アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

娘の理想の結婚相手とは?

娘のEnglishクラスでは、授業でシェークスピアの
「ロミオとジュリエット」を読むそうですが、
それに関連して、娘のEnglishの先生から
親への宿題が出されました。


親の反対を押し切って秘密の結婚をした
ロミオとジュリエット。

「保護者であるお父さん・お母さんは
 お子さんの結婚相手について
 いろいろとお考えがあると思いますが、
 どんな人が理想のパートナーだと思いますか?
 理想のパートナーシップとは何だと思いますか?
 それを手紙に書いてお子さんに伝えてあげて下さい」

という依頼です。



手紙を読むのは生徒(子供)本人だけで、
先生が読んだり授業中に発表したりということはないそうです。
ですから特に英語で書かなくてもOKとのこと。
生徒は、親からの手紙を読んで、その感想をレポートにして
提出するというプロジェクトなんです。


娘の、理想の結婚相手―――――?


なにせ人種のるつぼ、アメリカで育ってる我が家の娘。
一体どこのお国の人と結婚するのやら。

でも、食べ物も、宗教も、物の価値観も様々ではありますが、
結婚相手として考えたときの
人として大事なことはそんなに変わらないはず。

今までも漠然と、娘との他愛無い会話の中で
「こんな人がいいんじゃない?」
「こういう人は駄目だよねー」
と、軽いノリで娘と話したことはありました。

頭がいい人がいいよ、とか 
簡単に嘘をつく人は駄目、とか、
そりゃもう、言いたいことが山のように
有るような、無いような。


でも、いろいろ考えても結局のところ、
娘のことを大事にしてくれる人(で、もちろん真面目な人)
だったらそれが一番重要なんですよね、親にとって。

そして、良いコミュニケーションと信頼関係。

手紙の内容にはここでは触れませんが、
娘にとって一番身近な存在である
私と夫とのパートナーシップを見て、
お手本にするもよし、反面教師にするもよし。


一体何がいいたいのやら
まとまりのない本日のエントリーですが、
要は娘への手紙にかなりのエネルギーを費やしてしまって
もう疲れちゃった、ということですわ。


娘が社会人になったら、もう一度読み返して欲しい・・・かな?



関連記事

COMMENT▼

やっぱり一番の理想は娘を大事にしてくれる人ですよね。それも一生!!
だけど人種は問題ではないとももちろん思うのですが、二番目の希望として私は日本人と結婚してもらいたいと密かに思っています。
こればっかりは分からないのですけど。




>ふわりんさん、

わかります、二番目の希望。ただし娘と同じように
海外で育った人という付加条件もありますが。

手紙にはさすがに書きませんでしたが
(そしてエントリー本文に書くのもためらいましたが)
特にアジア諸国のうち、
A国の人は宗教がメンドクサソウだし
B国の人は親戚が多くてメンドクサソウだし
C国の人は日本よりもっと男尊女卑らしくてメンドクサソウだし、
かといって純粋培養の日本男子だと帰国子女?に
ヘンなコンプレックスがありそうでメンドクサソウだよ、
というのは口頭で伝えたことがあります。

全くの偏見ですけどね~

いっそあまり馴染みのない北欧の人とかだと
何があっても諦めがつくのかもしれません。

No title

うちはすでにこの問題がチラチラと見え隠れしている状態・・・。でも一番はおっしゃるとおり、娘を大事にしてくれる人ですね。人種はともあれ(笑)。
2番は価値観が似ている人・・・かな?。となると必然的に日本人かもしくはそれに類する人たち・・・。日本人でも海外生活経験のない人とは多分上手くはいかないと思いますね~。友人のお子さんたちも結婚相手は日本にいても帰国子女だったりするケースの方が多いみたいです。
今娘の付き合ってる彼はアジア超大国出身。でも幼少時からご両親の仕事の都合で欧米に住んでいるので2番目もほぼクリア??ってことで結婚に反対する理由はないんだけど(笑)、でもやっぱり結婚するという事自体に寂しさを感じますねぇ・・・(苦笑)。あと孫と日本語で話が出来ないのはやだなぁ~←完全に個人的な理由(笑)

No title

>wbmomさん、

wbmomさんにとってはもう既に目前の問題なんですね・・・
お嬢さんの彼氏は、ご親戚が多い感じですか?(笑)
でも、欧米暮らしが長いのであれば何かと考え方は似てそうでいいですよね。
食べ物の好みも合いそうですし。
孫と日本語で会話できないかも、というのも分かります!
日本の文化を次の世代に伝えられない申し訳なさとか。
(これは娘の責任ではなく私たち親の責任かもしれないので)
娘が成長するにつれて、アメリカに住むことを決めた自分たちの判断が、
後々こんなにも影響が出てくるんだということに今頃気づいて愕然とする思いです。

はじめまして。

この夏に中学生の娘を連れてのロサンゼルスへの転勤を主人に告げられ動揺のまっただ中にいます。高校のお話は大変参考になります。お嬢さんの学業とバレエの両立のお話も涙なくては読めません・・・・うちの娘のきなこは乗馬の障害競技をしていますが、この先続けて行けるのか心配です。また、読ませていただきます。よろしくお願いします。

No title

>あんこさん、

初めまして☆コメントありがとうございます。
この夏にロサンゼルスに来られるとのこと、いろいろとご心配なことも多いかとお察しします。
でもLAは全米でも有数の日本人が多いエリアですから、どうぞあまりご心配なさらずに。
私は、カリフォルニアはアジアの植民地だと思ってますから(笑)
お嬢さんは9月からハイスクールでしょうか?
日本語補習校などで同じ学校に通う日本人のお友達が出来るといいですね。
乗馬も、こちらのほうが日本より気軽に楽しめる印象があります。学業のほかに一つでも自分の得意分野があるということは、きっとお嬢さんの心の拠りどころになるかと思いますので、続けられるいい環境が見つかるといいですね。
細々と続けているブログですが、よろしかったらこれからもよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ