師さんが

「ドクターに連絡して、他の薬を処方してもらえるか聞いてみます」

え、なになに、そんなこと出来るの?

まあ確かに言われてみれば、抗ヒスタミンの目薬だったら
他にもあるのだろうし、今までの薬にこだわる理由はないです。
ただなんとなく、一番最初に処方してもらったこの目薬が
市販の目薬に比べてすごくよく効いたので、
なんとなく続けてそれを出してもらうようになっただけのこと。

ちなみに、保険ナシの全額自己負担だった場合のお値段は
150ドルくらいだそうです。
すーーーんごく小さい(量の少ない)目薬なんですけどね。


そんなわけで、
別の薬に変更できるなら断然そのほうがいいので
美人薬剤師さんに後はまかせて
その日は鼻スプレーだけ処方してもらうことにしました。

とはいえ、ドクターに聞いてみるといっても
その時点で夕方の6時半を回っていたので翌日になります。
そこで、携帯の番号を登録しておけば薬の用意ができたときに
テキストメッセージで知らせてくれるサービスがあるというので、
それをお願いして家に戻ってきました。

ただ、翌日には連絡が来なくて、
やっぱり当てにならないのかーとガッカリしつつ
「仕方ない、こっちから行くか。」
と思っていた翌々日の朝になってから
「用意できたので取りに来てね」
のお知らせメッセージが届いたので、
このテキストでのお知らせサービスは
ナイよりマシ
という程度のものなのかもしれません。


ようやく手に入れた目薬は、Co-Payで10ドルでした。

やれやれ。

関連記事

COMMENT▼

No title

私は、アレルギーの目薬は日本で買ってくるの。

それにしても医療保険は、だんだんどんどん、ひどいよね。。。

No title

>かずこさん、

そうですか、日本の目薬か~

日本はいつでも気軽に病院に行けていいですよね。
アメリカの医療制度は本当に困るわ~。
億万長者でもない人が長生きしたかったら、日本に帰るしかないかも。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ