アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

勉強しなさい、というのはいかがなものか

週末のことです。

金曜日、土曜日はバレエやボランティア活動があって
忙しかった娘。

週末に出ていたEnglishの課題と、
週明けの火曜日にあるというFrench(フランス語)と
Biology(生物学)のテスト勉強は
日曜日にまとめてやることになっていました。


新学期が始まって約1ヶ月。

まだ始まったばかりで
今ひとつペースをつかんでいないのか、
いまのところBiologyが不調の娘。

「Bioはとにかく教科書を読むしかないんだって」

と、1学年上のバレエ友達から聞いたらしく、
そうであればなおさら必死にならないといけないと
私は思うのですが・・・



日曜日の午前中は
Englishの課題をおわらせるのにかかりきりでした。

昼食後、今度はBiologyとFrenchの
テスト勉強にとりかかったようなのですが、
3時すぎにはキッチンにやってきて、

「インターネット使ってもいい~?」

なんて聞いてきたのです。
(いつもネットを使う前に親に言うことになっています)


「あれ、もうテストの準備は終わったの?」

と聞くと、

「うん、今日の分は終わった」

という娘。

今日の分、ってアンタ・・・


テストがあるのは火曜日ですが、
その前日の月曜日はバレエもあるし、
月曜は月曜で宿題が出るだろうから
テスト勉強まで手が回るとは思えないんですけど・・・

本人も、ネットに上がっている自分の成績をみて
危機感を持っているはずなのですが、
本当にそれでいいの? 
大丈夫だと思ってるの?? 
本当に???


・・・いろいろ問いただしたい気持ちをぐっとこらえて
一応は本人の自主性に任せることにしたものの、
なんかモヤモヤしてたまらない私。

小一時間ほど、
「あんまり勉強勉強ってガミガミ言うのもね」
「本人の自主性に任せないと」
「でもこんな状態じゃまた次のテストも駄目かもしれないし」
という心の葛藤を繰り返した挙句、
ガレージで作業している夫のところへ行き、
このモヤモヤを共有してもらうことにしました。


私の話を聞いた夫は、

「うーん、そうねえ」

「確かにねえ」

とぼんやり私に同調したあと

「・・・まあ、じゃあ俺から言ってみてもいいけど・・・?」

と、言ってくれたので、

「言ってきて!今すぐ!」

と急かし、
夫から諭してもらうことにしました。


なにしろ私が

「勉強終わったの?」
「テストの準備、本当にだいじょうぶ?」

なんて繰り返し聞いたところで

「大丈夫だってば!」
「もう終わったんだもん!」

とキレ気味に言い返されるのがオチだし、
そもそも本人の自覚がないなら
なにを言っても駄目なわけです。

挙句に

「Bioの教科書、ぜんぜん面白くなくて頭に入ってこないんだもん」

なんて言い訳されてもね・・・
(だったらなおさら勉強しないとー!)


とにかく、私の訴えを聞いた夫が娘のところへ行って
何やら話をしてきてくれました。

さすがに夫の言うことはうなだれて聞いていたらしい娘。

もう一度教科書を取り出して勉強を始めた模様。


それを聞いて私もホッとはしたのですが、
これでよかったのか疑問がわくのも正直なところ。

時間を掛ければいいというものでもないし
もしかして勉強のやり方が悪いのかもしれない。
でもそれって本人が自分で気付かないといけないことだし
ましてやもう親に勉強しろなんて言われなくても
本人が危機感をもたないと(苦手ならなおさら)。


火曜日のテストの結果によっては
またモヤモヤするに違いない私。

いっそ本当にヤバくなるまで放っておくべきなのか。

ミドルのときはこんなに悩まなかったんだけどな・・・

関連記事

COMMENT▼

Katieさんとこはハイスクールだから尚更モヤモヤしますよね。
うちはまだ5th、かわいいもんでしょうか。
他の教科はきっとうまくいってるのですよね。だからこそ気になるんですよね。
ハ~、私も自分の子でなければ落ち着いて考えられるのですけど。。。ついつい口が先に出てしまうのです。

う~~ん、だんだん難しいねぇ。
うちはふたりとも、身だしなみの点で(笑)
言いたくなるのをぐっと。。が多いです。
でもそろそろ親は子供から『解雇』されるものらしいですよ。。。平均14歳だって。

>ふわりんさん、

他の教科もうまくいってるならいいんですけどね・・・
一事が万事こんな調子で。
ミドルのときはそれでも何とかなってきたけれど
これからますます忙しくなるっていうのに・・・
いけない、またキリキリしてきちゃった。
ほどほどにします、はい。

>かずこさん、

「解雇」ですか?平均14歳?うわー、まさしく今・・・
学業さえキッチリやってくれれば喜んで解雇されますとも。
それともフレッシュマンのうちに一度は痛い目にあって
自力で修行して開眼させたほうがいいんでしょうかね・・・




私は解雇ではなくある意味依願退職しちゃってたかも(笑)
自分の時を振り返って、言っても無駄かと早々に諦めて?自分のお尻は自分でぬぐうしかないじゃん!って傍観してました。Katieさんのおっしゃってるように痛い目にあってもらわないと分からない場合が多いと思います。

というか特に娘の場合はそれ以前の問題だったかもしれないですが・・・←勉強することに向いてない(苦笑)
あとは多少のアメとムチ。バレエが続けたかったら、音楽が続けたかったらちゃんとやんなさい・・じゃないとやめてもらうよと交換条件でしたね←ずるい母。

>wbmomさん、

依願退職ですか・・・私もそうするべきなのかな。
「バレエが続けたかったら云々」は、私もさんざん使ってます(笑)
やはり学生は学業が最優先ですからね。
でも、バレエを辞めさせるつもりなんてこれっぽっちも無いことは
さすがの娘も気付いていると思うので、
そろそろそんな脅しも通用しないかもしれません。
やはりこれからは本人の自覚に任せるしかないのでしょうね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ