アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

水揚げされたマグロになる

本当ならサクラメント2日目の記事を書こうと思っていたのですが、
ちょっと寄り道です。

実はね、
先日、友人に誘われて初めての「韓国スパ」に行ってきたんです。

そう、アカスリです。

私もそれなりにお肌のコンディションが気になるお年頃ですからね、
前々から「アカスリ」なるものに興味が無いことは無かったんですけど
なかなかそんな機会も無く今日に至っていました。

で、今回のお誘い。

最初は友人の「一糸まとわぬ姿で」という説明にビビッた私ですが、
思い切って行ってきましたよ。

続きを読む »

母はつらいよ(サクラメント番外編)

ところで今回のサクラメント一泊旅行。

娘がこの旅行を非常に楽しみにしていた一方で、
私は日程が近づくにつれため息ばかりついていました。

それはもちろん、前回のエントリーの冒頭に書いたように、
英語オンリーで丸々2日間を過ごさなければならないということもあるのですが、
じつは本当の問題はそれだけではないのでした。
今回は、私のネガティブな心情を吐露してみようと思います。

続きを読む »

学校で一泊旅行!サクラメントへバスの旅

ついに行ってまいりました、サクラメントへのField Trip。
1泊2日バスの旅です。



サクラメントはカリフォルニアの州都でして、
カリフォルニア州の政治の中心です。
また、鉄道やゴールドラッシュなど、カリフォルニアの開拓史を語る上で
欠かせない重要な土地でもあります。

娘の学校では、毎年4年生になるとバスをチャーターして
サクラメントへ1泊2日のField Tripに行くことになっています。
4年生はこの1年間を通してカリフォルニアについて勉強してきましたから、
その総仕上げとして実地見学というわけです。

娘の学校のみならず、ここベイエリア周辺の多くの学校で
4年生がサクラメントへ出かけているのですが、
たいていは日帰りで、1泊もするなんてちょっと珍しいんですよね。

おかげで4年生になってすぐの頃からペアレント・ミーティングやら
旅行代金の積み立てやらの準備が始まっており、
当然子ども達も大変楽しみにしている一大イベントなのでした。

そんななか、ひとり憂鬱だった私。。。

アメリカ生活も早8年になり、
いい加減英語生活にも慣れたといえば慣れたのですが、
それでも丸々2日間を英語オンリーで過ごさなくてはならないなんて、
本当に憂鬱で憂鬱で仕方ありませんでした。

でも、とにかく行ってきましたよ。
初日はこんなスケジュールでした。

朝6時15分に学校に集合。

7時に学校を出発

9時ごろ、最初の訪問地The California Vietnam Veterans Memorialに到着しました。





ベトナム戦争に出征した人々のための記念碑です。
戦争の悲惨さを後世に伝える、というより
ベトナム戦争で戦った人たちの名誉を称えるためにあるといった感じで、
さすが現在も戦争中の軍事国家らしいなと思いました。

次に訪れたのはSutter’s Fort State Historic Park



スイス人移民者John Sutterという人が開いたサクラメントで最初の開拓村で、
ここでは昔の開拓者の生活ぶりが再現されています。

そして、Old Sacramentoで自由行動&昼食。



Old Sacramentoというのは、ゴールドラッシュ時代に栄えた町並みが残されている観光地で、
小さなストリートにギフトショップやレストランなどが軒を連ねています。
この街で、お友達と一緒にすごく時代がかった雰囲気のレストランで昼食をとり、
そのあと街を散策してお土産ショップをのぞいたりしました。

そして午後はいよいよCapitol Building(州議会議事堂)へ。



ガイドさんが議事堂の説明をしているとき、娘が突然質問の手を挙げました。

「アーノルド・シュワルツネッガー知事は今ここにいますか?」

一同、失笑。母、汗です。
でも皆が一番知りたい質問かも・・・!

ガイドさん(中年の男性です)、

「それはちょっと言えないなあ。セキュリティ上の理由でね」

と、ウインクで答えてくれました。

このガイドさん、今回の旅行にずっと同行してツアーを仕切っているのですが、
とっても温かみがあり朗らかで、すごく好感の持てる人でした。



ところで肝心のシュワ知事ですが、残念ながら会えませんでした。
今回の旅行で一番楽しみにしていたのに~・・・とても残念です。



彼の執務室の中も見学しましたけど、シュワちゃんと彼の奥様の写真が唯一
彼の存在を感じさせてくれました。



こちら、知事の執務室の入り口。セキュリティの人が立っていて、
その横にいるのは見学の人の列です。

そしてやれやれ、やっとホテルでチェックイン。
1時間ほど各自の部屋で休憩ののち、
またバスに乗ってHard Rock Caféで夕食を取りました。

ホテルに戻り、解散。
でもほとんどの子ども達はホテルのプールに集まってもうひと騒ぎです。
当然ウチの娘もプールへ・・・。
1時間ほど遊んでからようやく部屋に引き上げました。


1泊2日のせいかスケジュールもそれほどタイトではなく、
それぞれの場所をゆっくり見学できてよかったです。

それにしても、どこへ行っても子ども達がもっともエキサイトしていたのは
ギフトショップ。

今回の旅行では、お小遣いを25ドルまでなら持っていっていいことになっていました。
そこで私も娘に25ドルを与えて、自分でお金を管理するように言ったんです。
日本にいる子供たちと違って、自分ひとりで行動することがありませんから、
自分でお金を使うこともあまりありません。
だからお小遣いのやりくりを経験するちょうどいい機会だと思ったわけです。

「いい?2日間で、25ドルだからね。Additionalはないよ。」

「うん、わかった!大丈夫よ」

そんなわけで、娘はギフトショップで何か買い物をするのを
とっても楽しみにしていました。



あれこれ物色している娘。楽しそうです。
私も自分が子どもの頃の修学旅行を思い出してしまいました。

まあそんなこんなで初日は無事終了。

プールのあとは部屋に戻っておフロに入り、
娘は早々に眠ってしまいました。
先生からテレビをつけることは禁止されていたので
他にすることも無く、私も10時には就寝。。。

でも、身体は疲れていたのに神経が高ぶっているのか、
あまりよく眠れませんでした・・・。

-----------------------------------------------------------
初日はこんなふうに無事終了しました。
明日はAmerican riverでGold Panning(砂金採り)です。めざせ一攫千金!?

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

音楽の夕べ ~バンドコンサート2007~

ここベイエリアでは、週末からずっといいお天気でして
気温が上昇し続けています。

いやー、暑い暑い。

たしか先週の今頃は震えるほどの寒さだったはず。
こうも温度変化が激しいと身体にこたえます。

ところで。




先日、夕方から娘の学校でバンドのコンサートがありました。

そろそろ学年末なので、こういった発表会がこのところ頻繁にあります。
このバンドコンサートもその一つで、
学校の課外活動であるバンドに参加している生徒たちの一年間の練習の成果を
親に見てもらおうというわけです。

娘の学校のバンドは、レベルに応じて
Beginning Band(初級)
Intermediate Band(中級)
Advanced Band(上級)
の3つのグループに分かれています。

昨年の9月に4年生になって初めてバンドに参加した娘は
Beginning Bandでフルートを吹いています。




私も最初の頃は早めに迎えに行って練習風景を見ていたのですが、
これが音楽であるとはとても思えない演奏。。。

まあ、メンバーのほぼ全員が生まれて初めての楽器に挑戦しているわけですから
無理もないかもしれません。

娘も、横笛を吹く姿に憧れてフルートを選んだものの音を出すのに苦労して、
さすがに私も困ってしまって1ヶ月ほどプライベートでフルートのレッスンを
受けさせたりしていました。
それは娘だけでなく他のフルートの生徒もご同様です。

もちろん苦労していたのはフルートだけではありません。
トランペットもクラリネットも、
みんなそれぞれ練習では顔を真っ赤にして頑張っていました。

時々1オクターブ高い ピイッ とか プオッ なんて音が出たりして、
頑張りは分かるけど正直聞くほうもちょっと辛かったです。

でもそれがね、このコンサートではずいぶんと進歩してたんですよ、みんな。

もちろんまだまだ覚束ないながらも、
それでも一応音楽になっているではありませんかー!

先生のご苦労やいかに・・・(いや、生徒も頑張ったんだけど)


コンサートでは各バンドごとに「一年間がんばったで賞」が贈られていました。
Beginning Bandがもらったのは、このメダル。




娘も含めてBeginning Bandの生徒たちは
まさかメダルが貰えるなんて思ってもいなかったので、
みんな嬉しさと誇らしさで一杯の様子。

IntermediateとAdvancedの各バンドは、名前入りの盾を貰っていました。
来年もバンドを続けるつもりの娘は、今度はあれがもらえるんだと分かって
ますますヤル気になったみたいです。

コンサートの後半は、Advanced Bandの生徒たちと先生とのコラボレーションで
楽しい音楽の夕べとなりました。
先生は、ピアノはもちろんフルート、クラリネット、トランペットにサクソフォン、
そしてギターと、ありとあらゆる楽器をこなすマルチプレイヤーでして、
もう先生からしてどっぷり生徒と一緒になって楽しんでいる様子。
本当に音楽が好きなんでしょうね。。。

聞いているうちにこっちまでだんだん楽しくなってきて、
なんだかバンドに参加してみたくなりました。

今さらトランペットやフルートを習うのは無謀だけど、
シンバルやトライアングルだったら飛び入りでもなんとかなるんじゃないのー?
なんて密かに思ってるんですけど。だめかしらん?

------------------------------------------------------------
これでますますバンドに熱が入りそうな娘。
お友達と一緒だからなおさら楽しいんでしょう。
でもおかげでピアノのほうはすっかり熱が冷めてしまいました。
ま、気持ちは分からないでもないですけど・・・ネ。

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!


オープン・ハウス 2007

娘の学校のオープン・ハウスに、今年も家族で行ってきました。



オープン・ハウスというのは、いわゆる作品展のようなものなんですけど、
日本の小学校のような授業参観が無い代わりに年に一度、
子ども達のその年度の学業の成果を展示してみんなに見に来てもらおうという
学校あげての一大イベントなんです。




開催は平日の夕方。
この日は夫も仕事を早く切り上げてきて早めの夕食を取り、
まずは娘の教室へと向かいます。

先日の「ミッション・サンノゼ プロジェクト」でもお話ししましたが、
4年生のテーマはカリフォルニアの歴史。
各生徒はゴールドラッシュ、鉄道、ミッションの中から好きなものを選んで
プロジェクトに取り組みました。

教室に入ると、ズラッとならんだ作品たち。
今年はミッションを選んだ生徒が多かったような気がしましたが、
それにしても、いやーホントにすごいンですよ~、力作ぞろいで。



こんなのとか



こんなのとか



こんなのとか



こんなのも。
これはゴールドラッシュの模型ですね。

オープン・ハウスのプロジェクトは毎年どこの家庭でも
それこそ一家総出で取り組むので、

「ここはどうやって作ったの?」
「ああ、これは実はね・・・」

なんて、親同士で盛り上がったりするのも恒例です。

それにしても、他の作品のあまりの凝りように、

「ねえ・・・ウチのミッション、もうちょっと頑張るべきだった?」

と思わず小声で夫に耳打ち。

「いや、あれはあれでいいんだ(キッパリ)」

と夫は言うし、
娘もシンプルな自分のミッションにそれはそれで満足しているようなので
まあいいんですけどね。



ところで娘の教室の片隅には、
こんな風にミッションが常設されているんですよ。

昨年度の4年生の父母が、昨年のオープン・ハウスのために
作ったものなんですけど、ちゃんと木材で出来ていて
それは立派に作ってあるので、取り壊さずに残してあるんです。



この中は、普段は本がたくさん置いてあって
図書コーナーになっているのですが、
今回のオープンハウスのために本を撤去して
(その作業をしたのは私・・・)
かわりに生徒が作ったインディアンのバスケットや
生徒の書いたエッセイなどが展示されています。

そうそう、オープン・ハウスのときに忘れてはならないのが
来年度の学年の展示を見ておくこと。

娘は仲良しのお友達と連れ立って5年生の教室を見に行きました。
もちろん私や夫も一緒に行って、来年度、娘が(夫が、私が、)
取り組むであろうプロジェクトの視察です。

4年生がカリフォルニアの歴史であるのに対し、
5年生は合衆国。
各生徒が好きな州を選んで、その州について調べるのがテーマだったようです。



この生徒は、ハワイ州について調べたようですね。
個人的にハワイが好きなので写真を撮っちゃいました。

夫は

「ウチは何州にする?」

と、早くも心は来年へ。。。


そのあと、娘はお友達とつるんで各学年の各教室を巡り、
昔の担任の先生たちに挨拶して回りました。
そして娘たちの行くあとを、ぞろぞろとついていく保護者の群れ(笑)

本当は親なんか引き連れずに友達同士だけで回りたいような素振りの娘ですが、
やはり学校内とはいえ放っておくわけにもいかないんですよねー、まだ。
もちろん私だって本当は金魚のフンになるのは嫌なのですが、こればっかりはねー。
ま、お互いもう少し辛抱しましょうよ。

------------------------------------------------------------
今年も終わったオープン・ハウス。
これが終わるといよいよ学年末、そして夏休みです・・・
と思いきや、5月には4年生最後のハイライト、
サクラメントへの1泊2日旅行があるんだった~!
付き添いで同行する私にとって、英語漬けの2日間は人生最大の試練かも~(涙)

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ