アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

雨の中、校長先生とスクール・カウンセラーが

昨日の出来事なのですが。

久しぶりに「どわー、困ったー!」
ということがありました。

先日も書きましたが、ここ数日寒い日が続いています。

家に一人でいるとき、セントラル・ヒーティングを
つけているのがもったいなくて、
でもヒーター無しで家にいるのはさすがに寒いので
今週はなるべく家にいないようにしていました。

クリスマス・プレゼントを買うのにかこつけて
モールで必要以上に時間をつぶしたり。

家にいても寒いだけなので娘の学校へのお迎えを
早めに行って車の中で時間をつぶしたり。

ところが、今回はそれがまんまと裏目に出てしまいました。

続きを読む »

雪道ドライブのトラウマ

今週末はプレジデント・ウィークで連休になるため、
ベイエリアではレイク・タホへスキーに行く人も多い。
タホは有数のスキーエリアで、ベイエリアからは車で5~6時間ほどのところにある。
我が家もたいてい年末に一度、スキー旅行に行っていたのだが、
今年は年末も行かなかったし、他にも一切スキーの予定はない。
それは雪道ドライブに深いトラウマがあるからだ・・・。

昨シーズン、正確に言うと2004年の暮れだが
我が家ではクリスマスから大晦日にかけて、恒例のスキー旅行にでかけた。
ロッジを借りて自炊しながらのんびりスキー三昧の数日を過ごすのだ。

自炊なので荷物もすごい。スキー道具のほかに食料品、飲料水、
クーラーボックスや炊飯器、ホットプレートまで一切合財持って行く。

前半はまあまあのお天気だったが、後半はストームが来て大雪が降った。
そのため最終日はスキーをあきらめて終日ロッジで過ごすことになった。
それはまあいい。家族でトランプやゲームをしてのんびり過ごし、
それはそれでまた楽しかった。

そして翌日は大晦日。チェックアウトの日である。
昨日までのストームが一転して朝からいい天気。
だが夕べまでに降り積もった新雪が車を埋めてしまった。
車だけでなく、ロッジのドライブウェイも除雪されてない。
一般道は一晩中除雪車が活動しているおかげでなんとか走れる状態には
なっているが、ロッジのドライブウェイはロッジの管理会社の管轄である。

夫がオフィスに電話して除雪車の手配を頼んだが、
「いつになるかわからない」とのこと。
仕方なくドライブウェイから一般道に出るまでの10メートルあまりを
夫と二人、スコップを手に膝上まである雪を掘って掘って堀りまくった。

そして1時間後、朝の10時ごろであろうか。
やっと車を掘り出して一般道に出し、さあこれから車で5分ほど離れた
オフィスにチェックアウトしに行こうという途中、
交差点で前の車に追突してしまったのだ。

信号が青に変わり、前の車に続いて発進したのだが、
反対車線から曲がってくる車に気を取られていた夫は
前の車が交差点の真ん中で止まったのに気づくのが遅れた。
「まっ、前、前、まえ~~っ」と私の絶叫で夫はすぐに急ブレーキを踏んだ。
が、大したスピードは出ていなかったにもかかわらず、
タイヤがロックして止まれずにそのまま「がしゃん」と突っ込んでしまったのだ。

相手の車はハマー(H2)だった。
ハマーがいかに頑丈かは装甲車のような外見をみれば容易に
想像はつくのだが、実際ぶつかってみたらやっぱり頑丈で、
相手は全くの無傷だったのである。

ちょっとマッチョなハマーのドライバーが車から降りてきた。
夫は慌てて車の保険証などを取り出そうとしている。
私も車から飛び出して、首の後ろをさすっているハマー氏に
「Are you okay…?」恐る恐ると声を掛けた。
うかつにsorryは言えないけれど、とりあえず誠意を見せなければ。

ところがハマー氏は、「Yeah, I’m okay.」といいながら自分の
車の後部を確認し、パッと見ただけで「It’s okay,」と手を振ると、
こちらの名前も聞かずにそのまま走り去ってしまったのだ。
「あの、えっと・・・?」
彼を引き止めるつもりは毛頭ないのだが、
これから展開されるであろう様々なシチュエーションを想像していた
私たちにとっては、まったく拍子抜けするようなあっけなさだった。

が、ホッとしたのも束の間、振り向けばポツンと取り残されたのは
変わり果てた我が家のミニバン・・・

ハマーの車高が高いため、こちらのミニバンのバンパーには当たらず、
逆にハマーの後部バンパーがこちらのラジエータを直撃した。
ボンネットは三角に折れ曲がり、ラジエータはくの字にへこみ、
なにやら黄色い水がボタボタたれている。
白い煙が立ち昇り、あたり一面に焦げ臭い匂いが・・・。

誰も怪我をしなかったから良かったものの、
夫は頭を抱え込み、娘は怖さのあまり静かに泣いている。
むろん私も茫然自失だ。
夫はなんとか気を取りなおしてAAAに電話をするが、こんな日は
あっちでもこっちでも事故のオンパレードらしく、
「タホエリアは4~6時間の遅れがあります」というテープが
むなしく流れるだけでオペレータにすら電話が繋がらない。
相手の車も行ってしまった今となっては警察を呼ぶ必要もなく、
まさに孤立無援、絶体絶命の大ピンチなのだった。
(AAAは、大雑把に言うと日本のJAFのようなもの)

長くなるので続きます

続きを読む »

ガレージに缶詰

平和な金曜の午後、ガレージのドアが突然壊れた。

外出から戻ってきた私は、いつものようにガレージに車を入れ、
買い物の荷物をキッチンに運んだあと、ガレージドアのスイッチを
押した。
そして、ドアが閉まる音を聞きながらリビングに戻っていったのだが、
突然「ガガガガガー」という異音がしたので
あわててガレージに飛んでいった。

「ガガガガガー」
ガレージは閉まっているが、異音が止まらない。
もう一度スイッチを押したら、とりあえず音は止まった。

何があったのか、わけがわからないまま
もう一度スイッチを押してみたが、
再び「ガガガガガガーーー」とすごい音がするだけで、
扉はうんともすんとも言わない。

こうして私の車はガレージに缶詰になった。

普通、停電やら何やらでガレージのドアが自動開閉できない場合、
手動モードに切り替えて自力でガレージドアを持ち上げることができる。
以前、同じように突然ガレージのドアが故障したときは
やっぱり手動モードに切り替えて、女の私でも割りと簡単に
ドアを開け閉めすることができた。

ガレージドアのマニュアル切り替え

この、上からぶら下がっているヒモを引くと、マニュアルモードになる。

ところが今回は、マニュアルモードにしても私の力ではビクともしない。
そしてドアが開くまで、私の車は使い物にならないのだ。
娘のお迎えはどうする?ピックアップの時間は迫っている。
それに今日は、ダンスのクラスにも連れて行かなくてはいけないのに。

・・・我が家もそうだが、たいていの家では一家に2台車があって、
ご主人が1台で仕事にでかけ、残る1台を奥さんが使う。
そういう場合、もし奥さんの車に今回のような異常事態が発生すれば、
ご主人が帰宅するまでの間、奥さんは自宅で禁足をくらう。
当然、私も同じような羽目になるはずだった、もし雨が降っていたら・・・。

実は夫はオートバイ乗りである。
彼は渋滞を避けるため、という大義名分のもと、
バイク通勤を敢行しているのだ。
はっきり言って危ないのでやめて欲しいのだが、本人は一向に平気である。

でも、雨の日や出張で荷物があるとき、そしてゴルフに出かける
ときのために2台目の車が、それもすーっごいポンコツが、
ガレージの外にポツンと置いてある。
風雨にさらされて色はあせあせ、フロントガラスはホコリまみれ
油膜まみれでワイパーも意味をなさず、
たまにしか出番もないままに6年前に中古で購入してから
一度もメンテナンスされてない
という恐ろしい車だ。

それに、もうひとつ。
私が普段乗っているのはミニバン、別名「走る子供部屋」だ。
CDやDVD,キャンディやミネラルウォーター、予備の着替えや傘、
長靴、バスタオルやブランケットなど、およそ必要と思われる
生活用品が満載されている。
特に金曜日は、娘を学校でピックアップしたらそのまま
ダンススタジオに直行し、彼女は車の中でおやつを食べ、
レオタードに着替えるのも車の中で済ませるのだ。

だが、今日ばかりは仕方がない。
お願い、途中でエンコしないでね~と祈りながらお迎えに出かける。
そして、そのあとは娘にもぶーぶー言われながらポンコツを乗り回し、
なんとか無事に一日のスケジュールを終えた。

夜になって帰宅した夫いわく、
「だろー?俺が今日オートバイで会社に行ったおかげだよ」
それにしても、もう少しマトモな車に買い換えたらどーなのよ。
夫はよくこんな車で恥ずかしげもなくゴルフに行くよな・・・。

さて、私の車は翌日には無事ガレージから開放された。
修理屋さんが来て、ほんの数十分で解決してくれた。
故障の原因は、ガレージドアの上部についているスプリングのコイルが
割れたためだった。
手動モードで簡単に開けられるのは、このスプリングのおかげ
だったのだが、これが壊れちゃったために持ち上げられなかった
というわけだ。

ふう、ひとまずこれで一件落着。
それにしてもひどいポンコツだった・・・(まだウチの車だけど)。

 | ホーム | 

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ