アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ハイスクール Show Case 2012

昨日の夜のこと。
娘と二人でハイスクールのShow Caseという
イベントに行って来ました。

今ちょうど来年度のレジストレーションの時期なんですよね。
同時に、生徒は来年履修したいクラスを選んで
リクエストを出すのですが、
そのクラス選択のための情報提供の場として
開催されたものなんです。

会場となっている体育館に入ると
そこにはずらっとテーブルが並べられ、
教科ごとのブースができていました。

教科書や過去のプロジェクトの見本などが置かれ、
担当の先生も待機しているので
質問があればその場でいろいろ尋ねることも
できるんです。



教科ごと、とひと口に言っておりますが、
たとえばサイエンスだったら
Biology(生物)
Chemistry(化学)
Physics(物理)
Anatomy and physiology(解剖学・生理学)
の4つの分野があり、さらにそれぞれが
難易度別にクラスが分かれています。

たとえば、高校1年目(Freshman)である
9年生が履修するのはBiologyですが、
通常レベルのクラスのほかに
Biology Honors
Biology AP
という上級クラスがあります。


Honorsというのは、
たいてい小学校高学年までにGATEに認定された子や、
中学で成績が良かった子が
先生の推薦を貰った上で履修することができるクラスです。

そういう子は中学から高校1年目くらいまでなら
たいていは一つの教科だけに限らず
ほとんど全ての主要教科でHonorsを取るので、
娘の話を聞いていると
そういった生徒のことをHonors Student
または単にHonorsとよび、
全ての教科でHonors Classを取ることを
All Honorsと言ったりしているようです。
( ⇔ Non Honors)


APというのはさらに上級で、
大学レベルの授業を行うクラスです。
このAPクラスを履修して
さらにAP Examというテストを受けて合格すれば
それが大学の単位として認められます。
(大学で取る単位を高校時代に先取りするということです)


このようなレベルによるクラス分けが
MathやEnglishなどの他の主要教科でも行われており、
それぞれについてどのクラスを取るかが
悩ましいところなんです。

ミドルからハイスクールに上がるときには
さして悩まなかった我が家の娘ですが
(私も何も考えてなかった・・・)
今年はもういやがうえにも大学進学が視野に入る時期なので
焦りも生じてきました。


上級クラスを取りたいけれども
勉強についていけるかどうか。
バレエと両立できるのかどうか。

せっかく上級クラスを取っても、
あまりにもパッとしない成績だとしたら
レギュラークラスで好成績のほうが
大学進学の観点からいえばずっとマシなわけで。

でも、下手にレギュラークラスを取ってしまうと
(なにせ色んな生徒がいる公立高校ですから)
もし不真面目な生徒が多いクラスにあたってしまったら
授業に集中できなくて大変な目に合う、と
娘は過去の経験から思っており、
だったら多少無理してでも勉強熱心な生徒が多い
上級クラスを取りたいというせつない理由もありまして。


ウチの娘に限らずとも、クラス選択については
様々な悩みを持っている生徒は少なくないはずなので、
このShow Caseというイベントは
とても有効なように思いました。
カウンセラーのブースもあったので、
クラス選択に悩む人はその場で相談できるようです。


カウンセラーといえば、
実は娘、このイベントの前日には
既にカウンセラーとアポを取っていて、
バレエと両立できるようなクラス選択について
相談をしていました。
(相談、といっても実質10分くらいのものでしょうけど)

また、現在の各教科の担当の先生にも
ちょろっと聞いてみたりして、
だから本当はこのShow Caseに行くまでにはもう
本人も(親の私も)だいたいの希望が固まっていたのでした。


そういうことなので、何もわざわざ行かなくても
良かったのかもしれないのですが、
でもやっぱり行って良かったと思いました。


担当の先生の顔も見たし、
授業で使う教科書をパラパラ見て、
どんなプロジェクトをするかなどの話を聴き、
そのおかげでより授業のイメージがつかめて
来年度への覚悟が決まったとでもいいましょうか。


そんなわけで
今年も大変だったけど(まだ終わってませんが)
来年はもっと勉強を頑張らないといけないよ、
ということが分かった娘なのでした。


いや、まだ本当には分かってないでしょうね・・・


ネット見てケラケラ笑ってる場合じゃないのよーーー?

関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ