アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

Jack-o-Lanternの作り方

今日はハロウィンで学校は半日授業でした。
そこで今日の午後は、娘と一緒に毎年恒例のJack-o-Lantern
(カボチャのランタン)作りをしました。

ご存知の方も多いことと思いますが、ここで簡単に
Jack-o-Lanternの作り方をご紹介しますね。

1:包丁でカボチャの頭の部分を切り取る



上部ではなく、見た目をよくするため底の部分を切り取る人もいるようですが、
作業のしやすさから我が家ではいつも料理用の包丁でグサグサと
切り取っています。
切り取った部分はあとでフタにするので とって置きます。 

2:カボチャの中身をかき出す



お玉などを使って、カボチャの中のタネやスジをかき出します。
タネは、オーブンなどで焼くとおつまみになるそうですよ。
私は友人宅でちょっとだけ食べたことがありますが・・・味は忘れました(汗)
ウチのハムちゃんなら喜んで食べてくれるかな。

3:鉛筆などで薄く輪郭をかき、目、鼻、口をくりぬく



カービング用の細いのこぎりのようなツールが市販されているので
それを使うと簡単です。なければカッターなどでも代用できそう。
手を切らないように注意してくださいね。

4:顔をくりぬいたら、フタをかぶせて出来上がり~!



マユ毛が太いのが我が家の特徴。

所要時間は約1時間でした。
以前は張り切って数日前に作っていたのですが、
あまり早く作りすぎると お天気によっては腐ってしまったり、
いやらしいスネイルが内部に入り込んでいたりして気味の悪い思いをするので、
最近ではすっかり当日のやっつけ仕事になってしまったランタン作りです。

そして夜になり、キャンドルを灯すと・・・





なんとなく それっぽいでしょ?
そして今年もハロウィンの夜は更けてゆくのでした・・・。

------------------------------------------------------------
ちょっとマヌケな我が家のJack-o-Lanternだけど、それもご愛嬌です 

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

サマータイム終了・・・体内時計、調整中

先週末、今年もサマータイムが終了し、通常時間にもどりました。 


10月にもなると 朝の7時ごろでもまだ外は薄暗く、 
眠さに追い討ちを掛けるような寒ーい気分になったものですが、
今の朝7時はサマータイムだと8時だった時間。
1時間遅くなったことで ちょっと気分的にラクなのです。

でも、サマータイムに切り替わったときのエントリーでも書いたのですが
この「たった1時間」の時差に慣れるまでには
意外と時間がかかるのです。

私は時計よりもむしろ外の明るさ、太陽の角度の加減などで
時を知るタイプなので、この切り替え時期には何かしら事件が起きています。 

そういえば今朝、娘がいつものように
「マミー!もう6時半だよっ、起きる時間だよ!」
といいながら、私のベッドに飛び込んできました。

朝の弱い私は(低血圧なんです)こうしていつも娘に起こされているのですが、
今日はいつにも増して朝が早く来てしまった感じ。

「・・・・・・・。」

混濁する頭を持ち上げて時計をよくよく見ると、

「ねえ・・・まだ5時半なんだけど・・・」

娘はあれ?といいながら笑いで誤魔化し、
「じゃあ自分のお布団でもう一回寝る」
といって去っていきました。

頼むよ・・・。


とはいえ、そういう私も
去年は学校のお迎え時間を間違えて、娘に待ちぼうけを食わせてしまったっけね。
だからお互い様ということで 今日のことは勘弁してあげるわ・・・。
(起こしてもらうのに何でこんな偉そうよ?)

------------------------------------------------------------
慣れるまで1~2週間はかかるサマータイムの切り替え。
今年はドジを踏まないといいのですが 
本日も応援クリックよろしくお願いします

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

ボンファンテで一足早いTrick or Treat!

週末、家族でBonfante Gardensに行ってきました。



ハロウィーン直前の週末ということで、
行く前にBonfante Gardensのサイトをチェックしてみたのですが、
やっぱり!
土曜と日曜の午後2時から4時まで、
パーク内の9つのポイントで子ども達がTrick or Treatできるイベントを
やっているそうなのです。

これはぜひともコスチュームを持っていかなくては!
と、大張り切りの娘。

今年の彼女の衣装は、長年密かに興味をもっていたポカホンタス
毎年、コスチュームを決めるときには
必ず候補に挙がっていたポカホンタスですが、
いつも最終的にはヒラヒラお姫様ドレスに軍配が上がっていました。
でも今年こそ絶対ポカホンタスになる!と張り切っていたわけです。



ポカホンタスはいつも足を肩幅に開いて立つのだとか。
もうすっかり成りきってます。
それにしてもホラ、
こうして髪をお下げにすると、肌の色といい髪の色といい、
ヒラヒラ系プリンセスより よっぽど違和感がないみたい・・・。

2時になると同時に、Trick or Treatポイントに
わらわらと子ども達が集まってきて、あっという間に
お菓子をもらうための行列ができました。

子ども達は、コスチュームを着ている子もいれば
着ていない普段着のままの子もいましたが、
キャンディを配る大人は・・・



やっぱり仮装してました。
さすがアメリカ人。そうこなくっちゃね。



9箇所全部のTrick or Treatポイントを回り、
一足早いハロウィーン気分を満喫したひとときなのでした。


------------------------------------------------------------
ハロウィーンは明日が本番。長い夜になりそう・・・
本日も応援クリックよろしくお願いしますネ

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

初めてのAdults’ Areaで・・・!?

・・・なんだかいきなり意味深なタイトルになってしまいましたが、
娘のState Parks Projectのための文献を探しに
市のMain Libraryに出かけたときのお話であります。



今までもGreat American Biography Projectなどさまざまな課題で
さんざん図書館にはお世話になっているわけですが、
今回 探し出さなくてはいけないのは
Del Norte Coast Redwoods State Park
について書かれた本。

「そんなの、子供のコーナーにあるかな・・・。」

今までのプロジェクトで必要だった伝記や図鑑などとは
ちょっと毛色がちがい、どちらかというとガイドブック的な
本ではないかと思うわけです。

でも娘は、
「大丈夫、インフォメーションで聞いてみるから!」と、いつになく自信満々。

前回 図書館を利用したときにも、
娘には自分でインフォメーションの人に尋ねるようにさせたのですが、
あの時は
「え・・・じぶんで?」
みたいなところがあったのに、
今回はどうしたことか、やけに落ち着き払った様子。

図書館のいつものお馴染みChildren’s Areaに入ると、
さっそくインフォメーションカウンターに直行する娘。
私は後ろで見ていたのですが、ちゃんと自分で係りの人に
聞いているみたいです。

係りの人は、コンピュータでカタカタと調べてくれたのですが、
どうやら私の思ったとおり、Children’s Areaに該当する本はない模様。

でも、
Adults’ Areaに行けば、Del Norte Coast Redwoods State Parkについて
載っていそうな本があるわよ」
といって本のタイトルと分類番号をメモした紙を渡してくれました。

Adults’ Areaには行ったことがある?そこの階段を上ってね、
真ん中の通路を通って左側を見ると、Nonfiction Areaがあるからね、
そこにいって、この番号の書いてある棚を探すのよ。
マミーについてってもらってね。大丈夫?わかるわね?それじゃGood Luck!

というわけで、娘は初めてChildren’s Areaを離れ、
建物の2階にあるAdults’ Areaに足を踏み入れることになったのです。


初めてやってきたAdults’ Area。
言われたとおり、真ん中の通路を通りながら左側を見ると
確かにありました、Nonfiction Areaのサインが。

もらったメモに書いてある分類番号を手がかりに、
目的の棚を捜します。

メモにリストされているのは3冊。
そのうち1冊は700番台で、あとの2冊は900番台。

本は「719-014」というように3桁-3桁の数字で分類されており、
整然と管理されています。



なんだかオリエンテーリングみたいな気分になってきました。

「ええっと・・・719-011・・・719-012・・・719-013・・・」
娘と二人、手分けして捜します。

「あ、あったあった!」



無事に3冊べてを見つけることができたのですが、、
中身を見てみるとDel Norte Coast Redwoods State Parkについて
書かれていたのは そのうちの1冊だけでした。

でも娘によると1冊あればOKということなので、
めでたく目的を達成することができたというわけです。
よかったよかった。

ついでに やっぱりChildren’s Areaに舞い戻って
物語の本も何冊か借りることにした娘。
しばらくお馴染みのコーナーで時を過ごしてから
家路につきました。

どうもお疲れさま~。


------------------------------------------------------------
初めてのAdults' Areaでの本探し、
ちょっとしたアクティビティ気分で なんだか楽しかったです。
本日も応援クリックよろしくお願いします

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

“California State Parks” Project

10月も下旬に入り、娘はいま学校で新しいプロジェクトに取り組んでいます。

4年生では年間を通じてさまざまな角度からカリフォルニアについて
勉強することになっているのですが、このプロジェクトもその一つ。
カリフォルニアのState Parksについて調べることになっています。

最初、「Parks Project」と聞いたときには、
ヨセミテとかセコイアとかデスバレーとか、
カリフォルニアだけでなくアメリカを代表するNational Parksについて
調べるのだと思っていたのですが、
そうではなくてもうちょっと身近なカリフォルニアのState Parks
についてだったんですね。

カリフォルニアにはState Parksがたくさんあります。
我が家でおなじみなのは”Big Basin Redwood”でして、
最近はご無沙汰ですが 昔はよくキャンプに行ってました。
Big Basinはシリコンバレーから1時間余り、あんなに近いのに
まるで別世界のような気持ちのいいところです。

さて そのプロジェクトですが、生徒がそれぞれ違ったState Parkを選び、
そこについてリポート作成&プレゼンテーションを行うとのこと。

まずは自分が選んだState Parkについて書かれた本や
インターネットで調べた情報をプリントアウトし、
今度の月曜日に学校へもって行くことになっているそうです。

娘が選んだState Parkは

Del Norte Coast Redwoods State Park

というところ。

Del Norte Coast Redwoods State Park

「どこなの~、それ?」
と思わず聞き返してしまいましたが、
我が家では行ったこともなければ聞いたこともないという場所。

「何でそこに決めたの?」
と聞くと、
「・・・なんとなく いいかなーと思って。」 

別に行ったことがない場所でもいいんだそうで、
娘のことだからきっと名前の雰囲気がいいとかとかなんとかで
あてずっぽうに決めたんだろうなあ。

というわけで、さっそくインターネットで調べてみると、
このDel Norte Coast Redwoods State Park、ずいぶん北に位置しています。
Redwood National Parkよりさらに北、
というか ほとんどオレゴンとの州境・・・。
サンフランシスコからでも ざっと6~7時間はかかりそうです。

これじゃあ
「ちょっくら週末にでも現地に行ってみよっか」
などと気軽に出かけられる場所じゃないですね。

でもまあ、別に現地に行く必要もなさそうなので
とりあえず気を取り直して、
今度は娘と図書館へ本を探しに出かけることにしました。

月曜日までに、本を1冊か2冊、
インターネットで調べたプリントアウトを幾つか
(これはもう学校でURLを調べてあるそうです)
を持っていかないといけないとの事。

それを、あの子ったら今日になって突然言うんだもの・・・。

娘は最近なんだかんだと忙しく、
平日は月曜から金曜まで何かしら習い事が入っています。
それ以外にも週に2日はバンドの練習があるし、
土曜日は補習校だし。
(おまけに日曜日は図書館もお休みなのです!)

でも、たまたま今日は先生の都合でクラスがキャンセルになり、
ポッカリ空いたなーんにも予定のない日だったんです。
だからゆっくりインターネットを見たり図書館に行ったりできたのですが、
今日を逃せばハッキリ言って図書館にいく時間なんて
かな~り無理をしないと作れない状況でした。

それなのに、学校帰りの車の中
「プレイデートの約束もないなんてツマンナイ!」
とご立腹だった娘。

良かったよ~、誰とも約束してなくて・・・。
遊んでる場合じゃなかったでしょ~がっ。
自分の宿題なんだからさ、もちっとしっかりしておくれよ・・・!


------------------------------------------------------------
何だかんだ言っても まだまだ頼りない娘。
いつになったら自覚がでるのでしょうか・・・。
本日も応援クリックよろしくお願いしますネ

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

BUILD A BEARでお誕生会!

BUILD A BEAR WORKSHOP

この週末、娘はお誕生会にお招ばれしてきました。
何日も前からこの日を楽しみにしていた娘。
お誕生日を迎えるのが 娘の幼馴染であり
一番の親友でもあるMちゃんだから、というのももちろんなのですが、
パーティ会場はなんと娘の大好きなBUILD A BEAR WORKSHOP
なんです。

モールの一角にあるこのお店、いつも子ども達でに賑わってます。
ご存知の方も多いかと思いますが簡単にご説明しますと、
好きなぬいぐるみの皮に自分でスタッフィングをして
自分のぬいぐるみが作れちゃうというお店なんです。

ANIMALS

こんな風にいろいろな人形のチョイスがありまして、


人形のお洋服

さらにはこんなにたくさんのコスチュームまで。

自分で選んだ好きなぬいぐるみを自分で作って、
さらには好きなお洋服まで着せられるという、
こういうのが大好きな女の子には垂涎モノの
魅力的なお店なのであります。


ウチの娘もじつは1度だけここでお人形を作ったことがありまして、
とーっても大事にしています。
また、その後もお小遣いを貯めては着替えのお洋服だの小物だのを
ちょっとずつ買い足しているんですね。
結構お小遣いをつぎ込んでます、彼女。

ま、それはいいとして。。。

このお店では週末になるとパースデーパーティのお客さんで
いっぱいなのは知ってましたが、娘がお招ばれしたのは初めて。
ということで、今回は簡単にパーティの流れをご紹介します。
写真は、どうしても子ども達の顔が写ってしまうので
ちょっと加工してみました。見にくかったらごめんなさい。
楽しい雰囲気だけでも伝わるといいのですが。



まずは担当のお姉さんが来て、子ども達に
自分のぬいぐるみを選ぶようにいいます。
そして、それを持ってみんなで行進。
スタッフィングの機械の前に集まって、いよいよ
ぬいぐるみ作りが始まります。




最初にBirthday Girlがスタッフィング。
みんな大声で掛け声をかけます。そしてその間に
待っている子達が犬のぬいぐるみを回して順番を決めます。
スタッフィングが終わってお姉さんが
「Stop!」
と言ったときに犬のぬいぐるみを持っていた子が次の番、
というわけです。
(Hot potatoならぬHot Dogですね。)




全員のぬいぐるみが詰め終わったところで
お姉さんが子ども達に小さなハートを2つ配ってくれます。
そしてみんなでこのハートに想いを込め・・・




1つのハートはBirthday Girlのぬいぐるみの中へ。
残る一つは自分のぬいぐるみの中へ入れます。
つまりBirthday Girlのぬいぐるみの中には、
今日来てくれたお友達全員の想いのこもったハートが入るわけです。
なんだか可愛いですね。




無事ハートが入ったら、お姉さんが背中を縫い合わせてくれます。




そして、空気のシャワーでぬいぐるみをきれいにしたら出来上がり!
最後はもちろん全員で 出来上がったぬいぐるみと一緒に記念撮影です。
出来上がったぬいぐるみはそれぞれの子ども達がお持ち帰り。
これで十分Goody-bag要らずです。


Birth certificate

こんなふうにぬいぐるみのBirth Certificateももらえるんですよ。


inu

そしてこれが今回娘が作ったぬいぐるみ。
家に帰ってからも寝るまで
「今日は楽しかった~」
とずーっと言い続けていました。
ホント、よかったね!

---------------------------------------------------------
娘だけでなく私も楽しめたお誕生会。
招待してくれたお友達に大感謝!です。

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

胃が痛いParent Teacher Conference

今週、娘の学校はなんと登校日が月曜のみというスペシャルウィークです。
というのも、火曜日と水曜日はParent Teacher Conferenceでお休み、
そして木曜日と金曜日はTeacher In-serviceというのでまたお休み。

なんと平日なのに4日間も学校に行かないなんて、
こんなことあってもいいのかなーと思ってしまうほど。

しかも、月曜日にはおそらく4日分の宿題をたんまり持ち帰るだろうとの予想に反して、
No Homework! 

「え、本当に?!」
と思わず何度も娘に聞き返してしまいましたが、
本当にないんだとか。
まあ私の宿題ではないので ドウでも良いといえばいいんだけど・・・。

そんな、娘にとっては神様からの贈り物のような4日間ですが
その初日に先生とのカンファレンスがありました。

実は私、この毎年2回行われる学校の先生とのカンファレンスには
深―いトラウマがあるんですね・・・。

忘れもしない、娘がキンダーになって初めてのカンファレンス。
夫と二人、なんの心構えも心配事もなく 
きわめて能天気に先生のもとを訪れた私たち夫婦でしたが、
そこで先生から厳しく指摘された娘の危うい英語力と学習の遅れ。

「まだキンダーだし」という気楽さと
「うちの子は出来るはず」という親バカ的思い込みから
何の危機感も持っていなかった私なので、
まさかそこまで深刻な状況とは思っても見なかったのです。

カンファレンス終了後、
あまりのショックに茫然自失、
フラフラしながらやっとの思いで車にたどり着き、
家までの帰り道は夫婦ともに無言でした。

あれから4年。

1stや2ndあたりまでは、カンファレンスのたびに
「読解力不足」などの指導的コメントがあったものですが、
3rdあたりからようやくそれも少なくなり、
「特に何も心配なことはありませんよ」
とまで言ってもらえるほどになりました。

それでもやっぱり あの初めてのカンファレンスでの
頭をハンマーで殴られたかのようなショックはなかなか忘れられず、
以後カンファレンスのたびに なぜか始まる前から胃が痛くなってしまうほど。
「何かとんでもないことを言われるかもしれない」
と、つい身構えてしまうんですね。
ホント、トラウマになってます。

で、今回のカンファレンス。

一通り、各教科における娘の成績を見せてもらい、
「何も心配ありません」と、涙が出るほどホッとする先生のお言葉。

3rdあたりまではチラホラ起きていたお友達とのちょっとしたイザコザも
みな成長したせいか ほとんどなく、
「お友達も多くて社交的」というのが先生の所感。

昨年のカンファレンスでは、成績の話だけでなく
これから行われるプロジェクトについての説明があったりして、
英語の苦手な私としては やはり強いプレッシャーを感じていたわけなのですが、
4年生ともなると親の出る幕ではないのか、今年はそれもなし。


ああ、よかったよ~・・・(涙)


でも、よかったはよかったのですが今度は逆に話すこともなくなってしまい、
「何か心配事や質問はありますか」
などと言われても今さら特に思いつくこともなく、夫と顔を見合わせる始末。

そうなると20分の割り当て時間も持たないほどで、
結局なんとか間を持たせるような雑談を先生と交わしたのち
(この雑談というのも大事なコミュニケーションとは分かってますが)
あっけなく15分ほどで終了した今年のカンファレンスなのでした。

でも、やっぱり次回のカンファレンスもきっと、
始まる直前まで胃が痛いんだろうな・・・。
これって娘が大学に入るまで続くんでしょうか 

---------------------------------------------------------
そんなわけで、今週は娘のちょっとした秋休み。
おかげで私の日常のスケジュールはガラガラと崩れてゆくのでした

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

娘とインターネット、我が家のお約束

さてさて、このたびめでたく高速インターネットを導入し、
ようやく人並みのネット環境を手に入れた我が家。

とーーーっても快適

私だけでなく、先日のエントリーでもちょっと触れましたが
実は我が家で一番のヘビーユーザである娘も
さっそく快適ネットサーフィンをエンジョイしている模様。

ところで、我が家では娘がインターネットを使うにあたり
いくつかのお約束を設けています。

お約束その1: 時間
今まではLoadingに時間がかかるのが分かっていたため
何分、とはハッキリ決めていなかったのですが、
「もうおしまいね」といわれたらすぐにやめることがお約束でありました。
でもこれからはサクサク動くので 15分なり20分なりと明確な時間制限を
設けようかと思っております。


お約束その2: どんなサイトを閲覧するか
娘は、すでにお気に入りに登録されているサイトのみ
自由に行っていいことになっています。
お友達から聞いた新しいサイトを見たいときには
その都度 私も一緒に見てコンテンツが子供にふさわしいかを判断し、
お気に入りに追加するかどうかを決めます。


お約束その3: 勝手にユーザー登録をしない
よく、子供向けのコンテンツであっても
ゲームなりなんなりをする際にユーザー登録が必要となるコンテンツがあります。
うっかり目をはなしていると、子供はなんの警戒心もなく
要求されるままに名前や生年月日、メールアドレスはおろか
実際の住所や電話番号まで入力してしまうかもしれません。
そんなわけで、娘には決してプライベートな情報を入力しないこと、
また個人情報がどんなに大事かということを何か機会のあるごとに
繰り返し伝えるようにしています。


お約束その4: 勝手にGoogleを使わない
じつはこれが一番気をつけなければならないと思っていることです。
すでに学校でGoogleの使い方を習っている娘ですが、
私か夫が一緒でなければ勝手にGoogleを使ってはいけない、
という約束を徹底しています。
なぜかというと、子供がどんなに無邪気なキーワードを入れたとしても
その検索結果には子供にふさわしくないものが含まれている可能性が
あるからです。
そんなわけで、宿題などで何かを検索する必要があるときには
必ず親と一緒にというのが我が家のお約束であります。


この先 娘が高学年になるにつれ、学校の宿題などで
ますますインターネットを使う機会が増えてくると思いますし、
それにつれて新たなお約束も増えるかもしれませんが、
いまのところ、この4つのお約束で 娘のインターネット利用も
うまくコントロールできているようです。


「マミーは毎日インターネットしてる」 

と、最近娘に非難がましい目で見られている私ですが、
親も子も 上手につきあっていきたいものですね・・・。


---------------------------------------------------------
それにしても、ネットのおかげで本当に便利な世の中になりました。
この便利さ、快適さ。もう後へは戻れません~ 

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

我が家のルネッサンス、今どき遅いって?

この週末、我が家で画期的な技術革新がありました。
なにかというと、それは・・・

祝!高速インターネット導入!

なのであります。

なにを今さら?
と思われる方も多いとは思いますが・・・

我が家ときたら
夫はコンピュータエンジニア、妻はブロガーであるにもかかわらず
自宅のインターネット環境はダイアルアップ接続で、
コンテンツがLoadingされるのをジリジリしながら
辛抱強く待っていたわけです。

他の方のブログを見るにしても
写真がいっぱい載っている素敵なコンテンツは
開くのに異常に時間がかかり、
また 友人がメールで画像データを送ってくれようものなら
それを受信するために他の作業が一切ストップ、
ということも日常茶飯事でした。

オマケにインターネット接続中は家の電話も使えないし。

でもこれで やっと念願の高速インターネットに変わり、
夢のようなネットライフを送れるようになりました。
どんなページを開いてもサクサク。
あまりの速さに
「今までの遅さはなんだったの」
と怒りすら覚えます。

でも、我が家のこのささやかなルネッサンスの恩恵を一番受けるのは
じつは私ではなく娘。

娘は3rdの頃から少しづつ学校でもインターネットを使うようになり、
学校でもインターネットで情報を検索するような課題をだされたりしています。
また、お友達同士でも子供向けの楽しいサイトについて情報交換をしているようで、
娘のお気に入りには「American Girl」とか「My little pony」とか「Tamagocchi」などの
キャラクター関連のウェブサイトがいくつか登録されています。

でも、子供向けのコンテンツというのは 普段私が閲覧している
ニュースだのブログだのに比べると遥かに膨大な情報量なんですね。
なんせ画像あり動画ありの魅力あふれる凝りに凝ったサイトなわけで、
ページを開いてそれらの情報をLoadingするだけでも
かるく5分や10分かかったりしているのです。

娘が「インターネット使っていい?」というときは
必ず「○時までね」と時間制限をしているのですが、
おそらくその限られた時間の半分以上はLoadingに費やされている、
といっても過言ではないかもしれません。

そんな娘に、
「ほら、今度からインターネットがこんなに早くなったんだよ!」
と、試しに娘のお気に入りに登録されていたBarbieのサイトを開いたところ、
たちまちBarbieが現れて音楽とともに踊りだすのを見た娘は
「・・・・・!」
と目を見開いて絶句。

今までも何度かこのサイトに来たことはあっても、
こんな歌や踊りを見たことはなかったそうな。
「初めてみた・・・!」
と感動している娘。

いままで不憫な思いをさせてゴメンよ。
これからは母娘でサクサク ネットサーフィンを楽しもうね。

---------------------------------------------------------
そんなわけで、格段に早くなったネットライフを満喫している私。
夫いわく「これが世間では普通なんだよ」・・・。
やっと人並みの環境を手に入れた私に応援クリックお願いします

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

娘の学校に不審者が・・・

昨日のお迎え時、娘が私の顔を見るなり
興奮したようにしきりと何かを説明しようとしていました。

「今日ね、×××がね、×××が・・・!」

こういう時、娘は早口の英語でまくし立てるので
私には何がなにやらサッパリ不明。

あれこれと問いただしていると、
娘はバックパックからなにやらレターを引っ張り出して
私に渡すのです。

見ると、それは学校の全校生徒の保護者に宛てた、
Principalからのレターでした。

それによると、
この日、4年生と5年生の休み時間に
不審な男が学校の校庭付近をうろついていたとの事。
男は 学校のサッカーフィールドの向こう側にある
貨物列車の線路のあたりにいたようなのですが、
なにやら罰当たりな言葉を叫びながら近づいてきたそうなのです。

ヤードでいつも待機している学校のスタッフが気づき、
すぐに生徒たちをその場から遠ざけ、
ラインナップさせて教室内に誘導し、
さらに校長や他の先生、また学校の警備担当者に知らせたそうです。
もちろん警察にも報告されたとの事。

そういった出来事がありましたとの報告のレターだったわけです。

その男が直接、生徒に話しかけたということはなかったそうなのですが、
きっと動揺した子もいたかもしれません。

まさしく4年生である娘は、幸いなことにその休み時間中も
サッカーフィールドから遠く離れた場所にいたそうで、
直接その男を見たわけではないとのこと。
でも、生徒たちがバタバタと校舎のほうに走り戻ってくるのは 
さすがに異様な光景だったようです。


今回はヤードのスタッフがすぐに気づき、迅速な対応のおかげで
何事もなく済みましたが、
学校での悲惨な事件が後をたたない昨今、
まさか娘の学校で?!・・・・・。
思わず背筋が凍るような出来事なのでした。


---------------------------------------------------------
考え出したらきりがないのですが、
補習校は大丈夫かな・・・、と思わず心配になってしまった私。
安全対策、もう一度確認してみたいところです。

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

朝市・エアショウ・サンフランシスコの週末

ここ数日、サンフランシスコ・ベイエリアは
とても暖かく、穏やかないいお天気が続いています。

そんな先週の土曜日、夫と二人でサンフランシスコへ出かけてきました。
娘は補習校の後、お友達の家に行ってそのままお泊りの予定なので、
久しぶりのおデートというわけです。

朝、娘を補習校にドロップオフしたあと、
I-101を北上し、サンフランシスコのダウンタウンへ。
最初に目指したのは、フェリービルディング周辺のFarmer’s market。

Farmer's market

新鮮な野菜や果物、それに食べ物の屋台が並び、
活気のある場所です。
朝の10時ごろでしたが、朝食を取っていなかったので
夫はスクランブルエッグとステーキをサンドしたバゲット、
私はクラブケーキで腹ごしらえをしました。

フェリービルディングの中も いろいろなお店があって
にぎわっているんですよね。

お花屋さん

お花屋さんとか。

果物屋さん

果物屋さんとか。

お茶屋さん

・・・アジアンテイストのお茶屋さん?とか。

チーズ屋さん

チーズ屋さんも。

別になにを買うあてもないんだけど、なんとなくウロウロ。
Farmer’s marketにせよフェリービルディング内のお店にせよ、
たいてい何かしら試食ができるようになっているので、
お店を冷やかしながら食べ歩き(って試食でしょ)も楽しいのです。

フェリービルディング

実はこの日、サンフランシスコでは海軍のお祭りがあったので
いつもの週末とは比べ物にならないくらいの人出だったんです。
私たちはほとんどをフェリービルディング周辺で過ごしていたので
実際は見ていないのですが、ピア39あたりではパレードなんかも
行われると聞きました。

でも一番の目玉は、なんといっても午後から行われる
Blue Angelesのエアショウ。

フィッシャーマンズワーフからピア39あたりがメイン会場なのですが、
駐車場に限りがあるので、大勢の人がフェリービルディング周辺の
パーキングから延々と列を作って歩いていました。

私たちも、今回は別にエアショウ目当てでやってきたわけではないのですが
「せっかく着たから見に行こうか」
と、人の群れに紛れ込んでピア39まで歩きました。

やっとたどり着いても、思った通り人、人、人。

桟橋という桟橋は人で埋め尽くされていましたが、
ピア39のSea Lionたちを見下ろす場所に
ちょっとした隙間を見つけることができたので、
そこで待つことにしました。

事前の情報によるとエアショウは2時半から、
そしてBlue Angelesがやってくるのは3時とのこと。

2時半になると、ヘリコプターやらセスナやらが飛んできて、
なにやら航空ショウが始まっている雰囲気。
別に何かアナウンスが入るわけではないので
「あれ、始まってる?」
みたいな。

それがパラパラと30分くらい続いたでしょうか。
でも、申し訳ないけど私たち観客のほぼ全員が
Blue Angeles待ちなんですよね。
「前座はいいから早く~」
時計は3時をとっくに過ぎてるのに、待たせる待たせる。

そしてついに・・・!

カモメの編隊

来た!

カモメの編隊

・・・と思ったら カモメの編隊だったり。(怒)

そんなこんなで待つこと小一時間。
急にあたりが騒然とし、夫が
「あ!あそこだっ!」
と叫んで指差す方向を見ると・・・

Blue Angeles1

おおーっ、あれがBlue Angelesか~!
(でもって、手前にいるのはやはりカモメ。つい目がいってしまいますが)

Blue Angelesは全部で6機。
それが4機と2機の二手に分かれて、
片方がパフォーマンスを見せている間に
もう片方がどこか遠くのほうでフォーメーションを組みなおしたり
方向転換をしていました。

本当に驚くほど機体と機体が密集した状態で飛んでおり、
しかも一糸乱れぬフォーメーション、
そして爆音。
それに、当たり前だけど 速い速い。

私は何とかベストショットを収めようと、ずっとカメラを構えていたのですが・・・

Blew Angeles2

・・・惜しいっっ!

ま、私のカメラの腕前性能では こんなもんですかね・・・。

それにしても、初めてみたBlue Angelesのパフォーマンス、
とにかく素晴らしい、というかカッコ良イイ~!
もう、ひたすらカッコよかったです。

・・・やがてエアショウが終わり、気づいてみると
街中いたるところに海軍の関係者が溢れていました。
彼らはもちろん制服を着ているのですぐに分かります。

水兵さんのロックコンサート

仲間と連れ立って歩いているセーラー服姿の水兵さん。
制帽がカッコいい、キリッとした制服姿の士官たち。

海軍のお祭りということで、彼らにとっても休日なんでしょうね、
恋人と手をつないでいる水兵さんもいれば、
家族連れの若い士官の姿も見かけました。

エアショウのほかに、フェリービルディングの近くでは
アート&ワインフェスティバルなんかも開催されていて、
もう街中大賑わい、といったサンフランシスコなのでした。

オマケの画像。

鉄くずのオブジェ


頭のオブジェ

偶然見つけた、ちょっと不気味なオブジェたち。
・・・何で?

---------------------------------------------------------
この日は本当に穏やかで、お祭りにはうってつけの一日でした。
またFarmer’s marketでブランチしたいです

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

異文化での子育て、深く反省・・・

昨日、ブログ「南カリフォルニア日記」を主宰されているエドワードさんから
「教育フェアというJBA(日本企業連合)の講演があり参加してきました。」
というコメントをいただきました。

さっそくEdwardさんのブログを拝見したのですが、
「アメリカで教育を受けた子供のもつ「宝」について」という
Edwardさんの記事を読んで 我が家の状況を省み、
「私の子育て、なんか間違ってたかも・・・?」
と反省する いい機会となりました。


詳しい内容についてはEdwardさんのブログを見ていただきたいのですが、
その中で一番私に突き刺さったのは
「アメリカの教育の目標は、Independent Thinker(Leaner)を育てることにある」
というくだりでした。

我が家の娘は 日本では小学3年生ですが 現地校ではGrade4。
現地校での新学期、Back to School Nightで担任の先生から
「もう彼らはBig Kidsです」
と高らかに宣言されたように、
4thともなれば もはや次のレベルであるミドルスクール(中学校)を
視野に入れた学習の仕方や生活様式を準備していかなくてはいけないんですよね。

アメリカの小学校の教室

私自身はアメリカのミドルスクールなど何一つ経験はないのですが、
ミドルのお子さんを持つ友人の話を総合すると、
自主性・主体性がない子供は 学習面が大変なのはもちろんのこと
誘惑の多くなってくる交友面でも問題に巻き込まれやすい、とのこと。

もちろん、娘がミドルになったからといって
急に自主性・主体性が身に付くとも思えないし。
となると、今から準備しておかなくては・・・と思うのですが、
娘の現状を見ると自主性には程遠い状況。。。

朝起きて
「服、何を着ればいいの?」
を ようやく卒業したかと思えば
「今日寒いから長袖着ていい?」
なんてわざわざ確認。(寒いとおもったら勝手に着なさい~!)

「トイレに行ってもいい?」
なんてことまで一々断りを入れてくることも。
(駄目っていったらどうする気?)

宿題はさすがに自主的に済ませるようにはなりましたが
それが終わると
「・・・次、何すればいい?」

これじゃ 典型的な指示待ち人間じゃないのー!


いえいえ、ここまで書いてきて 私にも分かってるんです、
全ては私がそういう風に育ててしまったということ。

もちろん 娘は弱冠9歳で、9歳といえば まだまだ子供。
キャリアウーマンみたいにバリバリ宿題やらアクティビティやらをこなしていたら
怖いです。

でも、普段の様子を見ていると やはりどことなく人任せというか
親に言われるままというか。

せっかくアメリカの学校教育が自主性を育てることに
重点を置いているというのに、
その娘を育てている私が「日本式」でやっちゃってたんでしょうか。
自分でも知らず知らずに自分が受けた教育の呪縛を引きずっているのかな。

それとも やっぱり一人娘ということで手を掛けすぎたのでしょうか。

これじゃいけないよな・・・と、日頃から薄々感じてはいたことですが
今回のEdwardさんの記事を読んで 改めて深く反省した次第なのでした。

私、自分で言うのもナンですが、育児書のたぐいは結構 目を通しています。
読んで、分かったようなつもりになってました。
それなのに・・・!

この期に及んでも まだ
「自主性のある子に育てるって、どいういうこと・・・?」
と迷い悩んでいるなんて 本当に情けない母です。

で、思い余るとつい対極へ走ってしまう私。

娘よ、ゴメン。
母はこれからアンタを千尋の谷に突き落とすからね・・・!

でも どうやって?
それが私の問題なのよ・・・。

---------------------------------------------------------
いつまでたっても 子育てに悩みは尽きませんね。
これからも皆さまと子育て情報を共有したいです。
応援クリックのほうもぜひよろしくお願いします

人気blogランキング
←ランキングに参加中です・・・クリックで応援してね!

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ