アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

ミッション・サンノゼ プロジェクト




これ↑ なんだか分かります?

娘の学校のプロジェクトのために作ったんですけどね、
Mission San Jose(ミッション・サンノゼ)という古い教会の模型です。

このあたりの学校では、たいてい4年生になると
カリフォルニアの歴史について詳しく勉強するようになります。

娘の学校では、毎年4月から5月のこの時期に
オープンハウスを行うのですが、それにあわせて今年の2月ごろから
少しづつ準備をすすめてきました。





ミッションというのはカリフォルニアの歴史的建造物で、
平たく言うとスペイン人が建てたカトリックの教会なのですが、
北はソノマあたりから南はサンディエゴまで、
合計21箇所のミッションがあります。
その中からどれか1つを選んで詳しく調べるわけなのですが、
娘はイーストベイのフリーモントにあるミッション・サンノゼ
(Mission San Jose de Guadalupe)を選びました。

実はプロジェクトのテーマはチョイスが3つありまして、
ゴールド・ラッシュ、鉄道、そしてミッション、その中から
どれか一つ好きなものを選択してテーマを決めます。
どれもカリフォルニアの歴史を語る上で重要なテーマですが、
授業の一環として先生の監修の元にレポート作成、
各家庭では模型の作成、そして最終的には授業中にみんなの前で
プレゼンテーションをすることになっています。

つまりクラスメイトのプレゼンテーションを見ることで
生徒は自分が選ばなかったテーマについても
知ることができるというわけなんですね。

(娘がプレゼンテーション用に作った原稿を元にした
ミッションについての簡単な説明を、この記事の最後に
載せてありますので、興味のある方はご覧下さいませ)





左側が教会で、右側が住居部分なのですが、
現在はミュージアムになっています。

毎年多くの学生がこのミッションの模型作りに苦労しているわけなのですが、
我が家も夫がインターネットで経験者の記録を調べたり、
私も娘を連れて現地に飛んだりして(大げさ)
毎年のことなのですがこのオープンハウスのプロジェクトは
家族の一大プロジェクトであります。

模型作りといっても、
正直なところ私はどこから手をつけていいのか
見当もつかなかったのですが、
今回は夫が頑張ってくれたので大助かりでした。





娘が一番楽しんでいたのが、最後の飾りつけ(?)作業。
柵をつけたり木を植えたり、コーン畑まで・・・。

こういう小道具は全てマイケルズというクラフトショップで売っています。





実を言うとマイケルズでは、簡単に作れる模型キットなんかも
各ミッションごとに売られているのですが、
学校ではキットの使用は禁止になっているので(やっぱりね)
仕方なく一から手作りというわけです。





これが娘の作成したレポート。
ワードでタイプして、レポートカバーというものにキチンとはさんで
提出します。

それでは娘のプレゼンテーション原稿をもとに、
ミッションについて簡単に解説しますね。

続きを読む »

工場見学:TOYOTAの車の作り方

この一週間、娘の学校は春休みでした。

特に旅行などには行きませんでしたが、
学校のプロジェクトにとりかかったり
お友達とのプレイデートの予定を入れたりして、
通常通り仕事に出かける夫を尻目にのんびりモード。

そんななか、
せっかく平日に学校がお休みなのだからということで
こんな予定も入れてみました。
それは、

NUMMIの工場見学



NUMMI(New United Motor Manufacturing Inc.,)というのは
トヨタ自動車ゼネラルモータースが合弁で設立した会社です。
詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ(Wikipedia「NUMMI」へリンク)

この工場では現在、Toyota Tacomaというピックアップトラック、
Toyota Corolla、そしてPontiac Vibeの三車種を製造しています。

その工場内を一般の人が見学できるツアーがありまして(予約制)、
それに娘を連れて行ってきました。

ツアーや予約についてのリンクは最後にまとめておきましたので
興味のある方はそちらを参照してくださいね。

カメラの持ち込みは厳禁されてましたので残念ながら写真はありませんが、
特に車に興味の無い私や娘にもなかなか興味深いツアーでしたよ。

まず最初はNUMMIの会社についてのビデオを見ます。

TOYOTAとGMの合弁についてのいきさつや生産方式、
また地域社会への貢献や従業員の声といったPRなどなどですが、
なんだかそのビデオをみただけでTOYOTAで働きたくなっちゃうから不思議。

ビデオのあとはいよいよ工場見学です。

プラスティックのメガネをかけて、指示されたとおり
グリーンにペイントされた歩道の上をあるいてトラムに乗り込みます。

スチールから型押しされたばかりの部品が山積みになっていたり、
それを運ぶフォークリフトが忙しく行きかったり。
また、トラムに乗る私たちの頭上を、製造途中の車が
ベルトコンベアで運ばれていったりと、
見るもの見るもの珍しいものばかり。

流れ作業の工程の合間を、私たちツアーのトラムが進みます。

各工程にはもちろん働いている人たちがたくさんいるのですが、
私たちのトラムに明るく手を振ってくれます。
ある人は、・・・たぶん彼の持っていたのはカローラのバンパー部分
だと思うのですが、トラムから身を乗り出す娘にもよく見えるようにと
部品をちょっと持ち上げて見せてくれたりして、
仕事中なのに優しいなあ、と感謝感謝であります。

工程のなかには、ロボットが働いている部分もあります。
もちろん人がそばについていますけど。
溶接作業もそんなロボット作業の工程のひとつです。

ここはものすごい火花が大量に飛び散っているところ。
ずらっとならんだ溶接ロボットたちのすぐ近くを
ツアーのトラムが進みます。
もちろん、火花が届かないように配慮されてはいますけど、
それでも思わずのけぞって避けてしまうほど。
おまけにすごい煙と匂いなんです。
なかなかの迫力でしたね。

他にも、最初は車のシャーシだけの状態だったのが
エンジンがのったりボディやタイヤがついたりといった工程を、
事細かく順番に見られるわけではありませんが
なんとなく目で追っていくことができます。

「見て!あそこで今、エンジンをつけてる!」
「前半分のボディがついたよ!」
そして
「ホラ!あそこでシートをつけてるよ!もうすぐ完成だね!」

なんてことを娘に(えらそうに)解説しながら見学するのも
楽しかったです。
夫がいればもう少し詳しく説明してあげられたのかも。。。


さて、NUMMIのツアーについてですが、
平日の午前中、10時ごろから始まって1時間半程度です。
もちろん無料。
ただし子供は10歳以上からとなっています。

娘はこの夏に10歳になるので厳密にいえばダメなのですが、
特に年齢を確認されることはありませんでした。
ただ、内容的なことを考えると、この年齢以下の子どもが参加しても
あまり興味を持ちにくいかもしれません。
もちろん安全上の配慮もあるでしょうが、
この年齢制限にはそのあたりも考えられている気がしました。

**************
New United Motor Manufacturing, Inc. (NUMMI)
45500 Fremont Blvd.,
Fremont, CA 94538
(Directions/Mapはこちらをクリック)

NUMMIのホームページはこちら
見学ツアーについてはこちらからどうぞ。(Public tour reservations)
**************

ツアー終了後、娘に感想を聞いたら
「楽しかった!また来たい!」
とのこと。

私にとっても楽しいツアーだったのですが、
英語での説明だったので十分な理解とは言えず、
あと2~3回は来て見たいところです。

・・・次は夫も誘ってあげようっと。

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

「ふと、×××をした」

今日から我が家の娘は日本語補習校の4年生になりました。
いやあ、早いモンです。
ついこの間1年生だったのにもう4年生だなんて。
このペースで行くと来年あたりには卒業してしまいそうです。


さて、4年生初日の今日ですが、
早速宿題を持って帰ってきました。

補習校の宿題は、毎度毎度コトバの説明が大変なのですが、
今日は久しぶりに途方に暮れてしまいました。

それは、国語の教科書ワークで出題された

<ふと>という言葉を使って短い文を作ろう

という問題です

ワークには

<ふと>:何の気なしに

という簡単な言葉の説明があるのですが、
娘の場合、この

「何の気なしに」

という言葉自体が既に分からないんですね・・・(汗)


「<ふと>ってさあ、ほら、<ふと、思いついた>とか
<ふと、立ち止まった>とか言うじゃない?」


とか、

「何も考えないでするってことだよ」

なんて言ってみるのですが、
娘の頭の上には大きく<はてなマーク>が出るばかり。


<ふと> とか <何気なく> という言葉って
感覚的なものなので、この感覚を説明するのは非常に難しいんです。

この感覚、英語ではなんて言うんだろうと思って
パソコンの英和辞典で調べてみたら

〔突然〕suddenly;〔偶然〕by chance;〔不意に〕unexpectedly


なんて書いてありました。

この中で一番近いのはunexpectedlyかなあと思い、
ためしに娘にこのunexpectedlyを使って英文で短文を書かせてみることに。

すると

The trip was canceled unexpectedly.

うーん、、、

確かにunexpectedlyの使い方としては悪くないけど
日本語の<ふと>ではないような。


結局、宿題の<ふと>の例文は

「ふと、ドアを見ました」

という無難な線でまとめることにしたのですが、
まだやはり<ふと>の使い方を完璧に理解したとは言えなさそう。。。

<ふと>だけではなく、
<つい> とか <ほんの>なんていう言葉も、
私たちはそれこそ何の気なしに使ってますが、
娘に説明するのは手ごわそう。
悪戦苦闘の匂いがプンプンします。

他にも、今まで我が家ではノーマークだった「ことわざ」なんかが
出てきたりして、さらに困ってます。
今までは漢字にばかり意識がいってましたが、
これからはもっと広範囲な知識が必要になってくるのですね。

これを一つ一つ教えるのか。。。(目眩)

なんというか、いきなり前途多難な4年生の国語の宿題なのでした。

-----------------------------------------------------------------
幼いころから本の読み聞かせをさんざんしてきたつもりだったのですが、
やはりなんとなく読むだけでは語彙の習得にはならないんですね。
これからは読み聞かせにも語彙を増やす工夫が必要だなと思い知らされました。
はああ。。。
人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

初めてのトロフィー




またしてもご無沙汰の更新になってしまいましたねー。

正直、私の心の中では常に更新されているのですが、
時間が無いんだったら無いなりに、
短く簡潔に要領よく記事を書けばいいものを
ついつい長々と書いてしまうので
ついついおっくうで筆不精になってしまうという悪循環。

よし!

これからは「簡潔で短いブログ」を目指して頑張ります!

・・とかいって、もうこんなに無駄話をしてますが。。。


ところで冒頭の写真は、娘が初めてもらったトロフィー。
(なんか、ごちゃごちゃしたところに乗っかっちゃってますが。)

ちゃんと、娘の名前入りです。(名前は消してあります)

といっても、別に何かで優勝したってワケではありません。
娘が長いこと通っているスイミング・スクールでもらいました。

水に顔をつけることから始まって、
バタ足、面かぶりクロール、アームストローク(クロール)、
エレメンタリー・バックストローク、
レーシング・バックストローク(背泳ぎ)、
ブレスト・ストローク(平泳ぎ)、
サイド・ストローク(いわゆるイカ泳ぎ)、
そしてバタフライとフリップ・ターン・・・

これら全ての泳法を一応ひと通り習得しました、
という終了記念のトロフィーであります。


いやあ、ここまで長かった。

初めてこのスクールでスイム・レッスンを始めたのが
娘が3歳半のとき。
初めて水に顔をつけるまでに、3ヶ月かかりましたよ。

あれから足掛け6年。。。

ずーっと続けていたわけではなく、
学校の宿題が大変で余裕が無かった時期には
半年、数ヶ月とお休みしていたこともありました。

でも、「またスイミングに通いたい」という
本人の希望もあって、復活すること数度。

そしてやっとこの度、めでたくレギュラークラスを
「卒業」できたわけです。

娘も、特にこの半年ほどはこのトロフィーを目当てに
頑張ってきただけあって、とても嬉しそう。

それに、泳げない母と同じ人生を歩ませてはいけないと
私も必死だっただけに、こちらも感無量。
(私、カナヅチなんです)

今では海やプールで、まさに「水を得た魚」のように
生き生きと泳ぎ回っている娘をみると羨ましい限りです。


ところで「レギュラークラス」を卒業した娘、
今は「ストローク・トレーニング」のクラスに入って、
ひたすら泳いでいます。



泳ぐ、泳ぐ、泳ぐ 




こちらは、背泳ぎだけど腕を上に伸ばした状態で
泳いでいるところ。足にはフィンを履いています。

手前が娘なのですが。。。腕が伸びてないよー。
でも、この体勢で泳ぐのはやっぱり難しいんでしょうね、
私にはとてもマネ出来ましぇん。


この「ストローク・トレーニング」のクラスは、
レギュラークラスを卒業した子が受けられるクラスで、
地元のスイムチームに入っている子も結構いるそう。

「興味があったら、連絡先を教えますよ」

なんて言われたのですが、今のところ入る予定はありません。
あとはもう、健康のため、体力向上のために
楽しく続けてくれればいいと思っている次第です。

・ ・・というか、
これ以上忙しくしてどうするのー?
というのが正直なところ。

「私もスイム・チームに入りたい」 

なんて、お願いだから言い出さないでよね・・・

------------------------------------------------------------
やっぱり長くなってしまいましたね。。。
短く簡潔に、ってやはり難しいです~ 

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ