アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

京都・奈良の旅 2010 その2

京都・奈良の旅2日目です。

夕べは早々に就寝したせいか、
朝は7ごろにすっきり目覚めた私たち。
朝食は、ホテルのレストランでのバイキング。

行ってみると、和食も洋食も品数が結構充実していました。
普段、娘は朝食はパン食派なのですが、
お漬物のコーナーに「ちりめん山椒」が置いてあったのを発見して
大喜びで朝からしっかりご飯とお味噌汁を食べていました。

さて、本日の行程は、まず銀閣寺に行く予定。

出発の前にフロントで、
銀閣寺までの分かりやすい行き方を教えてもらい、
それに従ってちょっと離れたバス停からバスに乗ることにしました。

実は私の申し込んだ旅行プランは
「朝食付き・市バス一日乗車券付き」
というお得なプランでして、
今回の旅行では、なるべくバスに乗ろうと決めていたんです。

----------

さて、バスにのってやって来た銀閣寺。

ここも、三門まではちょっとした上り坂でして、
両脇にお土産物のお店が並びます。


銀閣寺01


坂を上りきってみると、なんだか清清しい門構え。


銀閣寺02


建物も思った以上に小ぶりですが、
こんなところで風流三昧の生活をしてみたいものですなあ。

それにしても、
まだ朝一だというのに、もう蒸し暑くてヘロヘロの私たち。

坂を下る途中、またしても抹茶ソフトクリームを食べ、
そのあと手焼きせんべいの店で煎餅好きの夫へのお土産を買い、
ついでに娘にも店先で焼いていた焼きたて煎餅を1枚買ってあげました。



バス停に戻る途中には、哲学の道があります。

哲学の道01


哲学の道02


哲学の道03

この道を、「若王子神社」方面に向かって歩いていけば
今日の目的地のひとつである永観堂や南禅寺のほうまで
たどり着けることは知っていたのですが、
桜も紅葉もないこの季節、この炎天下の中を2キロ以上も
歩くわけには行かないので(そんなの自殺行為だー!)
とりあえずバス停に戻り、バスで平安神宮に向かいました。



平安神宮


巨大な鳥居。

でもって、こちらが神門で、その遥か奥に大極殿があります。


平安神宮02


平安神宮03


この左手には、南神苑・中神苑・西神苑・東神苑の四つからなる
有名な庭園への拝観入り口があるのですが、
暑さに負けた私は、お参りだけしてココを拝観せず。
でも今になって後悔しています・・・頑張って行けばよかったよ・・・。



次に向かったのは、永観堂。

平安神宮の近くから永観堂まではバスが通っているのですが、
バス停に向かう途中、後ろからバスが接近しているのを知り、
猛ダッシュするもすぐに力尽きる私。
すると娘がいきなり「あのバスに乗るのねっ?!」と叫ぶなり
私を追い越して駆け出し、見事バスを捕まえてくれました。

見るからに観光客な二人組みなので、
きっとバスの運転手さんも気づいて待ってくれたとは思うけど、
今回の旅行では、こんなふうに娘が頑張ってバスを捕まえるパターンが
何回かありました。(でも迷惑ですかね、実は)



さて、永観堂。


永観堂01


永観堂02

(ん?なんか写真が傾いてるなあ)

先ほどの喧騒が嘘のようで、非常に静かな場所でありました。
ここは京都でも有名な紅葉の名所だそうですね。

ここの見所は「見返り阿弥陀仏」。
永観律師が修行されているとき、阿弥陀様があらわれて
「永観、遅し」と振り向かれたときのお姿だそうです。

阿弥陀堂へ行く途中、「水琴窟」というのがありました。
ちょろちょろと流れている水を柄杓ですくって
岩窟に静かにそそぎいれると、
まるで赤ちゃんのガラガラのような?
キラキラと澄んだ不思議な音が鳴りました。


永観堂から次に目指すのは南禅寺。


実はそろそろお昼の時間なのですが、
周りで目に付くのは高級そうなお豆腐料理の店ばかり。
今日は娘のお誕生日だし、私はそれでも良かったのですが
「お豆腐なんてイヤ」
「Big Lunchは食べたくない」
と言い張る娘に引きずられ、
途中の自販で買ったスポーツ飲料をがぶ飲みしながら
南禅寺までてくてく歩きました。(母は空腹なのに・・・)


南禅寺01

立派な三門です。。。

ここ、上に上ることができるんですよね。
私もここに上って景色を眺め、

「絶景かなァ」 (By:石川五右衛門)

と叫ぶ予定だったんです。本当に。

ところが、私としたことが何故かここをあっさりスルーしてしまい、
本堂をお参りしただけで水路閣のほうに行ってしまいました。

「あれ?南禅寺って、これだけだっけ?」

と、一瞬思ったのにもかかわらず。

後で気づいて、またしても後悔・・・。

今思えばあの時はですね、正午をだいぶ前に過ぎているのに
昼食がまだだったため、どこで昼食をとろうかとか、
そのあとどうやって移動しようか、
さらには娘のお誕生日なので夕食はどうしようかなどの
スケジュール(主に食べること・・・)の心配で
気もそぞろだったよう。

やっぱりダメですね、駆け足の観光は。

夏場で、しかも子連れなんだから余裕を持たなくては・・・。

さきほどの平安神宮もこの南禅寺も、
いつかまた、改めて訪れたいと思います。
そのときは夫も一緒だといいんだけど。


で、こちらは、その三門をスルーして行った先の水路閣。


水路閣01


水路閣02


涼しげでしょう~

実際、涼しかったです。
レトロな感じが雰囲気抜群。
外国人観光客たちが数人、たむろって休憩してました。
よくドラマなどのロケで使われるそうですが、
私は記憶にないんだなぁ。



さて、南禅寺を後にして大通りまででたところで
はて、次はどうやって移動すればいいのかと
途方に暮れてしまいました。

次の目的地は、知恩院。

でも、バス停まではかなり歩くし、
そのバス停から都合よく知恩院までいく路線があるかどうか
よくわかりません。

太陽がじりじりと照りつける中、
やみくもに歩き出すのもためらわれるし。。。

と思ったら、信号の向こう側に、案内板の地図を発見。

その地図を見ながらどうしようどうしようと思案していたところ、
実はすぐ隣が交番だったようで、
中からおまわりさんが出てきて声をかけてくれました。

「どうしました?どこに行きたいんですか?」

と聞いてくれたので、

「あのう、知恩院まで行くバス乗り場はどこでしょうか」

と尋ねました。

すると。。。

「ああ、知恩院だったらね、ここからなら歩いていったほうが早いよ」
「バス乗り場はここから結構あるし、知恩院もバス停から遠いし」
「なあに、歩いたってせいぜい15分くらいですよ」
「バスに乗っても結局同じくらい歩くから、こっから歩いても一緒一緒。」
「そこの道をね、まっすぐ行って左に曲がって大通りに出たら右に曲がって・・・」

と、親切に道を教えてくれました。


そっか、歩くのか・・・。

仕方ない。歩くか。


覚悟を決め、おまわりさんにお礼を言って、
娘と二人で歩きだしました。

途中、ちょっとした和食レストランがあったので
娘に

「お昼、ここでどう?」

と聞いてみたところ、またしても「食べたくない」と。

私もいい加減イラッとはしたのですが、
実はランチを拒否する娘には彼女なりの理由がありまして、
それは私も分かっていました。

その理由といいますのは、

今日は自分のお誕生日なので、夕食は豪勢に(?)焼肉を
思いっきり食べたい。
でもお昼にBig Lunchを食べてしまったら、きっと夕食に差し支える。
ましてやもうこんな時間(既に2時過ぎでした)、
今からまともなランチを食べたら
夕食は軽いもの(またざるそばとか?)
で済まされちゃうかも!?
お誕生日のディナーなのに、そんなのイヤ!

というようなことでして。

さすがに娘のお誕生日のディナーをざるそばってことは
私としても有り得ない気持ちなのですが、
お昼のせいでお腹いっぱい、
せっかくのディナーなのに食欲がない、
という状況は私も避けたい。

ということで、しかたなくこの和食レストランもスルーして
いつしか大通りに出ました。


昼食抜きで炎天下の午後2時過ぎ。


さすがにこのままじゃ熱中症で倒れるかも、
と、危機感を覚えはじめたところで
コンビニが目に入りました。

中に入って冷たいお水を買い、外に出たら
ちょうど店先にテーブルとイスが置いてあるのに気づきました。

「ちょっとここで休もう」

と、どっかり腰をおろし、荷物も降ろし、
休んでいるうちにフト思いついて、
結局ここでコンビニおにぎりなどを買って
今日のお昼はそれで済ませてしまうことになりました。
なんかすごーくわびしいけど、このまま何も食べないよりはマシ・・・。



さて、コンビニの店先で30分ほど休憩し、
ちょっと元気を取り戻した私たちは、
また知恩院目指して歩き始めました。


知恩院01


10分ほど歩いて、知恩院に到着。
なかなかに立派で素晴らしいのですが・・・
階段が結構キツイ・・・。


知恩院02


御門をくぐったあとにも階段が続いてまして、
しかも一段一段の段差がかなり。
振り向けばいい眺めなのですけど。


知恩院03


知恩院といえば有名なのが鴬張りの廊下。
確かに、あるいていると「キュッキュッ」と
かわいらしい音がなります。

でも娘が大喜びだったのは音ではなかったんですね。

廊下に使われている木材は平らに削られた板ではなく、
ところどころ木の節々が盛り上がっている場所があり、
そこに土踏まずを当てると疲れた足に心地よいことを発見。

「マミー、ここ!ここ気持ちいいよ!」
「わーホントだ」

・・・なにやってるんでしょうね、この母娘は。


でも本当に疲れました。さすがに。


いつのまにか夕暮れせまる時間になってきたこともあり、
今日はこのままホテルに直行して荷物を置き、
そのあとで夕食を食べに出ようということになりました。

そこで、
また歩いて先ほど休憩したコンビニのある大通りへ戻り、
そこからバスに乗ってホテルまで帰りました。

今日は市バスの1日券をフルに使ったね、私たち。


そしていよいよ・・・



焼肉01

タダーン (ジャジャーン)。


娘のお誕生日ディナーは、リクエストどおり焼肉です。
ちょうどホテルの近くに焼肉屋さんがあったので
迷わずそこにしました。
平日で、しかも時間が早かったせいか
お客さんは私たちだけ・・・。


焼肉02


娘はかいがいしくお肉を焼いてくれました。
二人だけだから、あんまり一度に大量に焼いちゃうと
慌てて食べなきゃいけなくなるので気をつけてね。


ということで、無事2日目も終了――――――。


翌日はホテルをチェックアウト、
そして奈良に向かうのでした。


京都・奈良の旅2010 その1
京都・奈良の旅2010 その3 (Coming soon)

関連記事

COMMENT▼

すごいです~
相当な徒歩量!
1日でこれだけ回るとは我が子には無理ですっ

私も観光した気分を味わえて嬉しいです。
ありがとうございました。

奈良バージョンも楽しみ~♡

>ふわりんさん、

私もちょっと欲張って回りすぎたと反省しています。
移動の手段も、場合によってはタクシーを利用したほうが良かったのかもしれません。
次回(もしあったら)は、もうちょっと余裕を持ってじっくり見学できるスケジュールにしたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ