アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水道から赤水が・・・!水道局に電話かい?

外出から帰って慌しく夕食の準備を始めようとした時のこと。
水道水が茶色いのに気がついた。
「おおっ!?」
と思うくらい、かなり茶色だった。
キッチンだけでなく、洗面所やトイレの水まで。

日本にいたときは、水道局から必ず事前に
「赤水のお知らせ」みたいなのが届いていたよね。
でも、アメリカに来てからというもの、そんな親切な
事前通告もなくいきなり赤水に出くわすのはよくあることだ。
それに、1~2時間もすれば大抵は元に戻るので
その間はガレージに常備したミネラルウォーターで
急場をしのぐ。

だから今日も、不便ではあるが
「まあいいや、今日は夫もいないし、残りご飯で済まそ。」
ということで、あまり気にも止めなかった。

ささやかな夕飯も終わり、娘の宿題を見たりして
かなり時間がたった頃、
「そろそろ戻ってるかな」と思って蛇口をひねってみたが、
相変わらずけっこうな赤水。

突然不安になった私は、近所に住む友人宅に電話をかけた。
「あ、もしもし、ちょっと聞くけど、お水が変じゃない?」
友人いわく、
「へ?全然~。ウチは大丈夫だけど?
私はさらに不安になってしまった。
もしかして、ウチだけが変なのか?
友人の家は、歩いていけるほど近いのだ。
友人:「こんなときって、誰に言えばいいんだろうね。」
私 :「・・・水道局、かなあ。」
こんな日に限って夫は留守だ。
え、じゃあ私がかけるの?・・・そりゃあ無理でしょ。

だが、友人との電話を切って、しばらく考えたあげく
私は自分で水道局に電話をしてみようと決心した。

私の英語力はたぶん小学生以下である。
例えば、自分の言いたいことは事前に原稿を作れば
何とか伝えられるが、返ってきた答えが理解できるとは限らない。
いや、理解できない場合のほうが多いのだ。

でも、私としては不安を抱えたままじっとしているのはイヤだ。
思い切って電話してみよう、なに、例えわからなかったとしても
それで何が起こるわけでもなし・・・。

水道の請求書を引っ張り出してきて、
カスタマーサービスの番号を確かめる。
意を決して受話器を取り上げ、番号をプッシュする。
案の定、ビジネスタイムはとっくに過ぎているので
録音テープが流れる。
必死に耳をすます私。すると、
「・・・×××(water quality emergencyはこの番号にかけなさい)」
あわてて番号を書き取り、もう一度ダイヤルする。
「Hello, ×××, May I help you?」
と、今度は女性オペレータが出た。

私は、つっかえながらも現状を訴えた。
そういえば、赤水って英語で何ていう?
ええい、Brown waterでいいや。
夕方からずっと、Brown waterが出てるんです。

するとオペレータ嬢は、私の住所や電話番号を
とてもゆっくりした英語で確認し、最後に
「何が起こってるか確認したら折り返し電話します」
と言ってくれた。
おお、やるじゃない私!

だが、それで一件落着ではない。
次に私は、このあとかかってくるはずの電話に備えて
質問事項の英作文を始めた。
一体いつになったら正常に戻るのよ?
そもそも、ウチだけじゃなくてご近所もそうなわけ?

15分ほどして、電話がなった。
今度は現場担当者らしき男性だった。
しかもすーーーっごい早口。
「×××××,×××××,×××××・・・,OK?」
・・・いや、ぜんぜんOKじゃないんですけど。

でも、必死に聞き取った断片的な単語から想像するに、
どうやら工事か何かが確かにあって、近所も同じ状況らしい。
ただ、それはもう終わってるんでじき元に戻るはずだから、
庭の水遣りでも何でもいいからとにかくFlash outせよ、
そして明日の朝になっても戻らなかったらもっぺん電話して、
ということだった(多分)。

いやあ、私はアメリカに来てから本当に本当に、
想像力が豊かになりました。

とにかく。
電話をかけたことでなんとなく状況はつかめた。
そして、たどたどしくはあったが自分で行動を起こし、
電話で問い合わせをした自分がなんだか誇らしかった。
夫が帰ってきたら一部始終を話してやろう、
「がんばったでしょー、私も。」

だがきっと夫はこう言うのだ。
「それくらい当然でしょ。もう何年アメリカにいるのさ」

関連記事

COMMENT▼

おお~~ がんばりましたね!!
私も何年住んでいても 電話は苦手です。
こうやって だんだん逞しくなっていくんですよね。

ありがとうございます!
そう、自分でもがんばったなーって思うんですけど・・・
なにぶんレベルが低くてお恥ずかしい。

アメリカ人に電話する時って勇気要りますよね。私も先日同じようなことがありました。子供のコミュニティーのサッカークラスがキャンセルになった(ような)ことが留守電に入っていて、折り返し連絡ください(ようなこと)を言っていました。あいにく、主人は長期出張中で、助けを求めることは出来ず、思い切ってオフィスに電話しました。予想通り、相手が何を言っているか分からず、OK(理解できていないのに)と言って電話を切りました。自己嫌悪…。しばらくして、オフィスから電話があり、その人はとーってもゆっくり話してくれて、どうにか意思疎通ができました。きっと最初に出た人が、変なヤツが電話してきた、というようなことを言ったのでしょう。でも、こういう時は、いつも自分はよくやったと自分で自分をほめています。

Michikoさん、こんにちは!お気持ちよーーーーっく分かります!私も、たかだか電話一つのことなのに落ち込んだり誇らしかったり、感情の起伏が激しいです。お互いに頑張りましょうね・・・!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/20-390bfb85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。