アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

アメリカでのむ胃カメラ①

私は、あまり嬉しくない体験だが、何度か胃カメラをのんでいる。
日本では4~5回、その後アメリカで2度ほど経験している。

初めて日本で胃カメラの検査を受けたときは、
本当に胃カメラってのむものなんだな、と思った。
というか、あの状況はのむという動詞しか思い浮かばない。、
意識もバッチリあって、ちょっと細めのホース
ぐいぐいと喉を通って胃の中に押し込まれていくのだ。

幸いに、といっていいのか、
胃の激痛で眠れない前夜を過ごした私にとっては
あの痛みよりひどいことにはなるまい、
という悟りの境地に達していたので何とか乗り切ることができた。
とはいえ、何度も経験したいものではない。

ところでアメリカでの胃カメラ体験である。

私はアメリカに来てもやはり定期的に検査をうける必要があった。
ファミリードクターに胃の専門医を紹介してもらい、
そこで胃カメラの予約をとる。

「前日は○時以降の飲食はだめよ。」
「当日の朝は水も飲まないでね」
この辺は日本と同じ。ただ違うのは
「当日は誰かアナタを連れて帰ってくれる人を用意してね」
自分で車を運転して帰れない、つまり薬で意識が朦朧としている間に
検査をしちゃいますよ、ということだ。

実は日本で2度目以降の胃カメラ検査を受けたのは、
患者に負担がかからないよう、薬で眠っている間に検査を
してくれる病院だった。
日本ではあまりポピュラーではないようで、人に話すと驚かれたが、
アメリカではこちらが主流だ。
さらにいうと、アメリカのほうがもっとシンプルで
患者としては本当に負担が軽くて助かったのだ。

アメリカでのむ胃カメラ②に続きます。
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/13-d8e5b782

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

Spare the Air

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ