アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WDW 続々・Magic Kingdom編:フロリダ旅行’06 ~Part4~

シンデレラ&プリンス

さあ、そろそろ今回でMagic Kingdom編を終わりにしたいところです。

ところで、パーク内ではいたるところでキャラクターグリーティングが
行われておりますが、見かけるとついつい並びたくなっちゃうんですね。

スティッチatMK

これらディズニーのキャラクターたちは 決してコトバを発しません。
でも、そこはアメリカ。
身振り手振りで私たちゲストとコミュニケーションをとってくれるんです。

子ども達とのハグはもちろん、ハイタッチなどはよくある光景ですが、
他にも、
子どもの頭の上にサイン帳をのっけて そこでサインしてみたり。
ボールペンを返す振りをして サッと引っ込めてみたり。
親が写真を取ろうとすると、子どもの顔を目隠ししてみたり。
ヨチヨチ歩きの赤ちゃんに わざと追いかけられてみたりもしてます。

皆、サービス精神旺盛です。

ところで、今までのキャラクターグリーティングで
一番の役者だったのが彼。

ウッディ

彼のMagic Kingdomでのグリーティングスポットは
Liberty SquareThe Diamond Horseshoe
東京ディズニーランドではランチタイムとディナータイムに
グーフィー(ミッキーもちょっと登場)のショウをやってますが、
ここWDWでは 中はガラーンとしていて、ウッディとジェシー
キャラクターグリーティングが行われています。
(日中は建物を出て道路の反対側の木陰にいることもあります)

とにかく彼はノリノリでした。

彼らは10分に1度くらいの割合で
「ウッディとジェシーはブルズアイ(馬くん)の様子を見てくるから」
といって休憩のため一度引っ込むのですが、
その休憩が終わって出てくるときには
既に役者モードに入っている彼。

ジェシーはさっさとカーテンの奥からでてくるのに、
ウッディは顔だけ出して意味ありげに様子をうかがっている。

順番待ちのゲストたち(私も含む)から
「ウッディ!ウッディ!ウッディ!ウッディ!・・・」
と大歓声で迎えてもらってやっと登場。
ま、しかたないか。
いちおうムービースターですからね、彼。

で、サインをもらおうとして近寄っていった子どもの首に
ピンバッジのベルトが下がっていようものなら さっそくチェック。
ウッディのピンバッジがないと 怒る、拗ねる。
そして、身振り手振りで近くのピンバッジショップに
ウッディのバッジを買いに行けと、子どもの親に訴える彼。

いやもう、時間がかかるかかる。

ウッディ&ジェシー

うちの娘のときは、一緒にダンスを踊りたかったみたいです。
娘は恥ずかしくて ちょっとしか踊らなかったけど。

まあとにかく、鬱陶しいくらいノリのいいウッディでした。

ところでピンバッジですが、
パーク内のいろんなところでピンバッジが売られています。

ピンバッジのお店

各キャラクターのピンバッジはもちろんのこと、
今年の年号(2006とか)が入ったものとか、
WDW30周年などの記念バッジなどなど。

ピンバッジ

我が家も訪れるたびに少しずつ買ってまして、
Walt Disney生誕100周年の時に発売された
年間パスホルダーしか購入できない記念バッジなんかも
なぜか持ってたりして。(ちょっと自慢です、ごめんなさい。)

ピンバッジに関してはコレクターもかなりいるようで、
コレクター同士のピントレードも盛んに行われているようです。

ただ、そこまで熱くなってるコレクターでなくても、
パーク内のキャストと気軽にトレードを行うことも出来ます。
キャスト相手なら希少価値がどうのこうのと言わずに気軽に
トレードできますからね。主に子ども達がやってるみたいです。

ピントレード


話がピンバッジにそれてしまいましたが、
最後にキャラクターダイニングについてお話ししますね。

キャラクターダイニングとは、今さらの説明ですが
キャラクターたちが食事中の私たちゲストのテーブルを
順番に回ってくれて、
サインをしたり一緒に写真をとったりできるというもの。

キャラクターダイニングwithミニー

各パークに何箇所かありますが、大抵はランチかディナー。
でもAnimal Kingdomだけはキャラクターダイニングは
朝食オンリーでした。
詳しくはディズニーのホームページのDining Finderで検索してみてくださいね。

我が家では 初めてのWDWのとき、
「1日一回キャラクターダイニングをしよう」
という企画を立てました。

娘がまだ2歳だったのであまり楽しめるアトラクションがなく、
キャラクターに会うにしても、グリーティングに並ぶのが
なかなか大変だったので苦し紛れに思いついた企画です。

どうせ一日3回どこかで食事をしなければいけないんです。
だったらキャラクターダイニングにすれば
食事しながらキャラクターの登場を待ってればいいわけだし、
完全予約だから待たずに済むし、一石二鳥と思ったんですね。

でも、コスト的には確かに他よりちょっとかかるので
例えばランチがキャラクターダイニングだったら
そこでたっぷり食べてディナーは質素に、などと
メリハリをつけて(?)いましたっけ。

というわけで、4つのテーマパークそれぞれで
少なくとも1箇所はキャラクターダイニングを経験した我が家。
トータルで6~7箇所は回ったでしょうか。

「え~、こんなキャラクターしかいないの~?」
「え~、こんな食事~?」

なんてことも、正直ありました。

6年前の話で申し訳ないですが、その貴重な体験(?)をもとに
数あるキャラクターダイニングの中から「ここは良かった」と
お薦めするキャラクターダイニングとはズバリ!?(注;あくまでも私の主観です)

2つあります。
どちらもMagic Kingdomなのですが。

一つはメインストリートを出てシンデレラ城に向かって左手にある、
The Crystal Palace

メニューはアメリカンですが バッフェ形式なので
好きなものが好きなだけ食べられます。
登場するキャラクターは、Winnie the Poohとその仲間たち。
私の密かなお気に入り、Tiggerももちろん登場しますよ。
ガラス張りで明るい店内で、
プーさんファンならぜひとも外せないところ。

そしてもう一つ。

Liberty Squareにある、Liberty Tree Tavern
18世紀のコロニアルスタイルのレストランです。
今回もここでキャラクターダイニングしてきました。
ここは今のところ我が家のイチオシです。
前菜のサラダのあと、ビーフ、ターキー、ハム、
マッシュポテトにグレービーソースなど、
なんとなくサンクスギビングディナーを思い出させるメニュー。
デザートはもちろんアツアツのアップルパイ&アイスクリーム

そして登場するキャラクターはコロニアルスタイルの
衣装をまとったミニーちゃん。
他に、チップ&デイル、グーフィー、プルートなんかもいます。
結構にぎやかな顔ぶれ。
でもなんといっても華はやっぱりミニーちゃんですよね。

ところで、キャラクターダイニングにまつわる
我が家の失敗談をひとつ。

シンデレラ城の上のほうに、Cinderella's Royal Tableという
ダイニングがあります。

「もしかしてプリンセスとか来ちゃうわけ?」

と思い、ワクワクして予約しました。

席に案内されるとき、案内嬢が娘に
「Hello, Princes!」
なんて話しかけてきたりして、なんだか気分が盛り上がります。

ところが メニューを見てびっくり。

全てアラカルトのみのメニューなのですが、
(つまりお得なセットやコースなどはないのです)
そのお高いこと!
どれだけ高かったか具体的には覚えていませんが、
記憶が空白になるほどショックだったのでしょう。
ホントに、何を食べたかも覚えてません。
(小市民ですね、私。)

しかも!

なんと プリンセスなど来ないのです。

娘のことをプリンセス扱いしてくれるけど、
つまりそれだけ。
プリンセスが来るのではなく、
「プリンセス気分を味わう(娘が)」
という趣向・・・らしいです(涙)。

K's TIPS!
  というわけで、予約の際には何のキャラクターが来るのか
  キッチリ確認しときましょう。

  ちなみに、当日の朝にその日のディナーの予約が取れるとは
  思わないほうがいいです。
  特にMagic Kingdomのダイニングは人も多いし人気があるので
  一番早くて3日後、なんてザラです。
  あるいは とんっでもない時間の予約になるとか。

  なので、キャラクターダイニングの予約はできるだけ早めに。
  電話でもいいし(407-939-3463)、直接そのレストランの
  予約窓口に行くのでもいいですが、とにかくなるべく早く、
  日程に余裕をもって計画しましょう。

  ディズニーリゾート(直営ホテル)にお泊りの場合は
  ホテルのコンシェルジェに予約をお願いするのが一番ラク。
  どこのキャラクターダイニングであっても
  コンピュータでスグ予約状況を確認してくれて、
  その場で予約を取ってくれます。
  複数の予約をする場合は特にありがたい存在です。

ちなみに、私は行ったことはないのですが、
キャラクターダイニングはテーマパークだけでなく、
ディズニーリゾートにもいくつかあります。
詳しくはホームページ(Dining Finder)を見てね。

---------------------------------------------------------
といことで、どうにかMagic Kingdom編に一区切りつけました。
次回は別のテーマパーク・・・に入る前に、
新学期も始まったことだし
ちょっと日常生活の話題にも触れたいところであります。

いつもながら長々とお付き合いくださいまして
本当にありがとうございます

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!
関連記事

COMMENT▼

今日も充実のないようですね。
ディズニー満喫の情報をたくさんお持ちですよね。
本が書けちゃうかも。

かんさん、
どうもありがとうございます。実は私がブログを始めたキッカケは、友人にWDW情報を教えて!といわれたことだったのでした。でも、ネットで検索すると日本在住の方でもかなり凝ったHPを作ってらっしゃる方もいらしたりして・・・。私はそういうガラではないので、まずは生活ブログを立ち上げて 今回のような機会をうかがっていた次第です。
本当は「お薦めアトラクション」とか「パレード待ちのお薦めスポット」など、もっと書きたいことがあったなあと 今になって思い出したりしています。

katieさん、 
初めてコメントします。 楽しい素敵なブログですね。 ディズニーには、以前 私も2度ほど子供連れ で行きましたが、 Katieさんのブログを先に 読んでいれば、 もっと楽しめたのに と思いました。 
これからも、お邪魔させていただきますね。 「リンクフリーです」 とありましたが、リンクはらせて いただいても いいんですよね?

かたこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
WDWは広すぎるので、初めて訪れると「一体どこから手をつけていいのやら」と 途方に暮れてしまいますよね。実は私も初めてのときは友人にお薦めアトラクションなど詳しく聞いてから出かけたのですが、それがすごく有難かったんです。だから今度は私がお役に立てればいいなあと思ってまして・・・。
リンクはどうぞどうぞ、バンバン貼っちゃってください。でもこうしてお知らせいただくとさらに嬉しいです。これからもどうぞよろしく!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://katieliving.blog47.fc2.com/tb.php/102-20c975b1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。