アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

母はつらいよ(サクラメント番外編)

ところで今回のサクラメント一泊旅行。

娘がこの旅行を非常に楽しみにしていた一方で、
私は日程が近づくにつれため息ばかりついていました。

それはもちろん、前回のエントリーの冒頭に書いたように、
英語オンリーで丸々2日間を過ごさなければならないということもあるのですが、
じつは本当の問題はそれだけではないのでした。
今回は、私のネガティブな心情を吐露してみようと思います。
娘にはNちゃんというベストフレンドがいます。
1年生の頃からのおつきあいで、最初の頃はいろいろとトラブルもありましたが
双方ともにだんだんと成長してきて、今では本当に仲良くやっています。
私も、娘にそんなお友達がいることを嬉しく思っています。

そして、今回の旅行でもNちゃんと一緒に行動するのを楽しみにしていた娘。

ところが、それが私の悩みのタネでした。
というのも、実は私、Nちゃんのお母さんがどうも苦手だったです。

Nちゃんはいい子だし、Nちゃんのお母さんもとても教育熱心ないいお母さんです。
それは分かっているのですが、私はNちゃんのお母さんの前に出ると
なぜか落ち着かない気分になってしまうんですね。

普通、子供同士がウマがあうと、その親同士もわりと価値観が似ていて
上手くお付き合いできるものだと思っていたのですが、Nちゃんのお母さんとは
どうもしっくりこない。

単に相性があわないだけともいえるのかもしれませんが、
私なりに原因を考えてみると、やはり私の英語力に問題があるんだろうなあと思います。

私のヘタな英語が彼女をいらいらさせ、その様子にひるんだ私がますます萎縮してしまう、
そんな悪循環に陥っているんだと思うのです。
彼女の前に出るとヘビににらまれたカエルのように固まってしまって
ますます思うように言葉が出てこない私。

そんなわけで、私はいつの頃からか無意識に彼女との接触を避けるようになっていました。

もちろん会えば挨拶はしますし、なにせ子供同士がベストフレンドなわけですから
プレイデートやバースデーの時には勇を鼓してNちゃんのお母さんに電話もします。
でもそれだけ。
他のお友達のお母さんにはわりと普通に話しかけられる私ですが、
彼女に対する苦手意識だけはどうしても消えませんでした。

そんな私のよそよそしさは当然Nちゃんのお母さんにも伝わっているようで、
お互いに距離をとったお付き合いがずっと続いていたわけです。

それなのに。

そんな親の思惑を知らない娘(もちろん知らせるつもりもありませんが)、

「サクラメントに行くとき、バスの中でNちゃんと一緒に座っていい?」

これぞ私がもっとも恐れていた質問でした。
つまり自然に考えると、私はNちゃんのお母さんと一緒に座るわけですよね。

片道2時間。

隣同士で。

これは辛い。。。

でも、娘に無理やり私と一緒に座らせるということもやはりしたくなくて、
私は娘かわいさのあまり覚悟を決めることにしましたよ。

それはNちゃんのお母さんも同様だったようです。

当日は先にバスに乗り込んだ娘たちが、自分たち用と親たち用に
座席の前後4席をさっさとキープしてくれて、
私とNちゃんのお母さんは娘たちの後ろの席に並んで座りました。

・・・・・。

何がきっかけだったのか今では忘れてしまいましたが、
気がつくと彼女と話をしていました。

子供の勉強や習い事のこと、食べ物のこと、
それに夏休みの予定のことなどたわいも無い話ですが、
じっくり向き合って話してみると意外と普通に話せる。。。

結局彼女とは、往復のバスのなかだけでなく見学先や自由行動など、
行く先々で一緒に行動することになりました。

そのおかげで、どうやらトラウマにもなっていた彼女に対する苦手意識が
薄れたようなきがします。
それでもやっぱり相性は合わないなと思うこともありますが(笑)


それから、今回の旅行で思ったことが一つ。

私はもともと対人関係にそんなに自信があるわけではありませんが、
言語が英語というだけで必要以上に身構えてしまっているということに
改めて気付きました。

え?私に話しかける?話しかける?

と、近づく相手に警戒のオーラを発してしまっているといいますか(笑)

まあ、そんな風になるに至ったのにはそれなりの経緯があり、
トラウマになっている部分もあるからなのですが、
でもこれではいい人間関係は築けませんよね。

今回の旅行でどっぷり英語漬けになり、
そんな中でジタバタして、
やっぱり相手も同じく感情を持つ人間であるという当たり前のことに、
改めて気付いた2日間なのでした。

------------------------------------------------------------
今回の旅行、もしかしたら娘より私のほうがいい経験をしたのかもしれません。
旅行2日目の記事は次のエントリーで!

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

関連記事

COMMENT▼

はじめまして

はじめまして。
いつも楽しく読んでおります読者の一人でございます。
私もアメリカで子育てをしていて、、英語は脅威です(笑)うちは男の子なのでそれ程ではないかも、しれませんが、ホントに、Katieさんとまったく同じ感想や、対人方法になっています。。
自信は経験の積み重ねです.....とは誰かが言っておったコトバですが、私自身現実問題、全然そういう実行が出来ていません。。
今回の件、とても大変だったでしょうが、その何十倍も良い経験ができたんだなあ~、、と感じました。でも、やっぱ、大変ですよね。。(^_^;

こんにちわ!

Katieさん!
私もありましたよ、 同じような経験が。
好かれてなさそうだなぁ・・・
とか、
偏見がありそう・・・
なぁんて思うだけで萎縮してしまうんです、 私。

katieさんの場合とっても偉いなぁと思うのはそれでもお嬢ちゃんの為に率先してそういうイベントに参加なさる事!
感心しました~~!

お嬢ちゃん、 きっと何時か気付いて感謝してくれますよ~、そういうお母様のご努力!

dear-xoxoさん、初めまして!コメントありがとうございます。
今回の記事は本当に「一体何年アメリカにいるのよ?」というお恥ずかしい話なのでちょっと書くのをためらったのですが、「ワタシ英語で困ってないもん」なんてフリをしてみても仕方が無いので思い切って書いてみました。実際は英語で困ってる(恥をかいてる)シーンが多いので仕方ないんですけど(汗)
「自信は経験の積み重ね」・・・いい言葉ですね。本当にその通りなんでしょうね。
でも、なかなかそこまで腹をくくって体当たりできないから困ってしまう~。
お互いになんとか頑張ってアメリカでサバイブしていきましょうねー!

梓の小鳥さん、
梓の小鳥さんでも萎縮してしまうなんてことがあるんですか~?とっても意外です。(いえ、きっと私とはレベルが違うと思いますが)
でもちょっと安心したりして(笑)
それに別に私は偉くもなんともないんですよ・・・「率先」もしてません、
すべては「仕方なく」です(笑)
本当に、いつか娘が何でも自分で出来るようになったらどんなに楽でしょう!
早くそんな日が来ることを切に切に願っている母なのでした。

お久しぶりです。3月に長男を出産して忙しくしていました。娘をMontessoriに通わせ始め、だんだんと学校との関わりを無視できなくなってきて、改めてKatieさんのブログ参考にさせてもらってます。
Katieさんの気持ちよくわかりますよー。わたしもこっちで学校行って働いて、それでもやっぱり英語には自信がありません。年とってから来たから。っていうのは言い訳ですよね。。。私もなぜか義妹に構えてしまってしばらく上手く話せなかったのを覚えています。あー、子供たちが学校行ったらいろんなことがあるんだろうなあ。でも私、わかったフリするのはとっても上手です。いつもそれで切り抜けて反省しないから英語上達しないんですよね。わかってるんですけど。。。

Berryさん、ご長男のお誕生おめでとうございました!
お忙しい中、私のブログにコメントしてくださってありがとうございます。
ましてやこんなダメダメな私に共感してもらえるなんて、なんだかとっても安心(笑)
私もアメリカ生活が長くなるにつれて「分かったフリ」が年々上達しちゃってます。
おまけに今回の旅行では「開き直り」まで身につけてしまったような・・・。
でも、「苦手なタイプ」って誰にでもあるものなんですね。
思い切ってさらけ出してみたのですが、そういう気持ちをもってしまうのが私だけじゃないと分かってよかったです。
赤ちゃん誕生、あらためておめでとうございます!

はじめまして!です♪

Katieさん、はじめまして、Yummyです。
初めてここへたどり着き、コメントさせて頂きますv-254 子育ては日本でもモチロン大変ですが、言葉&環境が違うと更に大変さは増しますよね・・・色んな人がいますし。しかし、Katieさん、ホントに娘さんのため頑張ってらして・・・・えらいなぁと思いますv-237
私は東京在住、年少の娘を持つママです!夫婦共にアメリカの大学を出たのでアメリカ大好きですが、確かに住むとなると違うのは十分わかりますv-356 でも将来アメリカかオーストラリアに移住計画を持っているのですけどね(苦笑)。

幼稚園に娘が通うようになって、久々に色んな人との出会いがあり、神経を使う日々ですv-355 中には外人の方もいらしてやはり皆さん、苦労していらっしゃいますよ・・・・・いろんな意味で。Minorityだと色んな点で大変ですが、子供はいろんな面においてbouderが無いですよねぇ・・・それに救われたり、人の輪が広がったりをとても感じております。

来月は10日間、家族3人ででアメリカVenturaに旅行に出かけます!日本人の方々がこうしてアメリカで頑張ってらっしゃるのを感じ、コメント入れさせていただきました!またお邪魔させていただきます!Katieさん、素敵なママですよぉv-344 頑張ってくださいね!

Yummyさん、初めまして!コメントどうもありがとうございます。
年少のお子さんがいらっしゃるとのこと、まだ何かと手がかかって大変な時期ですね。
海外では海外なりに、日本では日本なりに、子育ての大変さは変わらないですよね。
世間ではよく「子育ては自分育て」なんて云われたりすることがありますが、
本当にその通りだなあと私も日々実感しています。
子育てを通して成長する部分もあり、また日本以外の国で暮らすことで気付かされることもあり、まったく精神修養のチャンスには事欠きません(笑)
来月はアメリカに旅行で来られるとの事、いいですね~☆楽しんできて下さいね!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/175-55bd6c5d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ