アメリカで、フルタイム主婦

ふつーな主婦が送る、カリフォルニアでのチャレンジな日々。

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

プロフィール

Katie

Auhtor:Katie


カリフォルニア
S.F.ベイエリア在住
夫と娘の3人家族。

更新の合間に
Twitterでも近況を
つぶやき中です☆

不定期更新ですが
しぶとくやってますので
たまに見に来てね。
どうぞよろしく~

いらっしゃいませ~

現在の閲覧者数:

Since Feb.7, 2006


ようこそいらっしゃいませ☆
当ブログはリンクフリーです。
リンクはご自由にどうぞ。
でもご連絡いただければ なお嬉しいです。

コメント欄も復活しました。
よろしかったらお気軽にコメントしてください。 ただし記事の内容に直接関係が無いと思われるコメント(スパムなど)は管理人の判断で削除させていただくことがあります。


管理人Katieにご用の方は
サイドバー下方のメールフォームからご連絡下さい。

本文や画像データの無断転載はご遠慮ください。

ブログ内検索

全てのエントリー

全てのエントリーを一覧表示

管理人へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイエンス・プロジェクトの季節がやってきた。・・・8年生の場合。

今朝、登校中の車の中で娘から聞いた話。

娘のクラスメイトのAちゃんには、1学年下に弟がいる。
その弟くんはT先生のサイエンスクラスをとっているのだけれど
昨日のお昼休みに娘の所に来てこんなことをいったそう。

「ねえねえ、君って去年のサイエンス、T先生だったんだね」

「・・・そうだけど?(それがどうした)」

「T先生が今度課題にするプロジェクトの説明をしたんだけど、
 そのとき去年の君のプロジェクトを見せてくれたよ。」

先生は今年も7年生に同じ課題を出すにあたり、
見本として娘が去年やったプロジェクトを見せ、
彼女のプロジェクトが気に入っていると
クラスで言ったそうなのです。

でも娘曰く、
そのプロジェクトはとにかくイヤでイヤで仕方なくて
やっつけ仕事で終わらせたプロジェクトだったので
なんでそんなに先生が気に入ったのか分からないとのこと。

そういえば去年の今頃は複数の教科のプロジェクトや
バレエのコンクールが重なって忙しさが半端なく、
こんな疲れた身体でコンクールに出るのか・・・と
娘を不憫に思ったのを思い出しました。

しかも今さっき娘に
「それって何のプロジェクトだったの?」と聞いても
「覚えてない(怒)!」と吐き捨てるほど。

なんで怒っているのかというと、
8年生になった今年はサイエンス・フェアに出展しなくてはならないので
そのためのプロジェクトテーマを考えなくてはならないのだけれど
全然いいアイディアが浮かばないようなのです。


「あーもう!サイエンスプロジェクト、大っ嫌い!」


私も夏休みの自由研究とか嫌いだったので
分かるよ、その気持ち。

でも頑張ればきっといいことあるよ~~~

スポンサーサイト

コンピュータ・クラスのプロジェクト

先日は久しぶりに娘のプロジェクトが大変でした。

いえ、「大変そう」というのが正確なところかな。

娘は先週の週末にかかりっきりで仕上げたのですが
私は特になんの手助けもしなかったものですから。

今回のプロジェクトはコンピュータ・クラスで出された課題なのですが、
ペルーの「マチュピチュ」についての観光パンフレット(Brochure)を
MS Publisherで作成するというもの。

インターネットや文献で情報を集めてタイプし、
写真や地図を貼り付けるという作業があったわけなのですが、
それを一人でやるわけではなく、クラスメイトと二人一組での
共同プロジェクトということになっていました。

娘のパートナーは、Best FriendのAちゃん。

課題が出たのが月曜日で、締め切りは翌週の月曜日とのこと。
娘は今週は火曜日しか時間が取れそうになかったため、
火曜日に我が家にAちゃんに来てもらって作業をしました。

ところがその日だけでは終わらなかったので
週末の土曜日にAちゃんの家で続きをやることに。

続きを読む »

「Speech Meet」で表現力を培う

娘が「Speech Meet」なるイベントに参加してきました。

「Speech Meet」といいますのは
簡単にいいますと詩や聖書の一説を暗誦するコンテストでして、
以前参加した「Spelling Bee」や「Math Olympic」と同様に
近隣のいくつかの学校と合同でおこなわれています。

細かく言いますと
「Poetry」「Fable/Folklore」「Patriotic Oration」「Dramatic Bible Prose」
という4つのカテゴリーがあるのですが、
娘はPoetryの6th Grade代表として参加しました。

「6th Grade代表」というとなんだかスゴイですけど、
なんせ小さい学校なもんで生徒も少なく、
そのためちょっと頑張れば高い確率で選ばれやすいのです。

そんなこともあり、実は娘にとってこのSpeech Meetも
今年で3回目(ブログに書いたことはなかったけど)、
様子もわかっているので緊張感も無く、
リラックスモードで参加してきました。

続きを読む »

Spelling Bee 再び



2年前の今頃、初めてSpelling Beeに参加した我が家の娘。

昨年は残念ながら選ばれず、でも残念といいつつも
鬼のようなスペリング特訓をまた繰り返さずに済んだことを
内心喜んでいるようなぬるーい親子なのですが、
今年になって再びクラスの代表として参加することになりまして。

おかげでここ2週間ほどはその準備でちょっと忙しくしてました。

続きを読む »

サイエンス・プロジェクト その3

<実験を始めよう>

年末になぜか突然始まったサイエンス・プロジェクトの連載。
  #その1<プロジェクトのテーマを決めよう>
  #その2<実験の計画を立てよう>


実はこのクリスマス休暇の間、
娘はいよいよこのプロジェクトの実験を開始せよとの
指令を出されておりました。

娘のプロジェクト・テーマは「Change State」。

彼女の立てた実験計画といいますのは、
いろいろな形の容器に同量の水を入れ、
(平たいのとか深いのとか)
どの形の容器に入れた水が蒸発しやすいかというのを
調べるというものでした。

続きを読む »

サイエンス・プロジェクト その2

<実験の計画を立てよう>

「実験」のことを、
英語ではExperimentというらしいです。

それはさておき、サイエンス・プロジェクト。
(その1<プロジェクトのテーマを決めよう>はこちら

サンクスギビングも目前に控えた11月下旬のある日、
「プロジェクトで何を実験するか具体的に決めるように」
との宿題をもらって帰ってきた娘。

しかも期限は明日・・・。

資料集めも終わり、いよいよ実験についての
計画を立てる段階に入ったようなのですが、
しかし、いくら連休前とはいえ
明日までってのは無茶ですよ、先生。。。

続きを読む »

サイエンス・プロジェクト その1

<プロジェクトのテーマを決めよう>

久しぶりに娘のプロジェクトのお話です。

年が明けた2月、
娘の学校では恒例のサイエンス・フェアがあります。
そのサイエンス・フェアに向けて
小学生だった今まではグループでのプロジェクトを
していたのですが(参考:4thのときのプロジェクト
Jr. Highになると生徒一人一人が個人のテーマを決めて
プロジェクトをすることになっています。

テーマを決めたのは10月の初め頃。
50種類ほどのリストの中から
自分の好きなテーマを選び、
まずは例によってインターネットでの
資料集めからスタートしたわけなのですが、
娘が最初に選んだテーマは
「Animal Feeding」
でした。

選んだ理由は
「動物っていいかなーと思って。」
という、彼女らしいメルヘンチックなもの。

ところが・・・。

続きを読む »

 | ホーム |  »

最近のつぶやき

「@katietwinkle」をクリックすると、
過去のつぶやきも見られます。
良かったらTwitterでフォローしてね。

お勧めブログに認定されました


京都の旅行情報
京都の旅行情報
ブログ記事はこちら

オーランド
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

サンタ ローザ
Santa Rosaの旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行のクチコミ・価格比較はトリップアドバイザー
旅行クチコミサイト
トリップアドバイザー様から
お勧めブログに認定されました☆


オーランド 旅行
Universal Studio Orlando
の旅行情報
ブログ記事はこちら

旅行クチコミサイト
フォートラベル様から
お勧めブログに認定されました☆


月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。