アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

バレンタインは家族から

今日は娘の学校で、恒例のバレンタインのパーティがあったので
お手伝いに行ってきました。

バルーン


教室に入ると、もうすでにこんな感じ。
このバルーンは、事前にオフィスにお金と一緒に申し込んでおくシステムになっています。
つまりはFund Rasingの一つなのですが、娘の学校で最上級生である8年生たちが
当日の午後に教室まで届けてくれることになっています。

バルーンやキャンディ、小さなテディベアなどなど、
仲良しのお友達、先生へメッセージとともに贈ることができます。
また、両親や祖父母なども我が子、孫のためにオーダーしています。

私も娘のためにテディベアを一つ、
そして日頃仲のいいお友達数人と先生のためにバルーンをオーダーしました。


実は娘が低学年の頃はあまり勝手がよく分からず、
お友達ひとりかふたりに贈っただけで娘のためには何もオーダーしなかったんです。
というか、我が子のためにバレンタインのプレゼントをオーダーするという発想が
どうもなかったんですよね。。。

で、当日になって蓋をあけてみると、
バレンタインを贈ってくれるおじいちゃんやおばあちゃんがたくさんいる子は
机の上に溢れんばかりのプレゼントとバルーンが届けられ、
そうでないうちの子は何にもなし、、、
という状況になってしまうということが分かって、
以来必ず毎年娘のために何かオーダーすることにしました。
日本とは違う、アメリカのバレンタイン文化を身をもって理解したとでもいいましょうか。
(大袈裟)


くまちゃん


今年は、Mom & Dad(私と夫)からのテディベアのほかに、
お友達からもテディベアを一つ、そしてバルーンを2つ貰った娘。
でもまだ男の子からのプレゼントはないみたい。

・・・男の子からバレンタインを貰うのは、いったいいつなのかな?

関連記事

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ