アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

大晦日の腹痛騒動

明けましておめでとうございます。
今年も細々と記事を書いていきますので
どうぞよろしくお願いします。

さてさて、さっそくですが大晦日の出来事です。

冬休み中ということもあり、
家族全員ちょっと朝寝モードが続いておりますが、
私が10時ごろ娘の部屋に

「おはよう、もう起きた?」

と声をかけに行ったら、
娘がベッドの上で横向きにうずくまっていました。

「おなかが痛い・・・」

と、苦しがっているのです。

え、どうしたの???

おなかが痛いって、ちょっと心配です。
朝、起きたときから痛かったそうで、
食べすぎというわけでもなく
おなかを壊してるわけでもなく、
しかも断続的にズキズキとくるらしく、
かなりの痛がり様。

夫も心配して娘の部屋にやってきました。

その間も苦しがる娘。

どうしよう、この年末に。
病院は開いているのだろうか?

「とりあえず電話してみたら?」

と夫。

そういう彼は、10年以上前の年末にやはり腹痛で苦しみ、
でもしばらく自宅で様子を見続けてもどうにもならず
重い腰を上げてようやく病院へ行ったら盲腸で、
病院で年越しを迎えたという経験の持ち主。
しかも粘ったおかげで腹膜炎にまで悪化させてしまったんですよね。

我が家はそんなトラウマがあるので、腹痛は怖いんです。

早速、かかりつけの小児科へ電話をいれてみたところ、
「10時半に来られますか?」

10時半といえば、今から15分後。

「すぐ行きます!」

と電話を切って、あわただしく支度をして家を出ました。
今回は心配した夫も一緒に病院までついて来てくれる事に。

年末にもかかわらず、というか年末だからでしょうか、
待合室はかなり混んでいました。

といっても、ほとんどがN1H1(新型インフルエンザ)の
予防接種のための混雑だったようで、
日本で娘が赤ちゃんの頃に訪れた、休日特別診療のような
緊迫感はありません。

そして、当の娘も、なんだかケロッとしています。

「出かける前にトイレに行ったら、ちょっと楽になった」

ですと。

えー、そうなの?
まあ、でも後でまた具合が悪くなっても困るし
明日こそNew Yearで本当に休診だし、
もう受け付けも済ませてお金も払っちゃったから
とりあえずドクターに診てもらおうね・・・。

と、待合室で待つこと30分。

途中で受付の人に「まだですか?」と確認するも、
娘がアポをとったドクターはスケジュールが押しているので
もうちょっと待っててね、といわれるばかり。

その間、娘は待合室のTVを見てはケラケラ笑っており、
さっきまでの激痛が嘘のよう。

やっと名前を呼ばれて診察室の小部屋に通されてからも
ドクターはなかなか現れず、
そして娘はますます元気になってきたようです。

そりゃあ、具合が悪いよりは元気なのに越したことはないわけですが、
トイレに行って楽になったっていうのは、
それって、もしかしてもしかして?


20分後、ようやく現れたドクター。

娘の症状を聞き、リンパや咽喉を診た後、
娘のお腹に聴診器をあてたり触診したり、
注意深く診察してくれました。

その結果。


「おそらく便秘ですね。」


ああ・・・・・やっぱり。

実はウチの娘、小さい頃から便秘症でして、
これまでにも何度も便秘による腹痛で
病院に連れて行ったことがあるんです。

普通に考えれば、大人だったら
たかだか便秘で病院になんて行かないでしょうが、
子供がお腹が痛いと訴えれば親としては心配で、
そりゃあ病院にも連れて行きます。

で、診断結果は便秘。

今回も、娘が腹痛を訴えてきたときに真っ先に思ったのは
「また便秘?」
でした。

でも、お通じも昨日は普通にあったというし、
痛がり方も今までになくひどかったし、
ましてや夫のときみたいに盲腸のような、
あるいはそれよりもっと深刻なケースだったらどうしよう、と
いろいろと考えてしまうわけです。

でも、やっぱり今回も便秘。

水分を沢山摂るように、
白米や白いパンやパスタを減らして
野菜や果物など繊維質のものを摂るように、など、
過去に何度も受けたアドバイスを今回も拝聴し、
診察室を後にしました。


診察室までは入らず、外で待っていた夫に報告すると、
ホッとしつつも苦笑い。

便秘ごときで大人ふたりに付き添われて病院に来るうちの娘って、
いったいどんだけお姫様なんだろうかと
安心した反動でついつい思ってしまいました。

関連記事

COMMENT▼

ありゃりゃ

とんだ大変な一日でしたね。
でも、便秘で、それも自分で解決できてよかったね。

>livertylimeさん、

本当に、娘の便秘には何度振り回されたことか。
でもきっと今後もあと何回かは振り回されることでしょう。
というか、娘の便秘で我が家の食生活の乱れを指摘されているようで
母としては何かこう、後ろめたい気分です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ