アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

RAD Vocational Examの結果がきた

4月の下旬にあった春休み中は
バレエのレッスンもお休みでした。

でもその間、毎日のように

「ねえ、バレエのメール来た?」

と私に確認していた娘。

この場合の「バレエのメール」とは、
3月上旬に行われたRAD Vocational Examの
結果を知らせるメールのことです。

Examの結果は、RAD本部から正式な書類として
まずバレエスクールに送られ、
そのあと先生から生徒の手に渡されます。

昨年は生徒の手にそれが渡る前に
スクールのディレクターから各生徒(の保護者)へ
メールで結果のお知らせがあったので、
今年もそのメールがそろそろ届くのではないかと
娘は気が気ではないわけです。

毎日、

「来た?」「来た?」

としつこく尋ねられ、
ついには

「メールが来たら、開けないで私に先に見せて!」

という約束までさせられてしまいました。


メールで知らされるといっても
知らされるのは本人の成績のみで、
他の誰が何点だったかは基本的には分かりません。

でも、昨年はトップの成績を取った生徒の名前が公表され、
それは娘と同じクラスのお友達でした。


今までのGraded Examではクラスでトップだった娘。

それが昨年、初めてのVocational Examでは
自分の目標としていたDistinction(優)が取れたものの
点数としては3番めの成績だったことが分かりました。

娘は一人っ子のせいか、
普段からあまり自分と他人とを比較して
どうこう思うタイプではないのですが、
このときは自分より高い点を取った子から
しつこく点数を聞かれ、嫌な思いをしたそうで、
本来なら自分の目標はクリアしたのでそれで良かったはずなのに、
それ以来、どこかVocational Examへの苦手意識、
ひいてはPointe Workやテクニックそのものへの
劣等感のようなものが生まれてしまった様子なのです。


お稽古としてのバレエは、決して他人と比較するものではなく
自分自身の目標に向かって努力するべきものだし、
Examの結果はあくまでもそのためにあるはずなのですが、
やはり点数がついてしまうということで
いろいろと気になってしまうのは
ある程度仕方がないことなのかもしれません。


今年はVocational Examが終わった直後から
結果が来るのを恐れていた娘。

「あーもう、全然自信ない!」
「結果なんて知りたくない!」

と、あまりにも嘆くのでつい

「点数なんていいじゃない、一生懸命頑張ったんだし」
「点が悪かったとしても、また頑張ればいいんだよ」

などと慰めようものなら

「私、いつも頑張ってるよっ!!(怒)」
「いつも一生懸命やってるもんっ!!(涙)」

とキレ出す始末。

ああそうだったね、
あなたはいつも頑張ってるんだったね・・・

ということで、
それ以降は余計なコメントで逆鱗に触れぬよう、
娘の“心配だ発言”はスルーすることにしました。

ただでさえ難しいお年頃ですからね・・・。
(というか、メンドクサイ)


さて、毎日のように繰り返される
「来た?」「来ない」
の問答にもいい加減うんざりしてきた頃、
やっとバレエスクールからのメールが届きました。

約束どおり娘が学校から帰宅するのを待ち、
まず先に娘がメールを開いて読み始めました。

すると・・・

「えっ! これは・・・!」

途中から声に出して読みあげます。

「・・・ Special Congratulations to XXXXXX(娘の名前)
 ・・・for getting a Top Score of ・・・ 」

そのあとは声にならず、泣き出す娘。

大袈裟な、と思われるでしょうが、どうかご理解ください。
多感なお年頃なのですよ・・・。


今年、娘はトップの成績を取ることができました。

でも、トップ云々よりもなによりも、
親としては娘本人の昨年の点数と比較して
今年は6ポイントも上がったのを評価したいところ。

とはいえ、

「嬉しい!」

「・・・ほんっとに嬉しい!」

「クララに決まった時より嬉しい・・・!」

と喜びをかみしめ、心からホッとした表情の娘を見ると、
ここは素直に喜んであげたいですね。
つまらない劣等感は吹き飛ばして、
自分に自信を持って欲しいし。

でも、小さなスクールで井の中の蛙にならないよう、
そして自分の目標を見失わないように
これからも楽しく頑張ってね。


やれやれ、これで私もしばらくは余計な気を使わなくて済むので
嬉しいわ~。

また近いうちに今度はGraded Examの結果も来るけどね・・・

関連記事

COMMENT▼

NoTitle

いい成績が取れてよかったですね。
おめでとう!!!

NoTitle

>No Nameさん(ごめんなさい、お名前がなかったので)、

コメントありがとうございます!
頑張った甲斐あって、娘もますますバレエに燃えているようです。
天狗になったら困るけど、今回は自分に自信をもついい機会になってくれたらと思います。

よかったね!

娘ちゃんには、桜祭りで会いましたけど、あのときはまだ晴れ晴れしてないときだったわけですね。
あの笑顔が何倍にもなったんだと思うと、ほんとにうれしいです。
これからのパフォーマンスにもますます期待♪

NoTitle

>かずこさん、

コメントありがとうございます!
そうです、あの時は「メールがきたらすぐTextしてよね!」と指令が出ていたときでした・・・。
思いがけない高得点で気分に弾みをつけて、この夏も頑張って欲しいです~!

おめでとうございます!

すごいですね。良かったですね♪
人と競うことが全てではないけど目標があることはいいことです。
きっと他のお子さんも同じように結果が来るのをどきどきしながら待っていたことでしょう。
今後もトップを保つことは大変なことだと思いますが更なる飛躍を楽しみにしたいですね。(結果も心も共に)
こうやって大人になるんですね。

NoTitle

>ふわりんさん、

コメントありがとうございます☆
小さなスクール内であまり点数にこだわったり順位にこだわったりするのはどうかと思うのですが、マイペースでハングリー精神に乏しい娘が好きな道を極めるには、もっと貪欲になることも必要なのかもしれません。
確かに、こうやって大人になっていくんでしょうね・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ